ジグソーおすすめ!DIY達人の逸品&人気ランキング10選

電動ノコギリの一種であるジグソー。

DIYで電動工具をよく使われる方は、ジグソーがあったら加工の幅が広がるな、と感じている方もいるでしょう。

「曲線を生かした小物やサインをつくってみたい」という方も、扱いやすいのでぜひ使ってみてください。

ジグソーがあれば、丸鋸などでは難しい曲線などの細かい切断作業を安全に行なえます。

そうはいっても、始めてジグソーを選ぶとなると、機能、使い勝手、価格など、どのポイントから選べばいいか、わからない方も多いと思います。

今回、「リノベーションジャーナル」などで執筆を行い、DIYについてWEBなどを中心に情報を発信している大菅力さんに、おすすめの電動ジグソーをご紹介いただきました。

自分に合った電動ジグソー選びのコツや、口コミで高い人気のあるジグソーTOP10をご紹介するので、参考にしてはいかがでしょうか。

最終更新日:2019年5月30日
大菅力

大菅力 のプロフィール

リノベーションやDIY、建築や住宅などについて幅広い知識を持つ。『リノベーションジャーナル』編集長。著書『新リフォーム[見積り+工事管理]マニュアル』ほか。Twitter『大菅力/脱編集者

この専門家の他の記事を見る

1.大菅力さんおすすめのジグソー

さっそく大菅力さん一押しのジグソーをご紹介します。

画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ

マキタ

充電式ジグソー

JV100DW

参考価格26,136円(税込)

リチウムイオン電池のバッテリーを搭載した『マキタ 充電式ジグソー JV100DW』は、バランスのいい性能と使いやすさが魅力のジグソーです。

「スピード調整機能」「オービタル機能」「集塵機能※別途ホースが必要」など、機能性も十分で幅広い用途で使えます。

持ち手のグリップは安心感の高い太めの形状で、経験が浅い方でも安心して使用することができるでしょう。また、「別売りの汎用ブレード」に変えることで、鉄材やアルミなどの切断も可能です。

大菅力さんレビュー

大菅力
バッテリーに互換性があるのが一番の魅力です。

ジグソーは主に曲線を切断するのに用います。多くの場合、使用時間はそれほど長くないのでバッテリータイプで十分です。

この製品は、ほかのマキタ製品のバッテリーが使えます。軽量でとても使いやすいのでおすすめ。

使用頻度がそれほど高くなく、ピンポイントで使う機器なので、これで十分です。

マキタ 充電式ジグソー JV100DWの詳細
メーカーマキタ
切断能力木材:厚さ65mm、軟鋼板:厚さ2mm、アルミ:厚さ4mm、傾斜切断左右0〜45°
ストローク数毎分 0〜2,400回
ストローク幅18mm
重量1.6kg
オービタル機能有り
集塵機能有り※別途、集塵機(ホース径28mm)の取付が必要
メーカー希望小売価格26,136円(税込)

2.ジグソーは電動ノコギリの一種

画像:amazon.co.jp

ジグソーは、ノコギリ状の幅の細い刃を、高速で往復運動させる電動ノコギリです。扱いが比較的簡単で、曲線加工もできる使い勝手の良さから、DIYを行う方にも人気の高い電動工具です。

3.ジグソーの特徴

ジグソーは、他の電動ノコギリに比べ使いやすく、安全性も高いので人気があります。その特徴を、詳しく見ていきましょう。

木材・鉄・プラスチックなど、なんでも切れる

ジグソーは、ブレードと呼ばれるノコギリ状の刃を交換することで、様々な材質を切ることができます。ブレードの交換がワンタッチでできるタイプなどもあり、交換作業も簡単です。

対応する材質は、機種とブレードによっても変わりますが、木材・鉄・プラスチック・樹脂などです。

曲線切りができる

ギグソーが評価される理由の一つ、曲線切りも簡単に行うことができます。他の電動ノコギリでは、ブレードが太いため曲線加工は出来ませんが、ジグソーは細いブレードを使うので、自由な曲線加工が可能です。

安全に使える

ジグソーは、電動ノコギリの中でも安全性が高いタイプです。刃が下に向いていて、加工時は上から押さえながら使用するので、安定した姿勢で作業ができるからです。

また、ブレードが破損した場合も、飛散したブレードは足元側に落ちるので、大きな怪我にも繋がりにくいでしょう。

4.ジグソー選びのポイント

ジグソーを選ぶ際は、切断能力の他に機能性にも注目してみましょう。高負荷をかけ続けると故障の原因になったり、ブレードの持ちも悪くなるので、求める性能に少し余裕を持たせると安心して使うことができますよ。

画像:cainz.com

性能をチェック

ジグソーの性能は、記載されている切断能力を目安にジグソーを探してみましょう。材質の加工条件を知っている場合は「ストローク数」や「ストローク幅」から判断することができます。

選ぶポイントは、記載されている切断能力は限界値になるので、加工するつもりの材料より、やや余裕を持たせた切断能力のジグソーを選びましょう。

電子制御 or 電気制御

名前が似ているので少しわかりにくいですが、電子制御のタイプを選ぶようにしましょう。電子制御の電動ジグソーは、ブレードにかかる負荷を調整できます。

ブレードに高負荷がかかると、回転数を落とし破損や加工性の低下を防ぐような仕組みになっていて、スムーズに材料を切断することが可能です。

オービタル機能の有無

オービタル機能とは、通常上下運動しかしないブレードが、前後にも動く機能のことです。この機能により、切削性能が上がり、切断作業を楽に早く行うことができます。

オービタル機能が付いたジグソーは、スイッチで機能をオンオフできるタイプが多いです。

一方、デメリットとしては、やや切断面が荒れてしまうことが挙げられます。切断面のヤスリがけを丁寧に行う必要があるでしょう。

充電式と電源式の違い

充電式はコードがない分、どこでも使うことができ便利ですが、バッテリーが弱まると少しずつパワーが落ちてきます。

コンセントがある環境で使用することが多い、長時間連続で使う予定の方は電源式がおすすめです。

スピードコントロールができるか

ジグソーの中には、ブレードの速度をダイヤルで無段階に調整できたり、スイッチで3段階などに調整できるタイプがあります。

細かい作業を行う場合など、調整しながら加工ができるので、スピードコントロールがついていると便利です。

5.ブレードの分類

ジグソーに取り付けるブレードは、Bタイプ(T型とも呼ばれる)と呼ばれる共通の規格があり、近年発売されているジグソーの多くで採用されています。このタイプは汎用品も多く売っていて、安価なのでおすすめです。

ブレードの種類

画像:yahoo.co.jp

ブレードは主に、木工用、金属用、プラスチック用などに分けられます。材料の硬さ・発生する熱量・粘り気などに合わせて、ブレードの形状や材質が違います。

材料に合っていないブレードで加工すると、切れ味が下がり、材料の切断面も荒れるなどの原因になるのでやめましょう。

6.口コミで人気ジグソー【ランキング10選】

口コミで高い人気を得ているジグソーをご紹介します。

画像:amazon.co.jp
1位
新興製作所

変速ジグソー

SJS-400
参考価格4,195円(税込)

6段の変速機能を備えながら、コストパフォーマンスにも優れる『新興製作所 変速ジグソー SJS-400』は高い人気を誇るジグソー。

木材用・鋼板用・プラスチック用の3本の替刃が付属し、購入後すぐに材料の加工が行えるのも魅力です。

持ちやすいシンプルな形状と、サイズも大きすぎないので扱いやすく、初めて買うジグソーとしてもおすすめできます。

口コミでは「付属の刃の切れ味もよく、きれいに切れる」「曲線もちゃんと加工できる」など、性能も十分でしっかり切れるジグソーとして、人気が高いアイテムです。

新興製作所 変速ジグソー SJS-400の詳細
メーカー新興製作所
切断能力木材:厚さ50mm、軟銅板:厚さ3mm、アルミ:厚さ5mm
ストローク数毎分 800〜3,000回
ストローク幅18mm
重量2.1kg
オービタル機能無し
集塵機能有り※別途、集じん機・ホースが必要
メーカー希望小売価格4,195円(税込)
画像:amazon.co.jp
2位
E-Value

ジグソー

EJ-400SC
参考価格4,440円(税込)

背が高くコンパクトな形状が特徴的な『E-Value ジグソー EJ-400SC』も、コストパフォーマンスのいいジグソーとして人気があります。

安価なモデルながら、本体の振動を抑えるバランサーを内臓し、切削時に発生する切り粉をエアーの力で飛ばすブロワー機能も備えているので、操作性もいいのが特徴です。

「スピードを自由に変えられるので便利です」「大工仕事はこれで十分片付く」など、使いやすく無段変速機も内臓する十分な性能のジグソーと評価されています。

また、スイス製のブレードが付属し、市販のBタイプの他にUタイプと呼ばれる穴なしのブレードも装着できる汎用性も魅力です。

E-Value ジグソー EJ-400SCの詳細
メーカーE-Value
切断能力木材:厚さ50mm、軟鋼板:厚さ4mm、アルミニウム:厚さ8mm
ストローク数毎分 800〜3,000回
ストローク幅18mm
重量1.75kg
オービタル機能無し
集塵機能有り※別途、集じん機・ホースが必要
参考価格4,440円(税込)
画像:amazon.co.jp
3位
BOSCH

SDSジグソー

PST800PEL
参考価格15,120円(税込)

『BOSCH SDSジグソー PST800PEL』は、530Wのモーターを搭載したパワフルなジグソーながら、発生する振動をバランサー機能で抑えているので安定した切断加工が可能です。

狙ったラインで切断できるように切断線ガイドとエアブロー機能を搭載しているので、精密な加工にも向いています。

高速で切断を行いたい場合は、4段階に調整できるオービタル機能によって高速加工することができます。

「動作音も静かだし、軽いので扱いやすい」と、口コミでも高性能ながらコンパクトな作りを評価する声も聞かれます。

また、付属の円曲平行ガイドを使用することによってきれいな円形や平行加工が可能です。

BOSCH SDSジグソー PST800PELの詳細
メーカーBOSCH
切断能力木材:厚さ80mm、軟鋼板:厚さ5mm、アルミニウム:厚さ12mm
ストローク数毎分 500〜3,000回
ストローク幅20mm
重量1.9kg
オービタル機能有り
集塵機能有り※別途、集じん機・ホースが必要
メーカー希望小売価格15,120円(税込)
画像:amazon.co.jp
4位
リョービ

ジグソー

MJ-50A
参考価格5,122円(税込)

今回ランキングでご紹介しているジグソーの中で最も軽いのが、こちらの『リョービ ジグソー MJ-50A』です。

『リョービ』のジグソー入門機として人気があり、他の機種に比べややパワーが劣りますが、薄い木材や鋼板を切断することが可能です。

口コミでは、「軽いからか、気軽に使える」「木材を普通に切断できるので十分」と、性能面でも問題ないという声も多く聞かれました。

また、耐久性も高いという声も聞かれ、安価でコストパフォーマンスもいいと評判です。

リョービ ジグソー MJ-50Aの詳細
メーカーリョービ
切断能力木材:厚さ50mm、軟鋼板:厚さ3mm 
ストローク数毎分 3,200回
ストローク幅16mm
重量1.3kg
オービタル機能無し
集塵機能有り※別途、集じん機・ホースが必要
参考価格5,122円(税込)
画像:amazon.co.jp
5位
リョービ

ジグソー

J-6500VDL
参考価格16,200円(税込)

先ほどご紹介した『リョービ』の上位機種に当たる『リョービ ジグソー J-6500VDL』は、オービタル機能などの便利な機能が搭載されています。

パワーも上がっていて、ストロークのスピードもダイヤルで調整できるので、より細かい作業や、材質に合わせた刃にやさしい加工も可能なジグソーです。

「刃の交換がワンタッチ式で便利です」「ガイドもついているのできれいに切れる」と、口コミでも機能性が高いという声が多く聞かれます。

また、付属のブレードは、木工用1本のみなので、鋼板などの加工を行う場合は別途ブレードを購入する必要があります。

リョービ ジグソー J-6500VDL
メーカーリョービ
切断能力木材:厚さ65mm、軟鋼板:厚さ6mm
ストローク数毎分 0〜3,000回
ストローク幅20mm
重量1.8kg
オービタル機能有り
集塵機能有り※別途、集じん機・ホースが必要
メーカー希望小売価格16,200円(税込)
画像:amazon.co.jp
6位
ブラックアンドデッカー

ジグソー

KS701PE-JP
参考価格5,134円(税込)

『ブラックアンドデッカー ジグソー KS701PE-JP』は、安価なジグソーですが「パワーもあり、ワンタッチ式のブレード交換など使いやすい」と、バランスのいいモデルとして人気です。

オービタル機能や平行定規、バランサーなど欲しい機能が多く内蔵され、パワーもあるので欠点の少ないジグソーといえます。

付属する3本のブレードはいずれも用途の違う木材用なので、鋼板など違う材質を加工する場合は、別途Bタイプもしくは、Uタイプのブレードを購入する必要があります。

ブラックアンドデッカー ジグソー KS701PE-JPの詳細
メーカーブラックアンドデッカー
切断能力木材:厚さ70mm、軟鋼板:厚さ5mm、アルミニウム:厚さ15mm
ストローク数毎分 0〜3,000回
ストローク幅19mm
重量1.9kg
オービタル機能有り
集塵機能有り※別途、集じん機・ホースが必要
参考価格5,134円(税込)
画像:amazon.co.jp
7位
マキタ

ジグソー

JV0600K
参考価格19,008円(税込)

性能に余裕のあるジグソーを購入したい方におすすめなのが、パワフルでやや大きめサイズの『マキタ ジグソー JV0600K』です。

精度の高いアルミ製のガイドや、オービタル機能も搭載し、定規も付属するのでスピード加工から精密加工まで、慣れれば高いレベルでこなすことが可能でしょう。

「パワフルなので速度を落として使っている」「サクッと切れてしまう高性能モデル」と、口コミでも性能の高さを評価する声が多く聞かれます。

ブレードは、Bタイプで汎用性も高いので用途によって好きなブレードを用意してください。

マキタ ジグソー JV0600Kの詳細
メーカーマキタ
ストローク数毎分 500〜3,100回
ストローク幅23mm
重量2.3kg
オービタル機能有り
集塵機能有り※別途、集じん機・ホースが必要
メーカー希望小売価格19,008円(税込)
画像:amazon.co.jp
8位
BOSCH

電子スーパージグソー

GST140BCE
参考価格50,760円(税込)

高性能な電動工具メーカーとして人気の高い『BOSCH』のジグソーです。

電子制御方式を採用し、ブレードにかかる負荷に応じて回転数が変わる機構を備えている、高い加工性が魅力。

700Wのハイパワーモデルで、一般的なジグソーの2倍以上厚い木材の切断にも対応しています。

ブレードの位置を調整するローラーガイドやLEDライトなどの採用で、精密な加工を行えるプロスペックの性能を誇ります。

口コミでも「加工が上手になったと錯覚するくらい、簡単に加工できてしまう」など、非常に使いやすいという声が多く聞かれるジグソーです。

BOSCH 電子スーパージグソー GST140BCEの詳細
メーカーBOSCH
切断能力木材:厚さ140mm、軟鋼板:厚さ10mm、アルミニウム:厚さ20mm
ストローク数毎分 800〜2,800回
ストローク幅26mm
重量2.3kg
オービタル機能有り
集塵機能有り※別途、集じん機・ホースが必要
メーカー希望小売価格50,760円(税込)

画像:amazon.co.jp

9位
BOSCH

ジグソー

PST18LIH
参考価格14,364円(税込)

『BOSCH ジグソー PST18LIH』は、持ち運びやどこでも作業できる手軽さが人気の、バッテリータイプのジグソーです。

バッテリー式ながら非常に切断能力が高く、木材なら80mmまでの加工に対応しているので、スペック的にも十分でしょう。

「パワー十分で、不満はない」「分厚い板もしっかり加工できる」と、切断能力を評価する声も多いバッテリー式のジグソーです。

一方、バッテリー内蔵タイプなのでやや重さがある点は、注意しておきましょう。

BOSCH ジグソー PST18LIHの詳細
メーカーBOSCH
切断能力木材:厚さ80mm、軟鋼板:厚さ5mm アルミニウム:厚さ10mm
ストローク数毎分 0〜2,400回
ストローク幅20mm
重量1.9kg
オービタル機能有り
集塵機能有り※別途、集じん機・ホースが必要
メーカー希望小売価格14,364円(税込)
画像:amazon.co.jp
10位
TACKLIFE

PJS03A

参考価格4,999円(税込)

安価なジグソーでもオービタル機能が欲しいという方におすすめできるのが『TACKLIFE PJS03A』です。

6段階の加工スピード調整と、4段階のオービタル機能のスピード調整を備え、各材質に合わせた適切な加工を行うことが可能なジグソー。

ワンタッチ式のブレード交換や付属のガイドなど、必要とされる機能は一通り備えているのではないでしょうか。

口コミでは「ガイドがやや小さいが便利」「LEDもついているし性能も十分だった」と、バランスのいいジグソーと評価する声を多く聞かれます。

TACKLIFE PJS03Aの詳細
メーカーTACKLIFE
切断能力木材:厚さ65mm、軟金属:厚さ8mm
ストローク数毎分 800〜3,000回
重量1.9kg
オービタル機能有り
集塵機能有り※別途、集じん機・ホースが必要
参考価格4,999円(税込)

ジグソーの売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、ジグソーの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonのジグソー売れ筋ランキング楽天のジグソー売れ筋ランキングYahoo!ショッピングのジグソー売れ筋ランキング

大菅力の人気記事

大菅力の新着記事

矢田部明子

矢田部明子

『カーセンサー』『宝島社・MonoMax』『月刊誌driver』などの雑誌や『朝日新聞デジタル』など様々なメデ...

コヤマタカヒロ

コヤマタカヒロ

『家電Watch』や『マイナビニュース』などを中心に様々なメディアで活躍するデジタル&家電ライター。米...

剱持 百香

剱持 百香

美白命の紫外線マスターとしてインスタグラムのフォロワーは9000人以上。 VOCE/anan/michillなど様々な...

下倉樹

下倉樹

調味料エバンジェリスト(伝道師)。「ホンライあるべき調味料を、自分のモノサシで選べるようになるた...

箱崎かおり

箱崎かおり

物質工学修士、コスメコンシェルジュインストラクター、化粧品成分検定上級スペシャリストなど数多くの...

吉野健一

吉野健一

自動車専門誌『JEEP LIFE』『LAND ROVFR LIFE』の元編集長。『日刊カーセンサー』『朝日新聞デジタル &...

門馬 ファビオ

門馬 ファビオ

「魅せるPC」を造り上げる世界的MODアーティスト。自作PCの本格工房『Moma Garage』の代表として、ゲー...

田草川恒秋

田草川恒秋

商工会連合会や中小企業庁など公的機関からの支援実績が豊富なPCインストラクター。のべ2,000人へのPC指...

村上淳子

村上淳子

海外スターや現地でのロケ取材多数。20年以上に渡り、海外ドラマ&映画について魅力を伝え続けている。...

山形 栄介

山形 栄介

『美人百花』『VERY』『STORY』等の女性誌やTVCM等で有名モデルやタレントのヘアメイク、「東京ガールズ...

柳谷智宣

柳谷智宣

キャリア20年目のITライター。2017年Microsoftの「Windows Insider Meetup in Japan 2」に登壇。TV出演...

前田文也

前田文也

インスタグラムのフォロワー数2万人、Twitterフォロワー数1.8万人、YouTubeチャンネル登録者数1万人の人...

本田雅一

本田雅一

オーディオ&ビジュアル評論家、ITジャーナリストとして25年以上のキャリアを持つ。東洋経済新報社、エ...

浅井貴子

浅井貴子

フリー助産師&アロマセラピスト。All About母乳、新生児育児ガイド・たまごクラブなど各メディアでも活...

鍛治 恵

鍛治 恵

『世界睡眠会議』編集委員長、睡眠改善インストラクター。『NPO法人睡眠文化研究会』事務局長。約30年に...

牧野仁

牧野仁

NHK BS『ラン×スマ』にマラソン完走請負人として出演。NTT健康保険組合健康セミナー講師など、パーソナ...

藤原千秋

藤原千秋

『マツコの知らない世界』に「1000種類の掃除グッズを試した主婦」として出演した住まい・暮らしのアド...

岸大河

岸大河

eスポーツの世界で、FPSなどを中心に複数のタイトルで国内大会を制覇。アジア大会でも優勝経験あり。元...

大山 旬

大山 旬

人気スタイリスト。日本最大級のファッション学習サイト「メンズファッションスクール」主宰。これまで...

友田晶子

友田晶子

トータル飲料コンサルタント。(社)日本ソムリエ協会認定「シニア・ソムリエ」、NPO法人FBO認定日本酒...

カテゴリから探す