プロおすすめ!電動サンダー&人気ランキング10選【2019年版】

電動サンダーを使う方は、DIYを楽しむ中でもテーブルや椅子を作ったりと、レベルの高い方が多いと思います。

「木材のペーパー仕上げや、バリ落としを手でやっている」という方でも、仕上げ加工用に電動サンダーの購入をお考えの方も多いのではないでしょうか?

電動サンダーは、あっという間に研磨が終わり仕上がりも一段ときれいになるので、一度使えば手放せないアイテムになりますよ。

ただ、そうはいってもいざ購入するとなると頻繁に買い替えるものではないので、価格や性能、種類など、どんな電動サンダーを選べばいいのか、迷ってしまうことはありませんか?

今回、「リノベーションジャーナル」などで執筆を行い、DIYについてWEBなどを中心に情報を発信している大菅力さんに、おすすめの電動サンダーをご紹介していただきました。

自分にぴったりの電動サンダーを選ぶポイントと、口コミで人気の高いランキング10選もご紹介するので、参考にしてみてくださいね。

最終更新日:2019年2月15日
161 views
大菅力

大菅力 のプロフィール

株式会社建築知識(現エクスナレッジ)に入社。2006年まで建築専門誌の月刊『建築知識』編集長。2006年にインテリア専門誌である季刊『iA』を創刊し、同誌編集長を務める。現在『リノベーションジャーナル』編集長。建築や住宅、リノベーションやDIYについてWEBなどを中心に情報を発信 している。著書『新リフォーム[見積り+工事管理]マニュアル』ほか。

この専門家の他の記事を見る

1.大菅力さんおすすめの電動サンダー

でははじめに、大菅力さんおすすめの電動サンダー(仕上げサンダー)をご紹介します。

マキタ 仕上サンダー BO3710

画像:amazon.co.jp

『マキタ 仕上サンダー BO3710』は、仕上げ用の電動サンダーとして紹介されていますが、サンドペーパーを変えることで荒削りから仕上げまで多用途に使えます。

重心が低く、形状も工夫され両手でしっかり握れますので、操作性にも優れています。

吸塵バッグが付属するほか、別売りの吸塵機を取り付けることも可能です。

市販のサンドペーパーも利用可能で、吸塵機能も同時に使いたい場合は、穴あけパンチなどで8穴を開ければ、専用サンドペーパー同様に使うことができます。

大菅力さんレビュー

大菅力
研磨面が広いので、一気にサンディングすることができます。

集塵機能がついているので、粉が比較的まとまるのでおすすめですよ。

面倒なサンドペーパー交換も、クランプ形状の工夫によって、簡単にできるようになっています。

マキタ 仕上サンダー BO3710の詳細
メーカーマキタ
タイプオービタルサンダー
回転数毎分 11,000回
重さ1,5kg
市販サンドペーパー使用可能(集塵機能を使う場合、8穴加工が必要)
吸塵機能有り、吸塵バッグ付
メーカー希望小売価格 13.608円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

2.電動サンダーとは?

電動サンダーは、サンドペーパーを取り付けた面を振動させ、木材や金属の表面を磨く研磨や材料のささくれ(バリ)を取り除くバリ取りなどに利用される、電動工具の一種です。

用途が似ているグラインダーと混同されがちですが、グラインダーは鉄筋も切れるパワーのある工具で扱いに注意が必要です。間違えないようにしましょう。

プロの職人や、大工さんなどが使うイメージを持っている方も多いでしょう。

しかし最近は、DIYの普及によって、サンドペーパーで行う手仕上げより効率よく研磨できるとして、電動サンダーを使う方が増えています。

では、具体的に電動サンダーにはどういった使い道があるのか見てみましょう。

パターン① 表面研磨

画像:amazon.co.jp

DIYで作ったテーブルや家具の表面は、研磨を行なうと素材の良さが引き出され、一層出来栄えが良くなります。

ただ、荒いサンドペーパーから仕上げのサンドペーパーまで、手で仕上げるのは非常に骨が折れる作業です。

そこで活躍するのが、電動サンダー。

市販のサンドペーパーを挟み、電気の力で振動させることで、効率よく短時間で時研磨作業が行えます。

研磨作業において、一度電動サンダーを使うと、手放せなくなるでしょう。

パターン② バリ取り

加工した木材やプラスチックは、切断面が荒れていて怪我の原因になる、細かく鋭利なばり(ささくれ)が発生します。

切れ味が悪い工具で材料を切断すると、より大きなバリが発生してしまいます。

電動サンダーを使い、それらの危険なバリを取り除くことが可能です。

パターン③ 材料端面のR加工

画像:amazon.co.jp

R加工は、切断した材料端面などで怪我などをしないよう、端面を丸める作業のことです。

特に金属の場合、バリ取りを行なっても材料の角は鋭く、ぶつかっただけで怪我をするかもしれません。

せっかく作ったDIYの家具で怪我などをすることがないよう、電動サンダーを使って端面のR加工をしっかり行いましょう。

3.電動サンダーの種類

電動サンダーは主に、4つの種類に分けることができます。

オービタルサンダー

画像:amazon.co.jp

オービタルサンダーは、研磨面が振動する電動サンダーで、最もオーソドックスなタイプといえます。

初めて電動サンダーを買われる方は、まずはオービタルサンダーを選びましょう。

その理由は、どんな場面でも使える汎用性の高さと使いやすさです。

バリ取りから、仕上げの研磨まで、サンドペーパーを付け替えることでどんな用途にも使うことができます。

市販のサンドペーパー対応のモデルは経済性も高く、取り替えも簡単なモデルも多いのでおすすめです。

ランダムサンダー

画像:amazon.co.jp

ランダムサンダーは、円形のサンドペーパーを回転させて研磨を行うタイプの電動サンダーです。

オービタルサンダーに比べ、研磨面が回転することで高い研磨力があり、効率よく作業を行えるでしょう。

ムラも出にくく、仕上げ磨きもより見栄えが良くなるのも魅力です。

一方で、研磨面が円形のため磨けない部分が出てしまったり、サンドペーパーも専用タイプになるのでコストがかかるのが難点です。

デルタサンダー・コーナーサンダー

画像:amazon.co.jp

その名の通り、研磨面が三角形になっている電動サンダーです。正三角形というよりはアイロンの形状に近く、細かい部分までしっかり磨けるのが特徴です。

研磨面の形状が違うオービタルサンダーと考えればいいでしょう。また、サンドペーパーは、専用のものが必要になります。

ベルトサンダー

画像:amazon.co.jp

ベルトサンダーは、ベルト状のサンドペーパーを回転させることで研磨を行うタイプです。

非常に強い研磨力を持ち、主に塗装剥がしやバリ取り、表面が荒れた材料の研磨に向いています。

パワーがあるので研磨スピードは早いものの、使いこなすのが難しいので、電動サンダーに慣れている方に向いています。

4.電動サンダーを選ぶポイント

電動サンダーはたくさんの種類がありますが、選ぶポイントを抑えれば自分にあったものが見つかりますよ。

使う目的に合わせる

電動サンダーを、どのように利用するか考えてみましょう。

主にDIYで研磨などに利用される方は、まずはオーダビルサンダーを検討してみましょう。研磨やバリ取りなど、どの用途でも使えますので、最初の一本に最適です。

それ以外の電動サンダーは、使うシーンに応じて検討してみるといいでしょう。

集塵機能の有無

電動サンダーには、手首側に布製の袋やボックスなどが付属しているタイプのものがあります。これは、研磨で発生する粉を集塵するためです。

画像:amazon.co.jp

モーターの力で吸いながら使えるタイプは、研磨の際に粉が舞いにくいので、おすすめできます。

全ての粉を吸えるわけではないのですが、後片付けが楽になりますよ。

市販のサンドペーパー対応か

画像:yahoo.co.jp

オービタルサンダーの中でも、市販のサンドペーパーを使用できるタイプを選ぶようにしましょう。

交換用のサンドペーパーが安く手に入るだけでなく、状況に応じて色々なタイプを使い分けることができるのでおすすめです。

回転数とパッドサイズ

タイプによっても性能は変わりますが、同じタイプの中で高性能なものを選びたい場合は、回転数(振動数)とパッドサイズを見てみましょう。

より高回転の方でパッとサイズが大きい方が、作業時間を短縮できます。

静音タイプがおすすめ

電動サンダーを自宅で使うなら騒音が少ないタイプのほうがいいでしょう。

残念ながら、無音のタイプというのはありませんが、静音タイプや回転数を調整できるタイプを選べば、騒音を軽減することができます。

サイズ・重さ

大型のタイプは、使うのが難しいイメージがあるかもしれません。実は、特に平らな面の作業をする時は、重たいほうが体重をかけなくてよいので楽なんです。

画像:amazon.co.jp

電動サンダーは、機種によって両手で扱うものと片手で扱うものが分かれます。小型のサンダーは、細かいところを片手で研磨するためのものです。

平らなところ=大型、細かいところ=小型が基本です。家具をつくる人なら、二台持ちはあたりまえのアイテムになります。

5.レビュー評価の高い電動サンダーランキングTOP10

ここからは、口コミで高い評価を受ける人気の電動サンダーをご紹介します。

1位.三共コーポレーション ミニデルターサンダー EDS-100 MK

画像:amazon.co.jp

小型の電動サンダーをお探しの方におすすめなのが『三共コーポレーション ミニデルターサンダー EDS-100 MK』です。

サンドペーパーは専用品ですが、マジックテープ式なので取り付け・取り外しが簡単に行えます。

小型サイズのデルタ形状タイプなので、狭いスペースの研磨も行えるのが便利です。

口コミでは、「パワーも十分」「狭いところまで届くので便利」と、小型ならパワーも十分あると評価されています。

重さも1.0kgと電動サンダーの中でも軽量なので、扱いやすいのも魅力です。

三共コーポレーション ミニデルターサンダー EDS-100 MKの詳細
メーカー三共コーポレーション
タイプデルタサンダー
回転数毎分 12,000回
重さ1.0kg
市販サンドペーパー不可、「専用品」が必要です
吸塵機能有り、吸塵用ホース等が別途必要です
メーカー希望小売価格3,780円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

2位.リョービ ミニサンダー S-5000F

画像:amazon.co.jp

小型でバランスのいい電動サンダーとして人気の『リョービ ミニサンダー S-5000F』。

市販のサンドペーパーを利用できるので、経済性も高いのでおすすめです。

「掃除機に繋げて使っている」「動作音も小さめで使いやすい」と口コミでも使いやすさに定評のある電動サンダーです。

ただし、集塵機能を利用する際は、ホース掃除機などを別途用意する必要があります。

リョービ ミニサンダー S-5000Fの詳細
メーカーリョービ
タイプオービタルサンダー
回転数毎分 10,000回
重さ0.76kg
市販サンドペーパー使用可能
吸塵機能有り、吸塵用ホース等が別途必要です
メーカー希望小売価格12,960円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

3位.E-Value ランダムサンダー EWS-220R

画像:amazon.co.jp

ランダムサンダータイプの『E-Value ランダムサンダー EWS-220R』は、円形パッドモデルなので、曲面や磨いた面の仕上がりに優れています。

口コミでは、「音はやや大きいが、パワー十分」「振動が少なめで使いやすい」と、性能が高い反面、やや音が気になるというコメントも見られました。

また、サンドペーパーは専用品が必要、取り付けはマジックテーパータイプなので楽に交換が可能です。

E-Value ランダムサンダー EWS-220Rの詳細
メーカーE-Value
タイプランダムサンダー
回転数毎分 12,500回
重さ1.57kg
市販サンドペーパー仕様不可、「専用品」が必要です
吸塵機能有り、集塵バッグ付
参考価格3,646円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

4位.BOSCH 吸じんオービタルサンダーPRO GSS23AE/MF

画像:amazon.co.jp

専用のマジック式、市販のサンドペーパーと幅広いサンドペーパーに対応している『BOSCH 吸じんオービタルサンダーPRO GSS23AE/MF』。

この高い高い汎用性と、取り付けが簡単な「イージーフィットシステム」と搭載し、たわみが出ないように取り付けることが可能です。

削り粉も、専用のボックスに集められるので、室内作業での作業も便利でしょう。

「集塵力が高く、粉も飛散しないので片付けが楽」「木材をツルツルにできる」など、口コミでは高い評価を受けています。

グリップ形状も、手で持ちやすいように工夫されているのでおすすめです。

BOSCH 吸じんオービタルサンダーPRO GSS23AE/MFの詳細
メーカーBOSCH
タイプオービタルサンダー
回転数毎分 7,000~12,000回
重さ1.4kg
市販サンドペーパー使用可能(集塵機能を使う場合、8穴加工が必要)
吸塵機能有り、集塵BOX付
参考価格8,139円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

5位.リョービ 電気ヤスリ BY-1030

画像:amazon.co.jp

『リョービ 電気ヤスリ BY-1030』は、鉄材の研磨に向いている電動サンダーです。

刃物研ぎや、鉄材のバリ取り、鉄材の塗装剥がしなど、鉄材の研磨作業を多用途にこなせます。

工具不要でベルト交換が可能なので、交換作業も簡単です。

口コミではプロの方のコメントも多く、「ややバランスが気になるが、性能が高いので気に入っている」「音もそこまで大きくなく、溶接のビードもしっかり削れる」と、性能面も高く評価されています。

付属のベルトも、中仕上げ用と仕上げ用が付属しているので、仕上げ用途であればすぐに使用可能です。

リョービ 電気ヤスリ BY-1030の詳細
メーカーリョービ
タイプベルトサンダー
回転数毎分 5,500〜6,700回
重さ1.0kg
市販サンドペーパー仕様不可、「専用品」が必要です
吸塵機能無し
メーカー希望小売価格16,200円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

6位.マキタ 仕上サンダー BO3710

画像:amazon.co.jp

プロの逸品でもご紹介したこちらの『マキタ 仕上サンダー BO3710』は、電動サンダーの中で高い人気があります。

使用者からは、「削り粉がバッグにしっかり収まるので気に入っている」「市販のサンドペーパーの取り付けが簡単で、コスパがいい」と、バランスのいい電動サンダーとして評価されています。

市販のサンドペーパーの穴あけが面倒な方は、「専用品」を利用するといいでしょう。

マキタ 仕上サンダー BO3710の詳細
メーカーマキタ
タイプオービタルサンダー
回転数毎分 11,000回
重さ1.5kg
市販サンドペーパー使用可能(集塵機能を使う場合、8穴加工が必要)
吸塵機能有り、吸塵バッグ付
メーカー希望小売価格13,608円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

7位.リョービ サンダー MS-30A

画像:amazon.co.jp

『リョービ サンダー MS-30A』は、持ちやすい形状と、十分なパワーを持ち、電動サンダーの入門モデルとして人気の電動サンダーです。

「音も気にならないレベル」「持ちやすいグリップも良い」と、バランスのいい電動サンダーとして評価されています。

研磨面も広く、作業の効率化ができるので、広範囲の研磨作業が必要な方は効率的に作業できるのでおすすめですよ。

「音があまり気にならない」「グリップが持ちやすくていいですね」など、使いやすい電動サンダーとして評価する声が聞かれます。

また、室内で作業する場合は、別途ホースを準備し掃除機などに接続すれば、吸塵機能も使うことができます。

リョービ サンダー MS-30A の詳細
メーカーリョービ
タイプオービタルサンダー
回転数毎分 11,000回
重さ1.3kg
市販サンドペーパー使用可能
吸塵機能有り、吸塵用ホース等が別途必要です
参考価格5,122円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

8位.BOSCH 吸じんランダムアクションサンダー GEX125-1AE

画像:amazon.co.jp

『BOSCH 吸じんランダムアクションサンダー GEX125-1AE』は、電動工具メーカーとして人気の高い『BOSCH社』のランダムサンダータイプ。

シンプルな形状で使いやすく、見た目以上のパワフルな性能が高く評価されています。

スピードを変えられる「ダイヤル式無段変速」を搭載しているので、シーンに応じて最適な加工が可能です。

「研磨力も高いが、集塵力も強力なので掃除が楽」「自分好みに回転数を変えられるので使いやすい」など、高性能な電動サンダーを求める方からも評価を受けています。

さらに、125mmと150mmの2つのパッドに対応しているので、用途やパッドに応じて使い分けられる汎用性の高さも人気です。

BOSCH 吸じんランダムアクションサンダー GEX125-1AEの詳細
メーカーBOSCH
タイプランダムサンダー
回転数毎分 7,500〜12,000回
重さ1.3kg
市販サンドペーパー仕様不可、「専用品」が必要です
吸塵機能有り、集塵BOX付
メーカー希望小売価格18,360円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

9位.E-Value 吸塵&変速ベルトサンダー EWS-76VLN

画像:amazon.co.jp

『E-Value 吸塵&変速ベルトサンダー EWS-76VLN』は、強力モーター搭載の大型ベルトサンダーです。

広い研磨面を持ち、大きな材木などの仕上げを行う際には非常に便利でしょう。

口コミの声では「高性能!よく削れます」「スピードも変えられるので細かい作業でもOK」と、満足の声が多く聞かれる電動サンダーです。

本体を逆さにして固定すれば据え置き型のサンダーとしても活用できるので、木材を押し当てながら削るような加工にも使うことができます。

E-Value 吸塵&変速ベルトサンダー EWS-76VLNの詳細
メーカーE-Value
タイプベルトサンダー
回転数毎分 180~320m
重さ3,2kg
市販サンドペーパー仕様不可、「専用品」が必要です
吸塵機能有り、吸塵バッグ付
参考価格7,018円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

10位.HiKOKI(旧日立工機)オービタルサンダー FSV10SA

画像:amazon.co.jp

『HiKOKI(旧日立工機)オービタルサンダー FSV10SA』は、磨き仕上げに最適な電動サンダーです。

回転軸をずらした設計で、ムラのない研磨ができるようになっています。材料のバリ取り作業から、仕上げ研磨まで幅広い用途に対応しています。

「削り粉もよく吸います」と評判の吸塵バッグを搭載しているので、室内での作業も可能でしょう。

手にフィットする大型のグリップを採用しているので、初心者の方でも安心して作業できるのも魅力です。

「仕上げもきれいに決まり満足」と、口コミでも仕上がり用として使うという方が多い印象のアイテムです。

HiKOKI(旧日立工機) オービタルサンダー FSV10SAの詳細
メーカーHiKOKI(旧日立工機)
タイプオービタルサンダー
回転数毎分 10,000回
重さ1.3kg
市販サンドペーパー使用可能
吸塵機能有り、吸塵バッグ付
参考価格7,769円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

電動サンダーの売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、電動サンダーの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonの電動サンダー売れ筋ランキング楽天の電動サンダー売れ筋ランキングYahoo!ショッピングの電動サンダー売れ筋ランキング

大菅力の人気記事

大菅力の新着記事

中村 飛鳥

中村 飛鳥

hair salon Gallica オーナー

2015年表参道で『hair salon Gallica(ガリカ)』をオープン。『HOT PEPPER Beauty』で2年連続"GOLD Prize" 受賞。

山形 栄介

山形 栄介

HAIR & MAKE

2010年〜2017年まで『ROI hair & make』所属、2017年からフリーランスのヘアメイクとして活動中。「ガンちゃん」という愛称で有名モデルやタレントから指名多数。

浦 大輔

浦 大輔

ジュニア時代、関西ジュニアゴルフ選手権 優勝など輝かしいタイトル多数獲得。2009年、独自の理論によるゴルフレッスンを開始。「√dゴルフアカデミー」は予約が取れないほど人気がある。 米国PGAでも屈指の飛ばし屋と同等の飛距離を実証。

大山 旬

大山 旬

人気スタイリスト。日本最大級のファッション学習サイト「メンズファッションスクール」主宰。これまでに著書は5冊出版。累計8万部を突破。読売新聞、朝日新聞、NHK、TBS、テレビ朝日、フジテレビなどメディア出演も多数。

高橋 良輔

高橋 良輔

ボクシング東洋太平洋第12代クルーザー級(〜90kg)チャンピオン

2006年、日本人2人目となる東洋太平洋クルーザー級王座を獲得。2015年、『株式会社闘争心』の設立、代表を務める。

小早川 渉

小早川 渉

パーソナルトレーナー、パワーリフター。パワーリフティング全日本選手権11度優勝。トップレベルの現役選手でありながら、ReebokONEアンバサダー、ゴールドジムオフィシャルパーソナルトレーナーとして活躍。 数々のトップアスリートを指導している。公式...

岸大河

岸大河

eスポーツの世界で、FPSなどを中心に複数のタイトルで国内大会を制覇。アジア大会でも優勝経験あり。元トッププレイヤーという経歴を活かして、2014年からゲームキャスターとして最前線で活動中。東京ゲームショウやニコニコ超会議など、大規模イベントで...

鴻池賢三

鴻池賢三

オーディオ&ビジュアル評論家、日本で唯一のTHX/ISF認定ホームシアターデザイナー。日本オーディオ協会諮問委員。大手AV機器メーカーでHDDオーディオレコーダーなどのプロデュースを行い、その後カリフォルニア州シリコンバレーでデジタルAV機器用ICの開...

馬場さおり

馬場さおり

専門の予防医学を基盤としたダイエット、スキンケアから化粧品、メイク方法など幅広い美容と健康分野で執筆中。エステ専門業界誌の編集人を務め、美容家としてメディア出演、セミナー講師などを中心に活動。日本健康教育振興協会の予想医学エデュケーター...

剱持 百香

剱持 百香

有名美容家の元でアシスタントを務め、現在はVOCE/anan/michillなど様々なメディアで美容ライターとして活躍中。特に紫外線ケアを徹底しており、美白命の紫外線マスターとしてインスタグラムのフォロワーは9000人以上。日本化粧品検定1級、化粧品成分検定1...

カテゴリから探す