システム手帳おすすめ!プロの逸品&人気ランキング10選

ビジネスシーンでも、プライベートでも、自身のスケジュール管理や大事なことを書き残しておくのに、とても重宝されるシステム手帳。

現在では、価格帯も幅広くお手軽なものから、高級なシステム手帳まで様々なラインナップが用意されていますが、種類が豊富すぎて、何を選んでいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

確かに、システム手帳そのものの種類が豊富なのもありますが、中身となるカレンダーやメモなど(以後、リフィル)の種類も数多く、何を選んで良いのか、どこから始めて良いのか、わからないというのが本音ではないでしょうか。

そこで今回は、文房具ライターでデザイナー、文房具トークユニット『ブングジャム』のメンバーでもある『きだてたく』さんに、おすすめのシステム手帳を紹介していただきました。

プロが薦めるシステム手帳は、どんな点で優れているのかというのを、照らし合わせながら自身に合ったシステム手帳選びに活かしていただきたいです。

また、IPPING編集部によるシステム手帳の選び方、そして『プロの逸品』がお届けする「システム手帳人気ランキング10選」も合わせてご紹介していきますので、是非参考にしてください。 

最終更新日:2019年7月18日
きだてたく

きだてたく のプロフィール

『愛しき駄文具』『日本懐かし文房具大全』ほか著書多数。自称世界一の色物文具コレクションを誇る文房具ライター。色物文具専門サイト『イロブン』を運営。

この専門家の他の記事を見る

1.文房具ライターおすすめのシステム手帳

画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ

デザインフィル

PLOTTER(バイブルサイズ)

メーカー希望小売価格14,040円(税込)

『PLOTTER』最大の特徴は、製品自体の軽さにあります。

システム手帳といえば、重厚感あるカバーと使うほどに増えていく中身のリフィルの多さから、重くなってしまいがちですよね。

そんな問題を解決するため「軽さ」「薄さ」「シンプルさ」を徹底的に追求し、持ち運びやすいシステム手帳を提案しているのが、『PLOTTER』です。

メーカーで販売されているリフィル(中身となるスケジュール表やメモなど)やアクセサリーも充実しており、カスタマイズが楽しめます。

使い込むほどに味が出るイタリアンレザーと、日本の職人技を駆使して縫い込まれている金色のバックプレートがより高級感を引き立たせてくれています。

『きだてたく』さんレビュー

きだてたく
システム手帳は、リフィルをつけたりカスタマイズが醍醐味でもあるが、どうしても重くなってしまいます。

その点、『PLOTTER』は軽くて、シンプルな構成になっているので、スマートに格好良く使いこなせます。

また、『PLOTTER』シリーズで展開されているリフィルは、ノートのように別で持っておいても、バラバラにならず、切り離してファイルするという使い方もできるのがとても良いですね。

展開されているリフィルは、バイブルサイズ(B6相当)が多いので、自分好みにカスタマイズしたいのであれば、バイブルサイズが特におすすめです。

デザインフィル PLOTTER の詳細
メーカーデザインフィル
サイズA5/バイブル/ミニ
リング径11mm(約80枚)
メーカー希望小売価格14,040円(税込)(バイブルサイズ)

2.あなたに合ったシステム手帳3つの選び方

システム手帳と言っても、種類も豊富で価格帯も幅広く展開されています。

せっかくであれば長く使える自分に合ったシステム手帳を選んで、相棒のように使い続けていきたいですよね。

ここでは、大きく3つのポイントに分けてシステム手帳の選び方についてご紹介します。

ポイント1.サイズで選ぶ

まずシステム手帳の選び方のポイントとして挙げるのが、システム手帳のサイズです。

現在展開されているシステム手帳は大きく3つのサイズに分けられており、それぞれ好みや利用用途によっても、選ぶべきサイズというのは変わっていきます。

A5サイズ

6穴のシステム手帳としては、最も大きなサイズとも言える。

多くの情報を集約できることから、人気のサイズでもあります。

バイブルサイズ/聖書サイズ(B6相当)

システム手帳のスタンダードサイズ

リフィルの数・種類も豊富にあり、サイズにこだわりがない場合には、このサイズが最もおすすめ。

ポケットサイズ(B7相当)

その名の通り、ポケットにも入ってしまうほどの大きさで、持ち運びに優れているサイズ。

女性を中心に人気のあるサイズです。

サイズが大きくなればなるほど、多くの枚数を支えるカバーや金具が必要となり重たくなっていきます。

普段から多くのメモ、情報を持ち歩くような場合にはA5サイズが適切ですが、スケジュール管理やメモ帳としての役割が強い場合には、持ち運びに便利なポケットサイズもおすすめです。

しかし、システム手帳の醍醐味でもあるカスタマイズという点では、リフィルの種類が豊富なバイブルサイズが一番のおすすめです。多くのシステム手帳は定型サイズになっており、他社製のリフィルでも使用することが可能です。

ポイント2.リング径で選ぶ

続いての選び方のポイントは「リング径」です。これはシステム手帳に「どのくらい枚数を入れられるか」という点で、重要なポイントとなります。

『ダ・ヴィンチ』シリーズを展開する『レイメイ藤井』での記載を参考とすると、リング径と収納枚数の関係は、以下の表のようになります。

リング径30mm約265枚
リング径25mm約205枚
リング径24mm約195枚
リング径20mm約155枚
リング径15mm約105枚
リング径14mm約95枚
リング径11mm約70枚
リング径8mm約60枚

例えば、月間スケジュール表は、見開きの場合13枚必要になり、週間スケジュール表は52週と仮定すると、見開きで53枚必要となります。8mmの場合にはこれだけでいっぱいになってしまうので、月間スケジュールのみにしてメモ帳を入れるなどする必要がありますよね。

メモを蓄積させて、手元に持っておきたいのであればある程度大きなリング径を選んでおくと、収納に余裕を持たせることができます。

しかし、大きなリング径のシステム手帳を選ぶ際は、リングが細いシステム手帳には注意が必要です。大容量を想定しながらも、リングが細いとそれだけのリフィルを支えきれずに、こぼれてしまうこともあるためです。

ポイント3.カバーの材質で選ぶ

最後の選び方のポイントは、カバーの材質です。システム手帳を使いこなすのであれば、材質にこだわってみてはいかがでしょうか。

システム手帳は、大きく分けて「本革」で作られているか、「合皮」で作られているかに分類することができます。

「本革」で作られている場合は、材料自体のコストが高く、さらにほかの革製品同様に相当数の手間をかけて作られることが多いため、手帳本体の価格が高くなります。

その分、高級感、使用経過による革独特の味わい深さを感じられます。また、手に馴染むような触り心地、自然のものを使用しているからこその唯一無二の模様など、長く使い続けたい代物として重宝するアイテムへと変化し続けます。

その代わりに、定期的なメンテナンスが必要であったり、水物や汚れに弱く取り扱いには注意が必要です。

一方、「合皮」で作られている場合には、いわゆる革に見えるように加工されたポリウレタンやポリ塩化ビニールという素材を使用しています。

「本革」のシステム手帳に比べて、水や汚れに強い製品が多く、中には防水加工が施されている場合もあります。その点、購入後のメンテナンスはとても楽に行うことができます。

一方で、耐久性はあまり高くなく、表面がはがれたりと、味わい深い変化というよりは経年劣化のような印象を受けることも少なくありません。

システム手帳を選ぶ際には、「本革」なのか「合皮」なのかを確認することが重要なポイントとなります。

引用:raymay.co.jp

3.システム手帳人気ランキング10選

ここからは、『プロの逸品』がお届けするシステム手帳・人気ランキングをご紹介します。


画像:amazon.co.jp
1位

レイメイ藤井

ダ・ヴィンチ グランデ アースレザー

メーカー希望小売価格20,520円(税込)

日本国内の成牛革を使用した自然の恵みを表現した手帳である『レイメイ藤井 ダ・ヴィンチ グランデ アースレザー』。

日本の職人によって作られた手帳で、日本の牛革を使用することでキメ細かく滑らかな手触りが特徴的です。使い込むごとに、牛革に濃淡が生まれ深みのある手帳へと変化していきます。

細かいところにも気を配っており、リングがカバーの内側に擦れて、摩耗するのを防ぐための当て革が付いているので、長く使われることを意識した製品となっています。

レビューでは、細かい部分がしっかり作られていてとても丈夫であるという点と、徐々に手に馴染んでいき使い込んでいくのが楽しみという声が多く集まっており、製品の質の高さを表した結果となりました。

レイメイ藤井 ダ・ヴィンチ グランデ アースレザーの詳細
メーカーレイメイ藤井
リング径25mm
材質ステアハイド(牛革)
メーカー希望小売価格20,520円(税込)

画像:amazon.co.jp
2位
レイメイ藤井

ダ・ヴィンチ グランデ ロロマクラシック

A5 20mm
メーカー希望小売価格21,600円(税込)

重厚感がより一層高級感を引き立たせる『レイメイ藤井 ダ・ヴィンチ グランデ ロロマクラシック A5 20mm』。

オイルとワックスを日本産の成牛革に染み込ませて、時間をかけて仕上げた重厚な革は、使い込むことで艶やかな色合いに変化していきます。血筋や自然なシワなど革製品独特の他にない模様がより貴重なアイテムとして際立たせています。

リングがカバーの内側に当たる際に跡がつかないように当て革が貼り付けられており、カードやメモ類を効率よく収納できるように設計をされています。

レビューでは、製品が持つ重厚な存在感と、質感や触り心地など革製品好きを中心に高い評価を集めていました。

レイメイ藤井 ダ・ヴィンチ グランデ ロロマクラシック A5 20mmの詳細
メーカーレイメイ藤井
リング径20mm
材質ステアハイド(牛革)
メーカー希望小売価格21,600円(税込)

画像:amazon.co.jp
3位
WORLD PORT

システム手帳

B6バイブルサイズ
参考価格2,390円(税込)

アマゾンカテゴリランキングで1位の獲得も経験している『WORLD PORT システム手帳 B6バイブルサイズ』。

価格帯としてリーズナブルながらも、おしゃれでシンプルで、必要な機能を一通り揃えたシステム手帳なので、初めてシステム手帳を利用するという方には、とても扱いやすい製品です。

カバーのカラーも8色から選ぶことができ、リフィルは定型サイズに統一されているため、他社のリフィルも自由に差し替えることができます。

レビューでも、システム手帳初心者に扱いやすいという点で多くの評価が集まっていました。また、製品自体の丈夫さについても数多く見られ、コストパフォーマンスの高さという点でも高評価を支えていました。

WORLD PORT システム手帳 B6バイブルサイズの詳細
メーカーWORLD PORT
リング径17mm
材質フェイクレザー(合皮)
参考価格2,390円(税込)

画像:amazon.co.jp
4位
V.for.M

fastage スタンダード

聖書サイズ
参考価格2,887円(税込)

スタンダードなフォルムからシステム手帳初心者を中心に評価を集める『V.for.M fastage スタンダード 聖書サイズ』。

防水性のあるポリウレタン素材を使用しており、雨や飲み物をこぼした際にもさっとひと拭きでお手入れすることが出来ます。

カバー内側にはカードポケットやペンホルダーが付いており、付属品として目盛り付きしおり・無地メモ用紙・ジップケースもあるため、機能が充実しています。

レビューでは、コストパフォーマンスの高さを評価する声を中心に、「思ったよりもしっかりとした作りになっている」「たくさんリフィルが入れられて便利」という声で上位に押し上げられています。

V.for.M fastage スタンダード 聖書サイズの詳細
メーカーV.for.M
リング径21mm
材質ポリウレタン(合皮)
参考価格2,887円(税込)

画像:amazon.co.jp
5位
レイメイ藤井

キーワードジャストリフィルサイズ

聖書サイズ
メーカー希望小売価格3,024円(税込)

コンパクトなシステム手帳で人気が高いのが、『レイメイ藤井 キーワードジャストリフィルサイズ 聖書サイズ』。

リフィルのサイズに合わせて作られているシステム手帳で、リング径も8mmとかなりコンパクトな作りになっているので、スケジュールとメモ程度あれば充分に対応できるサイズ感です。

レビューでも、他の分厚く重量のあるシステム手帳に比べて、持ち運びやすさとコンパクトに使いやすいという点で、乗り換えている方の声も多く見受けられました。

レイメイ藤井 キーワードジャストリフィルサイズ 聖書サイズの詳細
メーカーレイメイ藤井
リング径8mm
材質合皮/ポリウレタン
メーカー希望小売価格3,024円(税込)

画像:amazon.co.jp
6位
モノボックスジャパン

ステッチシリーズ

B6バイブルサイズ
参考価格2,945円(税込)

シンプルな作りとすぐに使うことができるリフィル付きが嬉しい『モノボックスジャパン ステッチシリーズ B6バイブルサイズ』。

見た目にもシンプルでプライベートでも、仕事でも使いこなせるデザインが魅力的であり、かつ最初から一通りのリフィルが付いているお買い得なセット製品です。

月間・週間・ノートのみならず、定規や付箋セット、下敷き、インデックスなどこれだけ揃っていれば、わざわざリフィルを買う必要も無く、すぐに使い始められるので初心者にはとてもおすすめです。

レビューでは、ちょうどよいサイズ感と、画像以上に色・質感に好感が持てたという声が多く見受けられ、高評価に繋がっています。

モノボックスジャパン ステッチシリーズ B6バイブルサイズの詳細
メーカーモノボックスジャパン
リング径20mm
材質合成皮革レザー
参考価格2,945円(税込)

画像:amazon.co.jp
7位
レイメイ藤井

ダ・ヴィンチ ジャストリフィルサイズ

聖書サイズ
メーカー希望小売価格5,184円(税込)

先程5位でも紹介したジャストリフィルサイズとはシリーズ違いの『レイメイ藤井 ダ・ヴィンチ ジャストリフィルサイズ 聖書サイズ』。

先程は、『キーワード』シリーズでしたが、こちらは『ダ・ヴィンチ』シリーズとなります。リフィルのサイズにカバーの大きさを限りなく近づけたシステム手帳で、コンパクトかつ軽さを求めているユーザーに定評があります。

上位シリーズである『ダ・ヴィンチ グランデ』シリーズと比べてもリーズナブルながら、カバーには牛革を使用しており、スケジュールやメモ帳としても充分に対応可能です。

レビューでは、リングが小さい分、厚みもなく持ち運びやすく使いやすいという声とともに、リフィルの付け外しが少々行いにくいという声もありました。ここは好みが分かれる部分ですが、革の質の良さなど総合して好感的な声が多く集まりました。

レイメイ藤井 ダ・ヴィンチ ジャストリフィルサイズ 聖書サイズの詳細
メーカーレイメイ藤井
リング径8mm
材質牛革
メーカー希望小売価格5,184円(税込)

画像:amazon.co.jp
8位
レイメイ藤井

ダ・ヴィンチ システム手帳

聖書サイズ
メーカー希望小売価格5,940円(税込)

ビジネスシーンで圧倒的な人気を誇るシリーズ『レイメイ藤井 ダ・ヴィンチ』シリーズの『 聖書サイズ システム手帳』。

『ダ・ヴィンチ』シリーズは、使用感のある素材選び、手作業による革の加工など長く使うことを想定したシステム手帳を手の伸ばしやすい価格で手に入れられることで、多くのファンを獲得しています。

シンプルで万人受けするデザインながらも、必要な機能そして長く使い続けることによって出てくる唯一無二の革の色合いは、ビジネスシーンで圧倒的な支持を受けています。

レビューでは、機能性・デザイン性の高さとコストパフォーマンスの高さに高評価が集まっており、中には高級感を演出してくれるというプレゼントとしても喜ばれる逸品です。

レイメイ藤井 ダ・ヴィンチ 聖書サイズ システム手帳の詳細
メーカーレイメイ藤井
リング径15mm
材質牛革
メーカー希望小売価格5,940円(税込)

画像:amazon.co.jp
9位
モノボックスジャパン

スターターセット10点付き

A5monobiznote2
メーカー希望小売価格3,300円(税込)

先程6位でもご紹介した『モノボックスジャパン』のA5サイズバージョンでもある『スターターセット10点付き A5monobiznote2』。

初心者に嬉しいリフィル10点セットは、月間・週間スケジュールから、メモ、インデックス、付箋など購入してすぐに使うことができるシステム手帳スターターセットになっています。

カバーの内側には、クリップやカードなどをしまっておけるポケットも付いており、機能面の高さから人気が集まっています。

レビューでは、機能面の高さのほか、触り心地の質感にも高評価が集まっていましたが、一方で手帳を留めるボタン部分の不具合も少々報告されています。2018年以降は検品工程の改善も報告されているため、不具合の解消が見込まれています。

モノボックスジャパン スターターセット10点付き A5monobiznote2の詳細
メーカーモノボックスジャパン
リング径20mm
材質フェイクレザー
メーカー希望小売価格3,300円(税込)

画像:amazon.co.jp
10位
Raffaello

一流の革職人が作る エグゼクティブの知性が漂う極上皮革で製作したシステム手帳

メーカー希望小売価格14,000円(税込)

耐久性に優れたレザーと職人の細かい技術が光るこだわりのシステム手帳『Raffaello』の『一流の革職人が作る エグゼクティブの知性が漂う極上皮革で製作したシステム手帳』。

選びぬかれた上質な革素材を、一つ一つ丁寧に20年以上革製品に携わってきた革職人が最高級のシステム手帳に作り上げており、その質感は使い続けることで、何層にも深みを増していき、不思議なほどに手に馴染んでいきます。

リング径が30mmとなっており、大容量のリフィルを収納でき、カードポケットやファスナー付きポケットが備え付けられています。

レビューでは、製品の持つ重厚感、革質の高さに高評価が集まっており、高級感のあるシステム手帳を望むユーザーや、本革のシステム手帳を求めるユーザーから高い評価を集めており、今後も伸びていきそうな製品です。

Raffaello 一流の革職人が作る エグゼクティブの知性が漂う極上皮革で製作したシステム手帳の詳細
メーカーRaffaello
リング径30mm
材質エグゼクティブレザー
メーカー希望小売価格14,000円(税込)

システム手帳の売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、システム手帳の売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonのシステム手帳売れ筋ランキング楽天のシステム手帳売れ筋ランキングYahoo!ショッピングのシステム手帳売れ筋ランキング

きだてたくの人気記事

きだてたくの新着記事

矢田部明子

矢田部明子

『カーセンサー』『宝島社・MonoMax』『月刊誌driver』などの雑誌や『朝日新聞デジタル』など様々なメデ...

瀬川陣市

瀬川陣市

全国商工会議所や、SONY・サントリーなど有名企業での講演、メディア出演など多数の実績を持つフォトグ...

大菅力

大菅力

リノベーションやDIY、建築や住宅などについて幅広い知識を持つ。『リノベーションジャーナル』編集長。...

ベアーズ島田キャンプ

ベアーズ島田キャンプ

ヒロシ率いるソロキャンプ仲間『焚き火会』の一員。TV番組やCMでも活躍中の野外料理研究家。YouTube『ベ...

大津たまみ

大津たまみ

年間200本以上の講演の他、TV・ラジオなど様々なメディアで活躍中の清掃業界のカリスマ。『大津たまみ公...

赤工友里

赤工友里

整理収納アドバイザー。POLAなど有名企業でセミナーを開催。「ワーキングマザーの手帳」など商品プロデ...

青木伸夫

青木伸夫

日本キャンプ協会キャンプディレクター(1級)、日本バーベキュー協会 インストラクター(上級)、自然体験...

藤原千秋

藤原千秋

『マツコの知らない世界』に「1000種類の掃除グッズを試した主婦」として出演した住まい・暮らしのアド...

コヤマタカヒロ

コヤマタカヒロ

『家電Watch』や『マイナビニュース』などを中心に様々なメディアで活躍するデジタル&家電ライター。米...

田邉竜彦

田邉竜彦

英語教師。月間35万人に読まれる英語学習メディア『トイグル』を運営。TOEIC対策特化型スクール『トイク...

高野ひとみ

高野ひとみ

JPM認定パーソナルメイクアドバイザー。化粧品メーカーで商品開発や美容部員として女性をカウンセリング...

コラムニスト・ ひかり

コラムニスト・ ひかり

All Aboutや夕刊フジなど様々なメディアで活躍するコラムニスト、フリー記者。アメブロの公式トップブロ...

下倉樹

下倉樹

調味料エバンジェリスト(伝道師)。「ホンライあるべき調味料を、自分のモノサシで選べるようになるた...

吉﨑智宏

吉﨑智宏

eスポーツキャスター。2015年よりTokyo Game Showの司会進行・実況を担当。サッカー元日本代表前園真聖...

浦 大輔

浦 大輔

ジュニア時代、関西ジュニアゴルフ選手権 優勝など輝かしいタイトル多数獲得。2009年、独自の理論による...

矢島昇悟

矢島昇悟

歯科医師。“リラックス出来る治療”にこだわる『青山通り歯科』院長。所属学会「日本顎咬合学会」「アン...

きだてたく

きだてたく

『愛しき駄文具』『日本懐かし文房具大全』ほか著書多数。自称世界一の色物文具コレクションを誇る文房...

平川陽一郎

平川陽一郎

日本山岳ガイド協会 認定登山ガイドII、マウンテンガイド協会会長。学生時代から登山を学び、チベットや...

島村楽器

島村楽器

全国39都道府県に160店舗以上を展開する日本最大の楽器小売店。1962年にヤマハ音楽教室を開設し、日本有...

水上晴由

水上晴由

日本ペットサロン協会役員。都内でペット美容室や猫専用ホテルを経営。ペットフードの素材に対する品質...

カテゴリから探す