タープおすすめ!プロの逸品&人気ランキング10選

日差しや風、雨などを防いでくれるタープは、アウトドアには欠かせないアイテムです。

ひと口にタープといっても、その形や種類は様々。アウトドア初心者の方の中には、どれを選んだら良いかわからないという方も多いでしょう。

そこで今回は、バーベキューインストラクター、フードコーディネーターなどの資格を持ち、昨年より
多くのキャンプイベントにも出演されている、ベアーズ島⽥キャンプさんにおすすめのタープを教えていただきました。

そのほか、IPPING編集部調べによるタープの選び方や、口コミ人気ランキング10選などもご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

最終更新日:2019年6月8日
123 views
ベアーズ島田キャンプ

ベアーズ島田キャンプ のプロフィール

ヒロシ率いるソロキャンプ仲間『焚き火会』の一員。TV番組やCMでも活躍中の野外料理研究家。YouTube『ベアーズ島田キャンプチャンネル』は登録者数1万⼈。キャンプ雑誌『ガルヴィ』WEB『マウンテンシティ』にて連載中。秋ごろにキャンプ料理本を出版予定。所属事務所『有限会社ヒロシ・コーポレーション

この専門家の他の記事を見る

1.プロおすすめのタープ

早速、ベアーズ島田キャンプさんおすすめのタープを2つご紹介します。

画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
DDHammocksJapan

DD Tarp 4×4

参考価格12,000円(税込)

タープのほか、ハンモックやテントなどのキャンプ用品を販売している『DDHammocksJapan』のタープです。

4m×4mと大きい正方形で、使い勝手が良いところが特徴。ファミリーで使うのにも十分な大きさです。

耐水性は3,000mmのコーティングが施されているため、急な雨でも安心して使うことができます。

カラーバリエーションは、オリーブブラウン、コヨーテブラウンの2色です。

ベアーズ島田キャンプさんレビュー

ベアーズ島田キャンプ
大雨が降ってもかなりのスペースを確保できるので、野遊びがしやすくなります。テントのように張ることもできるので、秘密基地のようなワクワク感を楽しめるのが良いですね。色々な形で使えるので使い勝手が良く、使用頻度も高いです。

ベアーズ島田キャンプさんのYouTube動画の中でも、プロおすすめアイテム『DD Tarp 4×4』が使用されています。

DD Tarp 4×4の詳細
メーカーDDHammocksJapan
サイズ組立時:4m×4m
収納時:記載なし
本体重量1,290g
画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
DDHammocksJapan

DD SuperLight Tarp

参考価格16,300円(税込)

同じく『DDHammocksJapan』の超軽量タープです。

わずか460gという重量に加え、収納サイズは19cm×11cm×8cmととてもコンパクト。リュックの中に入れてもそれほど場所をとりません。

雨や日差しよけのタープとしてはもちろん、ハンモックのフライや簡易テントとしても活躍します。

カラーバリエーションは、オリーブグリーン、イエロー、コヨーテブラウン、オレンジの4色です。

ベアーズ島田キャンプさんレビュー

ベアーズ島田キャンプ
こちらは『DD Tarp 4×4』とは違って使用用途は少ないですが、雨よけにはぴったりのタープです。年明けに沖縄の無人島に行った際には、荷物を小さくしたかったのでこれを持って行きました。コンパクトな上にとても軽いので、持ち運びに便利です。
DD SuperLight Tarpの詳細
メーカーDDHammocksJapan
サイズ組立時:3m×2.9m
収納時:19cm×11cm×8cm
本体重量460g

2.タープの選び方

タープを選ぶ際に、チェックしておきたいポイントをご紹介します。

形状

まずはタープの形状です。タープは主に4つの種類に分けられます。

スクエアタープ

画像:amazon.co.jp

その名の通り、四角形のタープのことです。

空間を広く取ることができるため、大人数でのグループキャンプにも便利。解放感があり快適に過ごすことができます。

中にはテントと連結できるものや、色々な張り方ができるものもあり、使い勝手が良いのが特徴。特にキャンプ上級者の方なら、様々な場面で活躍させることができそうです。

しかし、ほかのタイプに比べると設営に少し手間がかかるので、慣れるまでは手間取ってしまうこともあるかもしれません。

ヘキサタープ

画像:amazon.co.jp

六角形の形のタープのこと。タープの種類の中で、最もポピュラーな形です。

ひとりでも簡単に設営することができるので、ソロキャンパーにも人気。サイズも豊富なので、使う場所や気候などに合わせて選ぶことができます。

ウイングタープ

画像:amazon.co.jp

ヘキサタープと似ていますが、形がひし型なのがウイングタープの特徴です。

軽量で持ち運びしやすく、使いたい時に簡単に設営することができるため、キャンプはもちろん、ツーリングやバーベキューなどのアウトドアで使う方も多いようです。

ポールとロープを使ってフォルムを変えられるのも、ウイングタープの魅力。

ひし形なので雨や日差しを避けられる面積は少ないですが、使いたい形にアレンジして使うことができます。

スクリーンタープ

画像:amazon.co.jp

最もテントの形に近いのが、スクリーンタイプのタープ。

先にご紹介した3つとは少しタイプが違い、屋根のほかに壁となる部分があるため、空間をしっかり囲うことができます。

ポールやパイプを使って立てるので設営には少し手間がかかりますが、初心者の方でもそれほど難しくはありません。

夏場には蚊帳としても活躍してくれます。

サイズ

タープのサイズは、使う人数で選ぶようにしましょう。

1人〜3人なら、3m×3m程度の大きさがおすすめ。コンパクトに収納できるため、持ち運びにも便利です。

3人〜5人なら、4m×5mくらいのサイズだと安心です。タープの下にテーブルを置いて食事を楽しんだり、くつろいだりするのに十分な大きさです。

タープの下で食事をするのか、昼寝をするのか、など何をしたいかによっても必要なサイズは変わってくるので、実際使うシーンを思い浮かべて選ぶと良いですね。

耐水圧・遮光性

雨除けや日除けとしてタープを使いたいのであれば、耐水圧と遮光性はチェックしておくと安心です。

耐水圧とは、どれくらいの水圧に耐えられるかを表した数字。製品のスペックに「◯◯mm」と記載されています。

この数値が1,000mm〜3,000mmくらいであれば、多少雨が降ってきても浸水してしまうという心配はありません。

また遮光性は、タープ自体の色と厚みによって変わります。

タープの色が濃いほど光を吸収するため、遮光性が高く、色が薄いものほど低くなります。

厚みについても、分厚い方が遮光性が高くなるため、遮光性の高さを求めるのであれば、コットン素材のタープがおすすめです。

3.タープ口コミ人気ランキング10選

画像:amazon.co.jp
1位
FIELDOOR

タープテント(スチール)

参考価格10,100円(税込)

タープテントを中心に、キャンプやバーベキュー用品などを幅広く取り扱う『FIELDOOR(フィールドア)』。中でも人気があるのがこちらのタープです。

フレームにはスチールを使っているため、強度が高く、安定性もばっちり。少し風が強い日などでも、安全に使うことができます。

また、耐水圧は2,000mm以上あるため、雨漏れの心配もありません。

カラーバリエーションは全13色。好みに合わせて選ぶことができます。

タープテント(スチール)の詳細
メーカーFIELDOOR
サイズ組立時 : 約3.0m×3.0m×1.76m/2.48m/2.56m
収納時 : 約22cm×22cm×114cm
本体重量約14kg
画像:amazon.co.jp
2位
BUNDOK

ミニヘキサゴンタープ

BDK-25
参考価格4,854円(税込)

『BUNDOK(バンドック)』のヘキサゴンタープ。3人〜4人で使うのにぴったりのサイズです。

設営は、側面ポールを2本立てて、ロープで天幕の角度を調整するだけ。ロープの張り方によって、形を変えることができます。

また、別売りのアジャスターポールを使えば、さらに色々な形に変化させることができるめ、使用用途が広がります。

カラーバリエーションは、ダークグリーン×マイルドベージュ、デニムの2色です。

ミニヘキサゴンタープ BDK-25の詳細
メーカーBUNDOK
サイズ組立時:4.2m×3.2m
収納時:約73cm×11cm×11cm
本体重量約2.2kg
画像:amazon.co.jp
3位
Unigear

防水タープ Mサイズ

参考価格2,899円(税込)

キャンプ用品を販売している『Unigear(ユニジア)』の防水タープです。

耐水圧は3,000mm以上あるため雨に強いことはもちろん、生地の裏側に施されたシルバーコーティングで紫外線もしっかりカットしてくれます。

軽量でコンパクトなので、アウトドア初心者の方や女性だけのお出かけでも安心。

キャンプやバーベキューはもちろん、運動会やピクニックなど様々なシーンで活躍しそうです。

防水タープ Mサイズの詳細
メーカーUnigear
サイズ組立時:3.0m×3.0m
収納時:記載なし
本体重量記載なし
画像:amazon.co.jp
4位
FLYFLYGO

多機能タープ

参考価格3,699円(税込)

『FLYFLYGO(フライフライゴー)』は、スポーツやアウトドア製品を取り扱うメーカーです。

素材には防水ポリエステルが使われているため雨に強いのが特徴。しっかり縫製がされているので、縫い目から雨が漏れてしまうこともなく、快適に過ごすことができます。

またタープの裏側は銀色のシートが貼られた二重構造になっており、夏の暑い日でも熱や日差しからしっかり守ってくれます。

カラーバリエーションは、カーキ、グリーン、オレンジの3色です。

多機能タープの詳細
メーカーFLYFLYGO
サイズ組立時:3.0m×3.0m
収納時:記載なし
本体重量記載なし
画像:amazon.co.jp
5位
Coleman

インスタントバイザーシェード/M

参考価格10,604円(税込)

『Coleman(コールマン)』は、キャンプ用品を製造・販売しているアメリカのメーカー。1,900年頃に創業した老舗の会社です。

こちらのタープは、バーベキューなどのデイイベントにおすすめ。風に強く、雨や日差しが入りにくいのが特徴です。

サイズは2.7m×2.7mで十分な広さを確保できますが、とてもコンパクトに収納することができます。

収納ケースには持ち手が付いていて、持ち運びしやすいところもポイントですね。

インスタントバイザーシェード/Mの詳細
メーカーColeman
サイズ組立時:2.7m×2.7m
収納時:約18×118cm
本体重量約13kg
画像:amazon.co.jp
6位
Linkax

防水タープ

参考価格2,180円(税込)

3m×3mという使いやすいサイズで、リーズナブルな価格が評価されているこちらのタープ。

重量も600gと軽いので、ちょっとしたお出かけにも最適です。

テントのように張ったり、ボックス型のシェルターのように張ったり、これひとつで9タイプの使い方ができます。

カラーバリエーションは、ブルー、イエロー、グリーン、ダークグリーンの4色です。

防水タープの詳細
メーカーLinkax
サイズ組立時:3.0m×3.0m
収納時:44cm×14cm×3cm
本体重量600g
画像:amazon.co.jp
7位
UST

ヘクサタープ

参考価格5,209円(税込)

『UST(アルティメイトサバイバルテクノロジー) 』というメーカーが販売しているヘクサタープ。

スチールペグ8本と6本のガイラインを使って、簡単に設営することができます。

サイズは小ぶりなので、ソロキャンプなどでちょっと日陰が欲しいという時にぴったりのタープです。

レビューでは、「生地が厚くしっかりしているので、しっかり遮熱できる」と評価されていました。

ヘクサタープの詳細
メーカーUST
サイズ組立時:2.74m×2.74m×1.04m
収納時:25.4cm×10.2cm×10.2cm
本体重量680g
画像:amazon.co.jp
8位
YAMAZEN

UVヘキサゴンタープ

RXG-2UV(BE)
参考価格8,333円(税込)

『YAMAZEN』は、インテリア家具、家電品、アウトドア・レジャー用品など、幅広い製品を製造・販売しているメーカーです。

こちらのタープは、4.4m×4.25m×2.3mと大きなサイズなので、ファミリーキャンプでも大活躍。

マルチフックが付いているため、夜はランタンなどを掛けて使うことができます。

カラーバリエーションは、ネオベージュ、クラシックベージュの2色です。

UVヘキサゴンタープ RXG-2UV(BE)の詳細
メーカーYAMAZEN
サイズ組立時:4.4m×4.25m×2.3m
収納時:67cm×14.5cm×14cm
本体重量3.71kg
画像:amazon.co.jp
9位
Sutekus

タープ

参考価格2,680円(税込)

中国メーカーの『Sutekus』が販売しているタープです。

銀コーティング加工をした素材を使っているため日除けとして使えることはもちろん、耐水圧も3,000mmあるので、雨避けとしても十分活躍してくれます。

また、スクエア型なので地面に敷いてレジャーシート代わりとしても使うことができます。

カラーバリエーションは、ネイビー、オレンジ、カーキの3色です。

タープの詳細
メーカーSutekus
サイズ組立時:3.8m×2.9m
収納時:記載なし
本体重量約1.7kg
画像:amazon.co.jp
10位
CAPTAIN STAG

プレーナヘキサタープセット

M-3155
参考価格16,200円(税込)

言わずと知れたアウトドアブランド『CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)』のタープです。4人〜6人で使えるスタンダードなサイズで、設営も簡単。

6つの隅にはそれぞれループベルトと三角布が付いており、テンションをバランスよくかけながら綺麗なシルエットで張ることができます。

また、別売りのポールを使ってさらに広いスペースを確保することも可能。

レビューでは、「丈夫なので長く使うことができそう」という声が上がっています。

プレーナヘキサタープセット M-3155の詳細
メーカーCAPTAIN STAG
サイズ組立時:約4.9m×4.2m
収納時:約70cm×14cm×14cm
本体重量約3kg

タープの売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、タープの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonのタープ売れ筋ランキング楽天のタープ売れ筋ランキングYahoo!ショッピングのタープ売れ筋ランキング

ベアーズ島田キャンプの人気記事

ベアーズ島田キャンプの新着記事

友田晶子

友田晶子

トータル飲料コンサルタント。(社)日本ソムリエ協会認定「シニア・ソムリエ」、NPO法人FBO認定日本酒...

小早川 渉

小早川 渉

パーソナルトレーナー、パワーリフター。パワーリフティング全日本選手権11度優勝。トップレベルの現役...

田邉竜彦

田邉竜彦

英語教師。月間35万人に読まれる英語学習メディア『トイグル』を運営。TOEIC対策特化型スクール『トイク...

鴻池賢三

鴻池賢三

オーディオ&ビジュアル評論家、日本で唯一のTHX/ISF認定ホームシアターデザイナー。日本オーディオ協...

大菅力

大菅力

リノベーションやDIY、建築や住宅などについて幅広い知識を持つ。『リノベーションジャーナル』編集長。...

ベアーズ島田キャンプ

ベアーズ島田キャンプ

ヒロシ率いるソロキャンプ仲間『焚き火会』の一員。TV番組やCMでも活躍中の野外料理研究家。YouTube『ベ...

浦 大輔

浦 大輔

ジュニア時代、関西ジュニアゴルフ選手権 優勝など輝かしいタイトル多数獲得。2009年、独自の理論による...

近藤淳子

近藤淳子

JSAサケ・エキスパート認定講師。元TBS系列北陸放送、ホリプロアナウンス室所属のフリーアナウンサー。...

伊藤美佳代

伊藤美佳代

整理収納・照明アドバイザーとしてセミナーやメディアを通じて情報を発信中。著書『スッキリ心地よく暮...

矢島昇悟

矢島昇悟

歯科医師。“リラックス出来る治療”にこだわる『青山通り歯科』院長。所属学会「日本顎咬合学会」「アン...

佐々木 英雄

佐々木 英雄

2013 年、株式会社しるべを設立。大学生を主な対象に、即戦力人財育成のための教育事業を無償で提供。

七尾亜紀子

七尾亜紀子

TV番組「ヒルナンデス!」に出演するなどメディアで活躍中の整理収納アドバイザー。「忙しいママのため...

富江弘幸

富江弘幸

日本ビアジャーナリスト協会所属、ビアジャーナリストアカデミー講師。『ビール王国』『日本のクラフト...

吉﨑智宏

吉﨑智宏

eスポーツキャスター。2015年よりTokyo Game Showの司会進行・実況を担当。サッカー元日本代表前園真聖...

浅井貴子

浅井貴子

フリー助産師&アロマセラピスト。All About母乳、新生児育児ガイド・たまごクラブなど各メディアでも活...

岸大河

岸大河

eスポーツの世界で、FPSなどを中心に複数のタイトルで国内大会を制覇。アジア大会でも優勝経験あり。元...

倉島英昭

倉島英昭

ウイスキー文化研究所4代目マスターオブウイスキー。同認定ウイスキーレクチャラー。雑誌ウイスキーガロ...

島村楽器

島村楽器

全国38都道府県に160店舗以上を展開する日本最大の楽器小売店。1962年にヤマハ音楽教室を開設し、日本有...

大津たまみ

大津たまみ

年間200本以上の講演の他、TV・ラジオなど様々なメディアで活躍中の清掃業界のカリスマ。『大津たまみ公...

清水なほみ

清水なほみ

女性医療ネットワーク理事・NPO法人ティーンズサポート理事長。日本産婦人科学会専門医で、現在は『ポー...

カテゴリから探す