プロおすすめの格安スマホ端末&人気ランキング15選

料金が安いことから、格安スマホに乗り換える人が続々と増えていますが、契約の際に必要なのが、SIMフリーの端末。

格安スマホの契約を行う際に必要なのが、SIMフリーの端末。しかしその端末は、価格やスペックの違うものがたくさんあるため、どれを選んだら良いかわからないという方も多いでしょう。

そこで今回は、テクノロジジャーナリストとして活躍し、スマートフォンに関する書籍も出版されている本田雅一さんに、格安スマホのおすすめ端末を教えていただきました。

また、IPPING編集部調べによる「格安スマホのメリットと注意点」、「格安スマホの選び方」、「格安スマホの人気ランキング15選」などもまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

最終更新日:2019年4月12日
72 views
本田雅一

本田雅一 のプロフィール

オーディオ&ビジュアル評論家、ITジャーナリストとして25年以上のキャリアを持つ。東洋経済新報社、エンガジェット、AV Watch、webChronosなどの各種メディアで連載。海外取材を織り交ぜた製品レビュー、業界動向コラムなどを執筆すると共に製品開発アドバイザー、マーケティング戦略アドバイザーとしても活躍。『これからスマートフォンが起こすこと。』ほか、著書多数。近著に街外れの鮨屋が世界的名店へと羽ばたくノンフィクション小説『蒲田 初音鮨物語』がある。

この専門家の他の記事を見る

1.テクノロジジャーナリストおすすめの格安スマホ端末

それでは早速、本田雅一さんおすすめの格安スマホをご紹介します。

画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
Apple

iPhone XR

参考価格91,584円〜(税込)

2018年10月に発売された『iPhone XR』。6.1インチの全面ディスプレイで、同年9月に発売された『iPhone XS』よりも少し安い価格設定となっています。

ホームボタンを搭載しておらず、ジェスチャーによって操作。顔認証・Face IDに対応しています。

また、「A12 Bionic」という『Apple』が開発したCPUを搭載しており、作業の快適さは抜群。

消費電力も少ないため、バッテリーの持ちの良さも実現しています。

レッド、イエロー、ホワイト、コーラル、ブラック、ブルーという6色の色展開も人気の理由のひとつです。

本田雅一さんレビュー

本田雅一
格安SIMとセット販売されている端末には世代が古いiPhoneしかありません。しかし充分に高性能になってきた昨今、毎年はもちろん、2年に1度の買い替えも見送る方がいるのでは。iPhone XRは最新のマイクロプロセッサを搭載している上、iPhoneはX以降のトレンドをほぼすべて踏襲しています。
さらに、XRはXSシリーズなど新世代iPhoneの中でも、最もバッテリ持続時間が長いという長所もあります。カメラはシングルですが高画質で、カラーバリエーションも豊富です。
iPhone XRの詳細
メーカーApple
ディスプレイ6.1インチ
搭載OSiOS 12
CPUA12 Bionic
容量64GB/128GB/256GB
 メーカー希望小売価格91,584円〜(税込)
画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
Huawei

P20 Pro

参考価格価格80,400円(税込)

2018年6月発売の『Huawei P20 Pro』。1番の特徴は、世界で初めて搭載されたLeicaのトリプルカメラです。

800万画素のズームレンズ、4000万画素のカラーレンズ、2000万画素のモノクロレンズを搭載しており、まるで一眼レフカメラで撮影したような美しい写真を撮ることができます。

また、7.9mmというスリムなボディに加えて、3900mAhの大容量バッテリーも魅力的です。

カラー展開は、ブラック、トワイライト、ピンクゴールド、ミッドナイトブルーの4色です。

本田雅一さんレビュー

本田雅一
ファーウェイはアップルと同じように自社でSoC(CPUやGPUなどシステムを構成する要素を集積したLSI)を開発しており、入念に開発したカメラが圧倒的に高品質な点が魅力です。中でもP20 Proはカメラ品質と価格のバランスが良い製品です。AIカメラによる撮影は、決して写実的ではありません。しかし、幻想的で美しい写真が撮影できるのがポイント。夜景撮影など暗所に強いところも評価すべき点です。ユーザーインターフェイスも洗練され性能も充分。価格面でも上位モデルの中ではこなれていますね。
Huawei P20 Proの詳細
メーカーHuawei
ディスプレイ6.1インチ
搭載OSAndroid 8.1
CPUHUAWEI Kirin970 オクタコア 2. 4 GHz(クアッドコア)+ 1.8 GHz(クアッドコア) NPU(Neural-network Processing Unit)
容量128GB
参考価格 80,400円(税込)

2.格安スマホのメリットと注意点

まずは、格安スマホのメリットとデメリットを解説していきます。

メリット1.料金が安い

月額料金が安くなるという理由から、格安スマホに乗り換えたいと考えている人が多いと思います。

なぜ、格安スマホを扱う会社は安く大手キャリアよりも安くサービスを提供することができるのでしょうか。

大手キャリアは、自社で通信回線を持っており、基地局の整備やメンテナンス、維持費などに膨大なお金がかかっています。また、全国にたくさんの店舗を構えているため、店舗の家賃や人件費も膨大です。

それに対して格安スマホ会社は、自社で通信回線を持たず大手の回線をレンタルすることで、安い料金でサービスを提供。

実店舗が少なく、ネットでの申し込みが主流。その分店舗の家賃や人件費を削減することができるというわけです。

メリット2.プランを自由に選べる

大手キャリアに比べて、格安スマホのプランは制限が少ないのが特徴です。

例えば、かけ放題やSMSなど、個人の利用状況によって機能の有無を選択することができます。

大手キャリアでは様々な機能が全てセットプランになっていることが多いですが、格安スマホなら自分に必要なものを取捨選択することで、さらに毎月の料金を抑えることができます。

また大手キャリアでは、契約から2年以内に解約すると契約解除料が発生する場合が多いですが、格安スマホの場合、最低利用期間は6ヶ月〜1年という会社がほとんどです。

注意点1.設定の手間がかかる

大手キャリアでスマートフォンを契約した場合、店舗の窓口で様々な設定を行い、すぐに使える状態で受け取ることができます。

一方格安スマホの場合は基本的にネット申し込みが主流なため、接続情報の設定などは自分で行わなければいけません。

ただし、説明書の指示に従って操作をすればそれほど難しい作業ではないので、身構える必要はないでしょう。

どうしても心配という方は、実店舗を構える会社を選ぶのがおすすめです。

注意点2.キャリアメールが使えなくなる

これまで『docomo』『au』『SoftBank』などの大手キャリアで使用していたメールアドレスが使えなくなるため、新たにGmailなどのフリーメールアドレスを取得しなければいけません。

また、これまでのメールアドレスで連絡を取り合っていた相手に連絡をしたり、各種サービスなどで登録していたメールアドレスを変更するという手間がかかります。

注意点3.通信速度が遅い

大手キャリアの通信回線を借りている格安スマホは、時間帯や場所によって通信速度が遅くなることがあります。

スマートフォンを再起動する、場所を移動するなどで改善されることもあるようですが、通信速度に関する問題は格安SIM会社選びがカギ。

通信速度が遅くて使い物にならないということがないよう、通信速度にも着目して選んでみてください。

注意点4.通話料が高い

大手キャリアで契約をする場合、基本プランに無制限のかけ放題プランが含まれていることがほとんど。

1ヶ月のうちにある程度通話をする人なら、その方がお得ですし、通話料金を気にする心配もないので安心ですよね。

しかし格安スマホの場合は、かけ放題プランは有料オプションとなっているのが一般的。さらに「1回5分以内の通話なら何度かけても無料」など、時間制限が設けられているのが主流です。

料金を安くしようと格安スマホに乗り換えても、月々の通話時間が長い方だと逆に損をしてしまうこともあります。

まずは1ヶ月のうち、どれくらい通話をしているかを確認してみましょう。

3.格安スマホ端末の選び方

格安スマホを契約するには、スマホ端末が必要です。

現在使っているスマホ端末が壊れてしまっている、まだ使えるけど新しいものに変えたいという場合には、端末を新たに購入しなければいけません。

格安スマホを契約するには、SIM事業者で端末がセットになっているプランに申し込むか、契約するプランとは別に端末を自分で用意するという2つの方法があります。

どちらにせよ、自分に合った端末を選ぶことができるよう、選び方のポイントを見ていきましょう。

搭載OSをチェック

iPhoneには『Apple』が開発したiOS、Androidには『Google』が開発したAndroid OSと、それぞれ違うOSが搭載されています。

iPhoneのiOSは、操作がシンプルで扱いやすいのが特徴。またセキュリティも重視しており、個人情報の漏えいなどプライバシー保護にも力を入れています。

一方Andorid OSは、ホーム画面のウィジェットの配置や、画面の解像度などのカスタマイズ性が高いところが魅力。また、端末本体のデザインが豊富なところもひとつのメリットと言えるでしょう。

このほか、『マイクロソフト』が提供しているWindows Phoneや、『ブラックベリー・リミテッド』が提供している『BlackBerry OS』などもあります。

それぞれの特徴を理解し、どれが1番自分にとって使いやすいかを考えて選んでみてください。

搭載しているOSが同じでもバージョンによって操作や使える機能が異なるため、事前にしっかり確認しておくと安心です。

基本スペックをチェック

スマートフォンのスペックとして主に重要なのは、CPU・ストレージ・メモリの3つです。

CPUは、スマホの処理性能に関わるもの。CPUの数値が高いほど、処理速度が高く快適に操作することができます。

ストレージは、撮影した写真やダウンロードしたアプリなどのデータを保存しておく場所のこと。

主に「GB(ギガバイト)」で表され、この数値が大きくなるほど容量が大きくなり、多くのデータを保存しておくことができます。

大量の写真や動画を入れておきたいという方は、128GB以上の機種を選ぶことをおすすめします。

メモリは、作業領域の広さを決めるもの。こちらも「GB」で表され、数値が大きいほど同時に色々な作業をしても快適な操作が可能です。

ゲームや動画編集などをしたいという方は、4GB以上の機種を選ぶと安心です。

カメラの性能をチェック

最近はスマートフォンを使って手軽に写真を撮るという方が増えてきました。

中にはデジタルカメラにも負けない、綺麗な画質の写真や動画を撮影することができるものもあり、さらに注目されています。

ズームしても高画質で撮影できるデュアルカメラや、被写体やシーンに応じて自動設定してくれるAIカメラなど、端末によって色々な機能が搭載されています。

4.おすすめの格安SIM 5選

多くの会社がサービスを提供している格安SIM。その中でも人気の5つをご紹介します。

UQ mobile

auの子会社である『UQコミュニケーションズ株式会社』が2015年にスタートした格安SIM。

auの通信回線を使用しており、通信速度が速く安定している点が評価されています。

料金プランは、端末・無料電話・データ通信コミで、月額1,598円(税込)〜。通話が多い人にぴったりな、通話し放題のプランも用意されています。

mineo

『株式会社ケイ・オプティコム』が提供している格安SIM。2018年9月にMMD研究所によって行われている格安SIMの満足度調査でも高い評価を得ています。

業界で初めて『au』『Docomo』『SoftBank』というトリプルキャリアに対応し、そのままの端末で乗り換えることができます。

データ通信+音声通話ができるデュアルタイプの最安値は、1,414円(税込)〜。そのほかオプションで必要なものを追加することが可能です。

LINEモバイル

『LINEモバイル株式会社』が提供している『LINEモバイル』。

1番の特徴は、多くの人が利用している、LINE・Twitter・Facebook・Instagramが使い放題になるという点です。

最安の月額料金は、540円(税込)。通話などはほとんどせず、SNSメインでスマートフォンを使いたいという方にはぴったり。サブ機として契約する方も多いようです。

Y!mobile

『ソフトバンク株式会社』が提供している『Y!mobile』。もともと独自キャリアとして運営していたため、通信速度の速さと安定性に定評があります。

月額料金は、ネットと通話し放題で1,598円(税込)〜。

全国に4,000の取り扱い店舗と、1,000のワイモバイルショップがあるため、設定などに不安を感じている方でも安心です。

楽天モバイル

『楽天株式会社』が運営している格安SIMサービス。2019年10月には、第4のキャリアとして携帯電話事業に新規参入しサービスを開始します。

人気の「スーパーホーダイ」は、速度制限がかかってしまっても、最大1Mbpsで使い放題。さらに10分以内の国内通話がかけ放題で月額1,598円(税込)〜というお得なプラン。

さらに、毎月の支払いで楽天スーパーポイントを貯めることができ、それを使って携帯電話料金を支払ったり、楽天市場で買い物をしたりすることが可能です。

5.格安スマホの人気ランキング15選

レビュー評価の高い格安スマホの端末をご紹介します。今回は、5万円以下で購入できるものを集めてみました。

画像:amazon.co.jp
1位
HUAWEI

P10 lite

参考価格25,780円(税込)

中国深圳市に本社を構える通信機器メーカー『Huawei』のスマートフォン。2017年6月に発売されました。

最近は大画面のモデルが増えてきていますが、『HUAWEI P10 lite』は誰でも持ちやすいコンパクトさが魅力。片手でフリック入力ができます。

価格と性能もバランスも良く、「普通に使っていて遅いと感じることはない」と評価されていました。

カラー展開は、サファイアブルー、パールホワイト、ミッドナイトブラック、プラチナゴールドの4色。またサクラピンクというUQモバイル専用のカラーもあります。

HUAWEI P10 liteの詳細
メーカーHUAWEI
ディスプレイ5.2インチ
搭載OSAndroid 7.0 + EMUI 5.1
CPUKirin658, 16nm, 4×2.1GHz+4×1.7GHZ A53, 64-bit
容量32GB
参考価格25,780円(税込)
画像:amazon.co.jp
2位
HUAWEI

P9 LITE

参考価格20,800円(税込)

2016年6月に発売された『HUAWEI P9 LITE』。持ちやすく手になじみやすいデザインで、片手でスムーズに操作することが可能です。

また、背面に指紋センサーがついており、登録した指で触れることでスリープを解除できたり、通知パネルを表示したりできるのでとても便利です。

ただし容量が16GBとやや少ないため、写真や動画などをたくさん残しておきたいという方は、microSDカードの活用がおすすめ。

カラー展開は、ゴールド、ホワイト、ブラックの3色です。

HUAWEI P9 LITEの詳細
メーカーHUAWEI
ディスプレイ5.2インチ
搭載OSAndroid 6.0
CPUKirin 650 Chipset/8コア(2.0GHz×4、1.7GHz×4)
容量16GB
参考価格20,800円(税込)
画像:amazon.co.jp
3位
HUAWEI

P20 lite

参考価格24,798円(税込)

2018年最も売れたSIMフリースマートフォンとも言われている『HUAWEI P20 lite』。2018年の6月に発売されました。

ひとつ前に発売されている『HUAWEI P10 lite』よりもさらに高スペックでありながら、3万円代で購入できるという点が人気の理由のひとつ。

実際使っている方は、「重い動作のゲームだと止まってしまうことがあるが、普段使いには問題ない」とのことでした。

カラー展開は、クラインブルー、ミッドナイトブラック、サクラピンクの3色です。

HUAWEI P20 liteの詳細
メーカーHUAWEI
ディスプレイ5.84インチ
搭載OSAndroid 8.0 Oreo / EMUI 8.0
CPUHUAWEI Kirin 659 オクタコアCPU(4 × 2.36GHz + 4 × 1.7GHz)
容量32GB
参考価格24,798円(税込)
画像:amazon.co.jp
4位
HUAWEI

nova lite

参考価格22,800円(税込)

『HUAWEI nova lite』は、2017年2月に発売されたスマートフォン。コスパが非常に良いことが高く評価されています。

高性能なCPUで、動作が重くなってしまいがちなゲームなども思う存分楽しむことができます。また大容量のバッテリーを搭載しているため、外出先でも充電切れの心配が少なく済みます。

カラー展開は、ホワイト、ブラック、ゴールドの3色です。

HUAWEI nova liteの詳細
メーカーHUAWEI
ディスプレイ5.2インチ
搭載OSAndroid 7.0 Nougat / Emotion UI 5.0
CPUHuawei Kirin655 オクタコア(4×2.1GHz+4×1.7GHz)
容量16GB
参考価格22,800円(税込)
画像:amazon.co.jp
5位
ASUS

ZenFone Go

参考価格12,500円(税込)

台湾の台北市に本社を構える『ASUS(エイスース)』。PCやPCパーツ、スマートフォン、その他周辺機器の製造を行っているメーカーです。

『ASUS ZenFone Go』は、2016年4月に発売されたスマートフォン。

5.5インチのディスプレイ、1.4GHzの4コアCPU、2GBのメモリと高性能ながら、2万円を切る価格で発売され、今も高い人気を誇っています。

カラーは、ブラック、ホワイト、ブルーの3色。前面はどれも黒で統一されています。

ASUS ZenFone Goの詳細
メーカーASUS
ディスプレイ5.5インチ
搭載OSAndroid 5.1.1
CPUQuad-Core1.4GHz Snapdragon 400
容量16GB
参考価格12,500円(税込)
画像:amazon.co.jp
6位
ASUS

ZenFone4 MAX

参考価格19,888円(税込)

2017年12月に発売された『ASUS ZenFone4 MAX』。最大の特徴は、4,100mAhの大容量バッテリーです。

搭載されている「ASUS PowerMaster」というバッテリーは、寿命の最適化やモードの変更などを行い、バッテリーを効率的に管理します。

それによって、一般的なスマートフォンと比べると約2倍長く使用可能。最大約32時間の3G通話、101時間の音楽再生が可能となっています。

カラー展開は、ネイビーブラック、サンライトゴールド、ローズピンクの3色です。

ASUS ZenFone4 MAXの詳細
メーカーASUS
ディスプレイ5.2インチ
搭載OSAndroid 7.1.1
CPUQualcomm Snapdragon 430(オクタコアCPU/1.4GHz)
容量32GB
参考価格19,888円(税込)
画像:amazon.co.jp
8位
OPPO

R15Neo

参考価格23,990円(税込)

『OPPO』は、2003年に設立された中国広東省の電気機器メーカー。『OPPO R15Neo』は、2018年8月に発売されました。

注目すべき点は、デュアルカメラによるA.I. ポートレートモード。1300万画素と200万画素という2つのレンズを搭載しているため、背景が綺麗にぼけた写真を撮ることができます。

カメラ機能を重視したいという方におすすめのスマートフォンです。

カラー展開は、ダイヤモンドブルーとダイヤモンドピンクの2色です。

OPPO R15Neoの詳細
メーカーOPPO Japan
ディスプレイ6.2インチ
搭載OSColorOS 5.1(based on Android8.1)
CPUQualcomm SDM 450
容量64GB
参考価格23,990円(税込)
画像:amazon.co.jp
7位
Motorola

Moto G6 Plus

参考価格37,020円(税込)

『Motorola Mobility(モトローラ・モビリティ)』は、2011年に誕生した通信機器開発製造メーカー。本社はアメリカイリノイ州にあります。

5.93インチと少し大きめのサイズですが、横幅が狭いため女性でも持ちやすいと評判。背面は緩やかな曲線を描いた3Dガラスで、高級感のあるデザインです。

性能の良さにも定評があり、「Web閲覧やSNS、カメラ機能など、基本的な機能はサクサク動く」という声が上がっていました。

カラー展開は、ディープインディゴの1色です。

Motorola Moto G6 Plusの詳細
メーカーMotorola Mobility
ディスプレイ5.93インチ
搭載OSAndroid 8.0
CPUCortex-A53 8コア, 2.2 GHz
容量64GB
参考価格37,020円(税込)
画像:amazon.co.jp
9位
HUAWEI

nova lite 2

参考価格17,280円(税込)

2018年2月に発売された『HUAWEI nova lite 2』。4位でご紹介した『HUAWEI nova lite』の新しいモデルです。

縦横比18:9というディスプレイを採用。大画面ですが、縦長なので持ちやすく操作しやすいというところが魅力のひとつです。

また、搭載しているカメラはダブルレンズカメラ。スマートフォンの背面にカメラレンズが1つついており、より美しい写真を撮ることができます。

カラー展開は、ブルー、ゴールド、ブラックの3色です。

HUAWEI nova lite 2の詳細
メーカーHUAWEI
ディスプレイ約5.65インチ
搭載OSAndroidTM 8.0 Oreo/EMUI 8.0
CPUHUAWEI Kirin 659 オクタコアCPU(4 × 2.36GHz + 4 × 1.7GHz)
容量32GB
参考価格17,280円(税込)
画像:amazon.co.jp
10位
FREETEL

REI 2 Dual

参考価格19,399円(税込)

日本の携帯電話端末ブランド『FREETEL(フリーテル)』から、2018年2月に発売されたのが『FREETEL REI 2 Dual』です。

シンプルな外観デザインに加え、操作のしやすさ、カメラ性能が評判の一台。

特に、1,300万画素のモノクロームセンサーと1,300万画素のカラーセンサーを備えたデュアルカメラは、「何もしなくても自然に綺麗な写真を撮影することができる」と評価されています。

カラー展開は、ブラック、ブルー、ホワイトの3色です。

FREETEL REI 2 Dualの詳細
メーカーFREETEL
ディスプレイ5.5インチ
搭載OSAndroid 7.1.1 Nougat
CPUQualcomm Snapdragon625
容量64GB
参考価格19,399円(税込)
画像:amazon.co.jp
11位
Ulefone

S9 Pro

参考価格11,999円(税込)

2018年7月に発売された『Ulefone S9 Pro』。製造・販売を行なっているのは、中国の『Ulefone』というメーカーです。

何と言っても1番の魅力は、その価格。指紋認証や顔認証、デュアルカメラなど、十分な機能を備えていながら1万円台で購入することができます。

カラー展開は、ブラック、ブルー、ゴールドの3色です。

Ulefone S9 Proの詳細
メーカーULEFONE
ディスプレイ5.5インチ
搭載OSAndroid 8.1
CPUMediaTek MT6739 1.3GHz クアッドコア
容量16GB
参考価格11,999円(税込)
画像:amazon.co.jp
12位
Elephone

U Pro

参考価格38,999円(税込)

2018年2月発売の『Elephone U Pro』。

約6インチのディスプレイを採用していますが、画面の施入率が非常に高く、スマートフォン自体のサイズは、5.5インチのモデルと同じくらいの大きさとなっています。

また、スマホにコネクタを接続することなく充電することができる『Qi』に対応している点も、魅力のひとつでしょう。

カラー展開は、ブラック、ブルー、レッド、グレーの4色です。

Elephone U Proの詳細
メーカーElephone
ディスプレイ5.99インチ
搭載OSAndroid 8.0
CPUQualcomm Snapdragon 660
容量128GB
参考価格38,999円(税込)
画像:amazon.co.jp
13位
Motorola

Moto Z2 Play

参考価格45,200円(税込)

2017年6月に発売された『Motorola Moto Z2 Play』。先代の『Motorola Moto Z Play』と比較すると、軽量化されているのが特徴です。

ディスプレイには、スリープ中、画面に手を近づけるだけで時間や通知が表示される「Moto Display」を搭載。消費電力を抑えながら、必要な情報を手軽に確認することができます。

またディスプレイ下部に搭載されている指紋センサーは、非常に感度が高く、サッと触れるだけで認証が可能です。

カラー展開は、ファインゴールド、ルナグレー、ニンバスの3色です。

Motorola Moto Z2 Playの詳細
メーカーMotorola Mobility
ディスプレイ5.5インチ
搭載OSAndroid 7.1.1
CPUQualcomm Snapdragon 626 (MSM8953 Pro)
容量64GB
参考価格45,200円(税込)
画像:amazon.co.jp
14位
テスプロ株式会社

Mayumi  U1

参考価格32,184円(税込)

2018年12月に発売された比較的新しい『Mayumi world smart phone U1』。クラウドファンディングによって支援者を募集し、発売に至りました。

世界36バンドに対応しており、海外でも現地のネットワークに接続できるという特徴があります。

さらに、SIMカードスロットを2つ備えているため、同時に2枚のSIMカードを利用できるという点も嬉しいポイントです。

カラー展開は、カーボンファイバー、トワイライトカラーの2色です。

Mayumi  U1の詳細
メーカーテスプロ株式会社
ディスプレイ5.9インチ
搭載OSAndroid 8.1
CPUHelio P23 (4×2.0GHz+4×1.5GHz)
容量64GB
参考価格32,184円(税込)
画像:amazon.co.jp
15位
ASUS

ZenFone Live

参考価格16,670円(税込)

2017年7月発売の『ASUS ZenFone Live』。片手にすっぽりと収まるコンパクトなボディで、女性の方に人気があるようです。

また、前面カメラにはライブ配信などに最適な「美人エフェクトLive」を搭載。

肌の色味やキメを補正するだけでなく、周囲の雑音などを除去して音声をしっかり拾ってくれるため、ライブ配信にぴったりです。

カラー展開は、シャンパンゴールド、ローズピンク、ネイビーブラックの3色です。

ASUS ZenFone Liveの詳細
メーカーASUS
ディスプレイ5.5インチ
搭載OSAndroid 8.0
CPUQualcomm Snapdragon 430 (オクタコアCPU/1.4GHz)
容量32GB
参考価格16,670円(税込)

格安スマホの売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、格安スマホの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonの格安スマホ売れ筋ランキング楽天の格安スマホ売れ筋ランキングYahoo!ショッピングの格安スマホ売れ筋ランキング

本田雅一の人気記事

本田雅一の新着記事

清水理恵

清水理恵

米国NLPプロフェッショナルコーチ、メンタルコーチ。「好きな物を食べて運動なしで痩せる」ダイエット専...

大津たまみ

大津たまみ

年間200本以上の講演の他、TV・ラジオなど様々なメディアで活躍中の清掃業界のカリスマ。『大津たまみ公...

下倉樹

下倉樹

調味料エバンジェリスト(伝道師)。「ホンライあるべき調味料を、自分のモノサシで選べるようになるた...

中村 飛鳥

中村 飛鳥

表参道の人気美容室『hair salon Gallica(ガリカ)』オーナー。関東4000サロンで4店のみ与えられる『HO...

島本優

島本優

プロカメラマン。AKBなどの人気アイドルや女優など数多くのポートレート撮影を行う。SONY PRO SUPPORT会...

ベアーズ島田キャンプ

ベアーズ島田キャンプ

ヒロシ率いるソロキャンプ仲間『焚き火会』の一員。TV番組やCMでも活躍中の野外料理研究家。YouTube『ベ...

きだてたく

きだてたく

『愛しき駄文具』『日本懐かし文房具大全』ほか著書多数。自称世界一の色物文具コレクションを誇る文房...

友田晶子

友田晶子

トータル飲料コンサルタント。(社)日本ソムリエ協会認定「シニア・ソムリエ」、NPO法人FBO認定日本酒...

村上淳子

村上淳子

海外スターや現地でのロケ取材多数。20年以上に渡り、海外ドラマ&映画について魅力を伝え続けている。...

本田雅一

本田雅一

オーディオ&ビジュアル評論家、ITジャーナリストとして25年以上のキャリアを持つ。東洋経済新報社、エ...

岸大河

岸大河

eスポーツの世界で、FPSなどを中心に複数のタイトルで国内大会を制覇。アジア大会でも優勝経験あり。元...

門馬フォビオ

門馬フォビオ

「魅せるPC」を造り上げる世界的MODアーティスト。自作PCの本格工房『Moma Garaga』の代表として、ゲー...

疋田智

疋田智

「自転車ツーキニスト」の名付け親。NPO法人自転車活用推進研究会理事。TBSラジオ「ミラクル・サイクル...

藤原千秋

藤原千秋

『マツコの知らない世界』に「1000種類の掃除グッズを試した主婦」として出演した住まい・暮らしのアド...

佐々木 英雄

佐々木 英雄

2013 年、株式会社しるべを設立。大学生を主な対象に、即戦力人財育成のための教育事業を無償で提供。

高橋 良輔

高橋 良輔

ボクシング東洋太平洋第12代クルーザー級(〜90kg)チャンピオン

2006年、日本人2人目となる東洋太平洋クルーザー級王座を獲得...

コラムニスト・ ひかり

コラムニスト・ ひかり

All Aboutや夕刊フジなど様々なメディアで活躍するコラムニスト、フリー記者。アメブロの公式トップブロ...

瀬川陣市

瀬川陣市

全国商工会議所や、SONY・サントリーなど有名企業での講演、メディア出演など多数の実績を持つフォトグ...

浅井貴子

浅井貴子

フリー助産師&アロマセラピスト。All About母乳、新生児育児ガイド・たまごクラブなど各メディアでも活...

柳谷智宣

柳谷智宣

キャリア20年目のITライター。2017年Microsoftの「Windows Insider Meetup in Japan 2」に登壇。TV出演...

カテゴリから探す