キムチおすすめ!料理研究家の逸品&人気ランキング10選

いまでは私たちの食生活にすっかり根づいているキムチ。でも、広く大衆に受け入れられ始めたのは、ほんの40年ほど前だったのはご存じでしょうか。

そのまま食べてよし、さまざまな料理のアレンジに加えてもよし。スーパーやコンビニでも手軽に購入できるキムチですが、その味わいは製品によってさまざまで、本場韓国製と日本製では作り方から違っていたりします。

実際に食べてみなくては味はわかりませんから、好みのキムチを見つけるには時間がかかるかもしれませんね。

本記事では、2人組お料理ユニットとしてメディアやイベントで活躍中の『ちゃあみー』さんに、おすすめのキムチを教えていただきました。

またIPPING編集部によるネット通販で支持率の高い人気のキムチも掲載していますので、ぜひ参考にしてください。

最終更新日:2019年3月25日
ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季) のプロフィール

お料理ユニット

TV番組のレギュラー出演やレシピ監修で人気。フードコーディネーターと栄養管理士のお料理ユニット。WEB『ちゃあみー(HITOOMOI)公式サイト』

この専門家の他の記事を見る

1. 料理研究家おすすめのキムチ

はじめに、料理研究家ユニット・ちゃあみーさんより、おすすめのキムチをご紹介いたします。

画像出典:foodlabel.co.jp
プロの
おすすめ

フードレーベル

牛角韓国直送キムチ

参考価格410円(税込)

ちゃあみー(倉田 沙也加)さんレビュー

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)

おすすめは『牛角韓国直送キムチ』です。

この製品の特徴は、辛さ控えめで甘味を強く感じる味わいになっている点です。

この商品は甘めの味わいなので、辛いものが苦手な方でも美味しく召し上がっていただけると思います。

そのまま食べるのはもちろんのこと、甘さを生かして、豚キムチなどにアレンジして使用しています。 ご飯に合う甘辛味に仕上がるので重宝しています。

また、酸味の強いキムチが多いなかで、こちらはそれも抑えられていますね。

全国にチェーン展開する焼き肉レストラン『牛角』のキムチ。本場韓国で製造した直輸入品です。

ちゃあみーさんがおっしゃるとおり、平均的なキムチに比べるとかなり甘味を感じる味つけになっており、日本人好みといえそうです。

なお、リニューアル版では、基本線は変えずに、唐辛子・にんにくの量を増やし、よりコクのあるキムチになっているとのこと。

また、おすすめの食べ方をちゃあみーさんにうかがいました。

ちゃあみー(倉田 沙也加)さんレビュー

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)

白菜のキムチは鍋料理や和え物とも相性がいいですよね。

私が気に入っているのは、アボカドの種を除いて『牛角韓国直送キムチ』をのせ、玉子を落としてトースターで焼いて食べるメニューです。ごま油を垂らしてもよいと思います。

甘さのなかにコクがあって、しっかりと旨味が感じられます。おつまみにも合いますよ。

フードレーベル 牛角韓国直送キムチの詳細
メーカーフードレーベル
内容量330g
メーカー希望小売価格410円(税込)
1gあたりの価格1.2円

2. キムチの選び方

ここからは、キムチを選ぶ際に押さえると良いポイントをお伝えします。

2-1.キムチの基礎知識

「キムチ」とは、発酵・熟成させた韓国伝統の「漬物」全般を指します。

キムチが国民食である韓国では、毎年冬を迎える前に、各家庭でひと冬分の大量のキムチを漬け込む「キムジャン」と呼ばれる風習があります。もともとキムチは保存食として広まったのです。

画像:キムジャンのキムチ作り

今ではキムチは日本でもたいへん人気の高い食品として認知されていますが、独特の臭気、辛さ、酸味を持つため、かつては抵抗感を示す人も多かったようです。

現在のような大衆人気を得たのは、1970年代後半から80年代にかけてのことでした。

キムチの製法

ひと口にキムチといっても、本場韓国では伝統に根ざした食品だけに、使用する素材はもちろん、地域や家庭、あるいはメーカーによって、レシピも違えば味わいにも差があります。

このため作り方も一概にはいえませんが、白菜キムチ(ペチュギムチ)を例に大雑把に説明すると、下漬け(白菜の塩漬け)・ヤンニョム(薬念)の塗り込み・本漬け(発酵~熟成)という手順で出来上がります。

ヤンニョム(薬念)とは、粉トウガラシ、魚貝の塩辛や魚醤、ニンニク、ショウガ、果物などを混ぜ合わせた調味だれのことです。キムチの味の決め手となります。

ご参考までに、ご家庭でできるキムチの作り方をご紹介しておきましょう。

2-2.健康食としてのキムチ

キムチは、そのおいしさはもちろん、健康にも良いと評価される食品です。

繊維質が多いこと、低脂肪であること、ビタミン群が豊富であること、発酵食品であることを理由に、大豆、オリーブオイル、ギリシャヨーグルト、レンズ豆と並んで、世界5大健康食品に挙げる声もあるほどです。

韓国産トウガラシ

キムチに欠かせないのがトウガラシ。特に本場のキムチの味を出すには、韓国種のトウガラシでなくてはならないといわれます。

日本のトウガラシは、辛さや香りのアクセントとして、料理に少量用いるのが一般的ですが、キムチには大量のトウガラシが投入されます。

にもかかわらず火の出るような辛さにならないのは、韓国トウガラシの辛さが控えめで、ほのかな甘味に秀でているためです。

唐辛子の辛さを表す数値をスコヴィル(SHU)といいますが、日本の「鷹の爪」の数値が4万~5万SHUなのに対し、韓国トウガラシは5分の1程度(品種によって異なります)。

このため、多量のトウガラシが入っていてもキムチは極端に辛くならず、トウガラシの成分であるカプサイシンの効能(血行をよくして体を温める、新陳代謝を促進する)もあるというわけです。

乳酸菌

キムチが保存食として広まった大きな理由が、乳酸菌の存在です。乳酸菌発酵が悪玉菌やカビを抑制するため、長持ちが利くのです。

乳酸菌が腸内環境に良いことは、私たちの多くが情報として知っています。代表的な乳酸菌は、ヨーグルトでおなじみのビフィズス菌やLG21、ヤクルト菌(ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株)などでしょう。

日本のぬか漬けなども同様ですが、発酵させた漬物には乳酸菌が生息しています。

特に、種々の野菜や魚介類で作られたキムチには、ロイコノストック属、ワイセラ属、ラクトバチルス属など、非常に多くの乳酸菌が含まれており、それゆえに健康と美容に良いといわれているのです。

2-3.市販のキムチ

さて、私たちがスーパーなどで購入できるキムチには、じつは製法によって決定的な違いがあることをご存じでしょうか。大別すると、キムチには以下の2パターンがあります。

  • 韓国式キムチ
  • 日本流キムチ

韓国式キムチは、すでにお伝えした製法で作られた、いうなれば「本場のキムチ」ということになります。

これに対し、塩漬けした野菜を科学調味液に漬けただけの「キムチ風浅漬け」が日本流のキムチです。国内のスーパーなどにはこちらのタイプが多く並んでいます。

本来、キムチとは乳酸菌で発酵させ、熟成を経た漬物です。日本流のキムチには、発酵を伴っていないものも多々あります。理由のひとつには、発酵で生じる酸味を好まない日本人が多いことも挙げられるでしょう。

日本人の味覚を研究して作られたのが日本流キムチであり、人気の高い製品も数多くあります。国産原料や、国内製造であることに安心を覚える方もいらっしゃるでしょう。

ただし、発酵食品としての効用を期待するなら、韓国産のキムチ、あるいは韓国式の製法で作られた国内品を選ぶべきということになります。

2-4.「食べごろ」はお好み次第

当然といえば当然ですが、キムチ選びの大前提は、「味の好みは人それぞれ」ということです。

多種多様なキムチのなかから自分好みの一品を見つけだすのも、大きな楽しみといえるでしょう。

キムチの味わいは、辛さ・酸味・甘さのバランスと、熟成の度合いによるコクの有無、魚介類から生まれるうま味、野菜の食感などによって変わってきます。

浅漬けキムチならシャキシャキと新鮮な食感を楽しめますし、古漬けになるとしんなりとした食感で、発酵が進んでいるため酸味も強くなっています。前者は「コッチョリ」、後者は「ムグンジ」と呼ばれるものがありますので、お好みで試してみてください。

一般に、韓国人は熟成したキムチを、日本人はあっさりしたキムチを好む傾向があるようです。

熟成キムチの酸味が苦手な方は、製造年月日が新しいものを選んだり、購入したら早めに食べきるのがよいでしょう。酸っぱくなったキムチは、鍋やチャーハンなど加熱料理に利用するのがおすすめです。

なお、本場のキムチを購入したいけどなかなか売っていないという方も多いと思いますので、ネット通販を利用するのも方法です。次項で、ネット人気の高い製品をご紹介しています。

2-5.レシピを参考にいろいろな食べ方も

キムチの種類を挙げれば枚挙にいとまがありません。

白菜のキムチ(ペチュキムチ)、キュウリのキムチ(オイキムチ)、ダイコンのキムチ(カクトゥギ)などは日本でもおなじみですが、メインの食材が同じでも、レシピによって数十種の分類があったりするのがキムチの奥深さです。

キムチは想像以上にいろいろな料理に合う食品でもあります。チャーハンや豚キムチ炒め、冷麺といった定番から、お好み焼き、餃子、ピザ、リゾット、トースト、冷しゃぶ、豆腐料理、等々。

ネット上にも数えきれないぐらいのレシピが紹介されていますから、そのまま召し上がる以外にも、いろいろ工夫して活用いただければと思います。

3. レビュー評価の高いキムチ人気ランキング

ここからは、IPPING編集部調べによる、一般人気の高いキムチをご紹介していきます。

ネット通販では、ご近所のスーパーなどで入手が難しい、本場韓国の製法による製品に人気が集中していました。

なお、別途送料がかかるケースが大半でしたので、各ショッピングサイトやメーカー公式サイトにてご確認ください。

画像出典:item.rakuten.co.jp
1位
ほし山

京都キムチのほし山 白菜キムチ 切漬け

500g
参考価格890円(税込)

創業50余年の老舗、京都の『ほし山』から、白菜キムチの切漬けが圧倒的なレビュー数を得て1位となりました。

こちらの製品は、あっさり・こってり・あっさり辛口・うま辛など、購入時にタイプを選べるようになっていますので、詳しくはリンク先をご確認ください。

出荷当日にヤンニョムを塗り込むという『ほし山』のキムチ(そこから発酵と熟成が始まります)は、冷蔵保存で10日がおいしく召し上がれる目安とのこと(それ以上は酸味が強くなるため)。また、消費期限は1ヵ月以内としています。

ほし山 京都キムチのほし山 白菜キムチ 切漬け 500gの詳細
メーカーほし山
内容量500g
参考価格890円(税込)
1gあたりの価格1.8円
画像出典:item.rakuten.co.jp
2位
アンガ食品

ケジャン 渡り蟹の醤油漬け

約450g
参考価格1,296円(税込)

東京・品川区の焼肉&韓国惣菜店『アンガ食品』からは、ワタリガニを丸ごと1匹使用した『ケジャン 渡り蟹の醤油漬け』が高い支持を得ていました。

醤油漬けとありますが、トウガラシも加えた甘辛い味わいとなっています。

ケジャンは生のカニを漬け込んだ料理です。このため、冷蔵便配送なら消費期限5日、冷凍便では解凍後5日を目安としています。

食べ終えたあとの余ったタレは他の料理にも。「高級料理店に負けない味」と自負する味をどうぞ。

アンガ食品 ケジャン 渡り蟹の醤油漬け 約450gの詳細
メーカーアンガ食品
内容量約450g
メーカー希望小売価格1,296円(税込)
1gあたりの価格約2.9円
画像出典:item.rakuten.co.jp
3位
豊田商店

チャンジャ

310g
参考価格1,080円(税込)

日本におけるキムチの本場ともいえる大阪・鶴橋の『豊田商店』。「日本人の口に合う本場韓国のキムチ」がモットーといいます。

今回ご紹介するのは、韓国3大珍味と称されることもあるタラの塩辛『チャンジャ』。1m超の本マダラのみを使用した、『豊田商店』の人気No.1商品です。

レビューでは、辛すぎず、生臭さがなく、ご飯によく合うとの声が聞かれました。お酒のつまみにも向いています。

豊田商店 チャンジャ 310gの詳細
メーカー豊田商店
内容量310g
メーカー希望小売価格1,080円(税込)
1gあたりの価格約3.5円
画像出典:item.rakuten.co.jp
4位
アンガ食品

白菜キムチ(株売り)

600g
参考価格907円(税込)

日本人に最もなじみ深い白菜キムチ。こちらは1株600gの株漬けキムチです。

『アンガ食品』の白菜キムチは、トウガラシ、アミの塩辛、イカの塩辛、ニンニク、ショウガ、ネギ、ダイコン、ニンジン、ニラ、リンゴなど数十種類の素材をヤンニョムに使った秘伝の味。

酸っぱくない、まろやかな熟成が持ち味といい、製造元では、漬け込みから2,3日~1週間ぐらいの味わいをおすすめしています。

アンガ食品 白菜キムチ(株売り) 600gの詳細
メーカーアンガ食品
内容量600g
メーカー希望小売価格907円(税込)
1gあたりの価格1.5円
画像出典:item.rakuten.co.jp
5位
でりかおんどる

辛い白菜キムチ

1kg
参考価格1,625円(税込)

東京のコリアンタウン、新大久保に店舗を構える、韓国家庭料理の『でりかおんどる』。レストランとテイクアウトのほか、通販でも製品を提供しています。

同店のラインナップでは、マイルドな辛さの白菜キムチも人気でしたが、こちらの『辛い白菜キムチ』にはさらに多くの評価がありました。

味わいは浅漬けのさっぱりタイプ。品名に辛さを謳っているとはいえ、辛さのなかにうま味があると好評です。

1kgありますから、少し寝かせて酸味を引きだして食べるのもよいでしょう。おいしく食べられる目安は、製造日から10日となっています。

でりかおんどる 辛い白菜キムチ 1kgの詳細
メーカーでりかおんどる
内容量1kg
メーカー希望小売価格1,625円(税込)
1gあたりの価格1.6円
画像出典:item.rakuten.co.jp
6位
ほし山

京都キムチのほし山 大根サイコロキムチ

300g
参考価格380円(税込)

本記事のランキング1位、白菜キムチに続いて、『京都キムチのほし山』から『大根サイコロキムチ』をご紹介します。

『ほし山』では、キムチの主材となる野菜によって、調味だれを作り分けているそうです。大根キムチには桃とリンゴが使用されています。

辛さは控えめ、開封直後はダイコンに甘く瑞々しい生の食感が残っている浅漬け状態ですが、日を追うごとに発酵が進み、キムチらしさが強くなっていきます。

お店のおすすめは3日ぐらいの発酵状態とのこと。賞味期限は10日が目安です。

ほし山 京都キムチのほし山 大根サイコロキムチ 300gの詳細
メーカーほし山
内容量300g
メーカー希望小売価格380円(税込)
1gあたりの価格1.3円
画像出典:item.rakuten.co.jp
7位
おつけもの慶 kei

白菜キムチ

250g×2パック
参考価格1,080円(税込)

川崎もまたコリアンタウンとして知られる街です。

『おつけもの慶』の『白菜キムチ』は、青果店を営むオーナーと、キャリア40年のキムチ職人がタッグを組んだ逸品。

「第1回 川崎S級キムチグランプリ」の初代チャンピオンに輝きました。

長野県佐久穂産の白菜を筆頭に、素材にもこだわった人気製品のため、発送に少し時間がかかる場合があるようですので、通販をご利用の際はショッピングサイトの情報をご確認ください。

おつけもの慶 kei 白菜キムチ 250g×2パックの詳細
メーカーおつけもの慶 kei
内容量500g
メーカー希望小売価格1,080円(税込)
1gあたりの価格2.2円
画像出典:item.rakuten.co.jp
8位
豊田商店

れんこんキムチ

250g
参考価格540円(税込)

大阪・鶴橋『豊田商店』の『れんこんキムチ』は、国産れんこんのシャキシャキ感と、濃い目の味つけが癖になるおいしさです。

ヤンニョムには唐辛子・にんにく・食塩・ゴマ油・酢を使用しています。歯ごたえとピリ辛加減、甘み、ゴマ油の風味と来ると、きんぴらごぼうに通じるところがあるかもしれません。

賞味期限は10日。2週間をめどにお召し上がりください。

豊田商店 れんこんキムチ 250gの詳細
メーカー豊田商店
内容量250g
メーカー希望小売価格540円(税込)
1gあたりの価格2.2円
画像出典:item.rakuten.co.jp
9位
高麗食品

たっぷりメガ盛り白菜キムチ

2kg
参考価格2,580円(税込)

日本一のコリアンタウンといわれる大阪市生野区で、1976年に創業した『高麗食品』。いまでは「大阪で一番売れているキムチ屋」だといいます。

青森産ニンニク、高知産ショウガ、瀬戸内海のアミなど、日本産食材を使った『たっぷりメガ盛り白菜キムチ』は、2kgのビッグサイズ。

ご家族・ご近所にお裾分けして召し上がっている方もおられるようでした。

掲載画像に「訳あり」とあるのは、白菜の硬めの外葉も使っているから?のようですが、200件近いレビューを見てもその点に不満を持たれる方は見当たりません。

グラム単価は今回の最安値(送料無料)。お買い得の本格キムチといえるでしょう。

高麗食品 たっぷりメガ盛り白菜キムチ 2kgの詳細
メーカー高麗食品
内容量2kg
メーカー希望小売価格2,580円(税込)
1gあたりの価格1.3円
画像出典:item.rakuten.co.jp
10位
おつけもの慶 kei

元祖!おなかいっぱいイカキムチ

約430g
参考価格1,512円(税込)

最後にご紹介するのは、イカ漁の本場・青森産の真イカに、白菜キムチ、カクテキ、オイキムチを詰め込んだ個性豊かな一品です。

メディアでも話題となり、人気沸騰中とのことで、2018年12月現在、予約注文となっております。

発送時期はショッピングサイトにてご確認ください。なお、現時点の表記では、公式サイトの通販のほうが早いようです。

おつけもの慶 kei 元祖!おなかいっぱいイカキムチ 約430gの詳細
メーカーおつけもの慶 kei
内容量430
メーカー希望小売価格1,512円(税込)
1gあたりの価格3.5円

キムチの売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、キムチの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonのキムチ売れ筋ランキング楽天のキムチ売れ筋ランキングYahoo!ショッピングのキムチ売れ筋ランキング

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)の人気記事

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)の新着記事

本田雅一

本田雅一

オーディオ&ビジュアル評論家、ITジャーナリストとして25年以上のキャリアを持つ。東洋経済新報社、エ...

vapestudio

vapestudio

日本最大級の電子タバコ・VAPE専門店。一定以上の品質基準をクリアした商品を取り扱う東証1部上場企業の...

門馬 ファビオ

門馬 ファビオ

「魅せるPC」を造り上げる世界的MODアーティスト。自作PCの本格工房『Moma Garage』の代表として、ゲー...

倉島英昭

倉島英昭

ウイスキー文化研究所4代目マスターオブウイスキー。同認定ウイスキーレクチャラー。雑誌ウイスキーガロ...

矢島昇悟

矢島昇悟

歯科医師。“リラックス出来る治療”にこだわる『青山通り歯科』院長。所属学会「日本顎咬合学会」「アン...

瀬川陣市

瀬川陣市

全国商工会議所や、SONY・サントリーなど有名企業での講演、メディア出演など多数の実績を持つフォトグ...

川崎由美子

川崎由美子

世界で最も過酷な不眠不休レース「SCORE BAJA1000」日本人女性初完走者。二輪ジャーナリスト。執筆、TV...

箱崎かおり

箱崎かおり

物質工学修士、コスメコンシェルジュインストラクター、化粧品成分検定上級スペシャリストなど数多くの...

水上晴由

水上晴由

日本ペットサロン協会役員。都内でペット美容室や猫専用ホテルを経営。ペットフードの素材に対する品質...

中村 飛鳥

中村 飛鳥

表参道の人気美容室『hair salon Gallica(ガリカ)』オーナー。関東4000サロンで4店のみ与えられる『HO...

高橋 良輔

高橋 良輔

ボクシング東洋太平洋第12代クルーザー級(〜90kg)チャンピオン

2006年、日本人2人目となる東洋太平洋クルーザー級王座を獲得...

岸大河

岸大河

eスポーツの世界で、FPSなどを中心に複数のタイトルで国内大会を制覇。アジア大会でも優勝経験あり。元...

浅井貴子

浅井貴子

フリー助産師&アロマセラピスト。All About母乳、新生児育児ガイド・たまごクラブなど各メディアでも活...

藤原千秋

藤原千秋

『マツコの知らない世界』に「1000種類の掃除グッズを試した主婦」として出演した住まい・暮らしのアド...

村上淳子

村上淳子

海外スターや現地でのロケ取材多数。20年以上に渡り、海外ドラマ&映画について魅力を伝え続けている。...

佐々木 英雄

佐々木 英雄

2013 年、株式会社しるべを設立。大学生を主な対象に、即戦力人財育成のための教育事業を無償で提供。

平川陽一郎

平川陽一郎

日本山岳ガイド協会 認定登山ガイドII、マウンテンガイド協会会長。学生時代から登山を学び、チベットや...

清水なほみ

清水なほみ

女性医療ネットワーク理事・NPO法人ティーンズサポート理事長。日本産婦人科学会専門医で、現在は『ポー...

高野ひとみ

高野ひとみ

JPM認定パーソナルメイクアドバイザー。化粧品メーカーで商品開発や美容部員として女性をカウンセリング...

大菅力

大菅力

リノベーションやDIY、建築や住宅などについて幅広い知識を持つ。『リノベーションジャーナル』編集長。...

カテゴリから探す