色鉛筆おすすめ!プロの逸品&人気ランキング10選

誰しも子供の頃に色鉛筆を使って絵を描いたことがあるでしょう。

最近では子供だけでなく、大人が絵手紙やスケッチ、イラストなどに使うケースが増えています。

絵の具と違って多くの道具を必要としないで手軽に色を塗れること、最近の大人の塗り絵ブームなどもあり、色鉛筆の人気が高まっています。 

それに伴って色々なメーカーから膨大な数の色鉛筆が販売されています。

しかも色鉛筆には水性のものと油性のものがあり、選択肢も非常に多いことから、きっとどれを選べば良いのかが分からなくなってしまうはずです。

そこで今回は色鉛筆の中でも油性のものについてご説明させていただきます。

今回は、文房具のプロ『きだてたく』さんにおすすめの色鉛筆についてお聞きしました。『きだてたく』さんは、文房具トークユニット『ブングジャム』のメンバーであり、トークライブや雑誌、書籍などを通じて文房具の面白さを発信していらっしゃいます。

プロがおすすめくださる色鉛筆はどんなものなのでしょうか。

あわせてIPPING編集チーム調べによる、口コミレビューで評価の高い人気色鉛筆もご紹介していますので、きっとお気に入りの色鉛筆が見つかるはずです。

最終更新日:2019年7月10日
1,793 views
きだてたく

きだてたく のプロフィール

『愛しき駄文具』『日本懐かし文房具大全』ほか著書多数。自称世界一の色物文具コレクションを誇る文房具ライター。色物文具専門サイト『イロブン』を運営。

この専門家の他の記事を見る

1.文房具のプロがおすすめする色鉛筆

きだてたくさんがおすすめくださった色鉛筆は、風景画を描くのにぴったりのものでした。

画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
トンボ鉛筆

色辞典36色セレクトセット

メーカー希望小売価格4,968円

自然の風景にある色を色鉛筆で再現した、『色辞典』の中でも使いやすい既存の26色に、新色10色が加わった、全36色の色鉛筆です。

色の組み合わせは、グラデーションの作りやすい色と混色では作りにくい色が選ばれているため、多彩な表現にも対応できます。

また色鉛筆の基本となるテクニックや混色についての分かりやすい解説が書かれたミニ活用辞典、ミニ削り器なども付属しています。

初めて色鉛筆を使う人にとって取り組みやすく、充実したセットです。

『きだてたく』さんレビュー

きだてたく
単純な赤や青などじゃなく、自然の中にある色が揃っているので、スケッチなどが自然な色合いに仕上がります。

自然にある色を使うと絵手紙でも子供っぽくならず、雰囲気のある大人っぽいものに仕上がります。

それにスケッチや大人の塗り絵に初めて挑戦する人でも、この色鉛筆ならカッコ良く仕上がるはずですよ。

トンボ鉛筆 色辞典36色セレクトセットの詳細
メーカートンボ鉛筆
色数36色
メーカー希望小売価格4,968円
1本あたりの値段138円

2.色鉛筆の特徴

色鉛筆には水性のものと油性のものがあり、「色鉛筆」と呼ばれるものはほとんどが油性の色鉛筆を指しています。

油性色鉛筆は、材料にワックスを使用して作られています。

一般的に水性色鉛筆よりも芯が硬く、書き心地も硬く感じるものがほとんどですが、メーカーによっては柔らかな芯のものもあります。

硬い芯は線をはっきりと描くことができる以外に、細かなところも塗ることができますが、発色はどうしても柔らかい芯より劣ってしまいます。

一方、柔らかい芯のものは線をはっきりと描くのは不得意ですが、色を塗りたい場合には発色の良さと色の伸びやすさで使いやすいのが特徴です。

3.初めての色鉛筆は何本セットが良い?

画像:amazon.co.jp

初めて色鉛筆を購入する際、何本セットのものを購入するか悩んでしまうでしょう。

色鉛筆には色々な本数のセットがあり、12本のものから72本、もっと多いものまであります。

多ければ多いほど色々な色に対応できるので使いやすいはずだと考えて、72本やもっと多いものを選ばれるかもしれません。

しかし初めて色鉛筆を購入するのであれば、36色セットがあれば十分色々なものを描くことができます。

むしろ36色セットでも使い切れないものが出てくる可能性さえあります。

色鉛筆初心者の方はまず最初に36色セットを購入し、どうしても足らない色が出てきたときに買い足していく方が良いでしょう。

『きだてたく』さんコメント

きだてたく
色鉛筆で何かを描くのに慣れていない人は、例えば葉っぱは緑で描くものと決めつけてしまい、実際の色とは違っても緑だけを使ってしまう傾向があります。

そのため多くの色が揃っていても使うことができません。

12色では物足りなく感じるでしょうし、36色揃っていれば足らないと感じることはないと思いますよ。

4.買い足しできるものを選ぶと便利

色鉛筆は長く使っている間にどうしても頻繁に使う色やあまり使わない色が出てきます。

頻繁に使う色鉛筆はどんどん短くなっていくので、買い足しをしなければなりません。

またセット以外に欲しい色が出てくる場合もあるでしょう。

もし購入したセットに単色売りのものがない場合は、違うメーカーや違うブランドで単色売りされている色鉛筆を購入することになってしまいます。

しかしメーカーやブランドが異なると発色具合や芯の硬さが異なるため、残っている他の色鉛筆と合わなくなるケースもあります。

これらがもし気になるようなら、初めから単色売りをしているブランドの色鉛筆を購入した方が良いでしょう。

5.【動画】色鉛筆画 ミランダ・カー 完成までの一部始終 動画 早送り

色鉛筆だけでミランダ・カーを描いている動画です。

色鉛筆だけでここまで描くことができること、そして色鉛筆の表現力の豊かさにきっと驚かれるでしょう。

6.レビュー評価の高い色数別人気色鉛筆10選

ここからは、IPPING編集部調べによる、レビュー評価で人気の高い色鉛筆を色数別にご紹介しましょう。

12色セット

画像:amazon.co.jp
トンボ鉛筆

缶入り色鉛筆 NQ 12色セット

メーカー希望小売価格864円(税込)

70年代に発売され、パッケージデザインも当時のままの黄色い缶で販売され続けているロングセラー色鉛筆です。

発色が良く、硬めの芯ではあるものの滑らかな描き心地があり、重ね塗りをした時にも下色が失われない定着性の良さがロングセラーの秘訣でしょう。

12色セットはオーソドックスな色が揃えられており、入門用としても重宝するはずです。

また単色販売もあるため、足らない色を追加購入することも可能で、色鉛筆を揃える際のベースとなるセットとしても活用できます。

子供から大人までどんな年代の人でも満足できる信頼の色鉛筆です。

缶入り色鉛筆 NQ 12色セットの詳細
メーカートンボ鉛筆
色数12色
メーカー希望小売価格864円(税込)
1本あたりの値段72円
画像:amazon.co.jp
サクラクレパス

クーピー色鉛筆12色

メーカー希望小売価格864円(税込)

クレヨンのような滑らかな描き心地と、パステルの発色の良さを兼ね備えたポリマー芯を採用した色鉛筆です。

ポリマー芯は強度があり折れにくいながらも描き心地は柔らかいために、力を入れなくてもしっかり発色してくれます。

また消しゴムでも消しやすく、修正が多くなってしまう初心者でも使いやすいのが特徴です。

単色売りも用意されているため、自分の好みや使う色の傾向に合わせて買い足していくことができます。

贈り物としても喜ばれる色鉛筆です。

クーピー色鉛筆12色の詳細
メーカーサクラクレパス
色数12色
メーカー希望小売価格864円(税込)
1本あたりの値段72円
画像:amazon.co.jp
レイメイ藤井

先生オススメ!! 色鉛筆 12色

メーカー希望小売価格756円(税込)

小学校の現場を理解している先生と、共同開発して作られた色鉛筆です。

誰のものか分かるようケースや色鉛筆一本一本にまで名前を書くスペースが設けられており、失くしてしまうことが少なくなっています。

またケースごと床に落としても大きな音がせず、しかもケースのフタが開いて中身が飛び出さないよう留め具付きのプラスチックケースが採用されています。

オーソドックスな12色がセットされているため、子供だけでなくスケッチなどを楽しむ大人でも十分活用できる色鉛筆セットです。

先生オススメ!! 色鉛筆 12色の詳細
メーカーレイメイ藤井
色数12色
メーカー希望小売価格756円(税込)
1本あたりの値段63円

24色セット

画像:amazon.co.jp
トンボ鉛筆

缶入り色鉛筆 NQ 24色セット

メーカー希望小売価格1,728円(税込)

発売から50年近く販売され続けているロングセラー色鉛筆の24色セットです。

硬めの芯ながら滑らかな描き心地と発色の良さがあり、紙への定着性の高さが重ね塗りのしやすさにもつながっています。

収納性の高い缶ケースはPUSHボタンを押せば開けられ、色鉛筆の取り出しも簡単です。

24色セットは子供から大人まで使いやすく、色が足らない場合には単色売りを利用することもできます。

コストパフォーマンスの良さや、子供の弱い筆圧でもしっかり発色する発色性の良さなど、評価の高いコメントが目立つ色鉛筆です。

缶入り色鉛筆 NQ 24色セットの詳細
メーカートンボ鉛筆
色数24色
メーカー希望小売価格1,728円(税込)
1本あたりの値段72円

36色セット

画像:amazon.co.jp
トンボ鉛筆

缶入り色鉛筆 NQ 36色セット

メーカー希望小売価格2,592円(税込)

70年代の発売からロングセラーを続けている色鉛筆の36色セットです。

日本を代表するロングセラーであり続ける理由は、滑らかな描き心地と発色の良さ、紙への定着性の高さによる重ね塗りのしやすさです。

丸軸の色鉛筆ならではの優しい手触りが、子供から大人まで使いやすく感じさせてくれます。

36色のセット数は色鉛筆の初心者が使いやすく、この色数あればスケッチなどでもまず困ることはないでしょう。

「大人が塗り絵を始めるのに最適なセット!」との声も多い、コストパフォーマンスの高い色鉛筆です。

缶入り色鉛筆 NQ 36色セットの詳細
メーカートンボ鉛筆
色数36色
メーカー希望小売価格2,592円(税込)
1本あたりの値段72円
画像:amazon.co.jp
ファーバーカステル

油性色鉛筆 平缶 36色セット

参考価格1,209円(税込)

色鉛筆メーカーの中でも有名な『ファイバーカステル』の色鉛筆です。

この商品は『ファイバーカステル』の中でもコストパフォーマンスの高いモデルですが、描き心地の滑らかさは上位モデルと変わりません。

しかも折れにくい芯と発色の良さ、重ね塗りの際の混ざり具合に対しても高く評価されています。

レトロな赤い缶デザインはオシャレで、大人が持っていても違和感を感じさせません。

デザインだけでなく品質も高い、価格以上の価値のある色鉛筆です。

油性色鉛筆 平缶 36色セットの詳細
メーカーファーバーカステル
色数36色
参考価格1,209円(税込)
1本あたりの値段33.5円
画像:amazon.co.jp
三菱鉛筆

鉛筆ワイド 880 36色

メーカー希望小売価格2,592円(税込)

鉛筆の老舗である『三菱鉛筆』の36色がセットされたスタンダードな色鉛筆です。

非常に滑らかな描き心地が特徴的で色合いも優しく、発色も優れているため、初めて色鉛筆を使う子供から大人まで使いやすくなっています。

しかも色鉛筆にありがちな芯の折れやすさもなく、長く使えるとの声も多く見受けられます。

まさに日本の色鉛筆のスタンダードといえる品質を備えた一品です。

鉛筆ワイド 880 36色の詳細
メーカー三菱鉛筆
色数36色
メーカー希望小売価格2,592円(税込)
1本あたりの値段72円

60色セット

画像:amazon.co.jp
サクラクレパス

クーピーペンシル60色

メーカー希望小売価格5,400円(税込)

色鉛筆の使いやすさとクレヨンの発色の両方を備えたことで1973年の誕生以来、多くの人に愛され続けている色鉛筆です。

ペンシル全てが芯になっているため無駄がなく、しかも手を汚すことはありません。

またクレヨンでは難しかった重ね塗りも簡単にできます。

専用の消しゴムと鉛筆削りも付属しているため、使い勝手が良いとの声も見受けられます。

単色の10本セットも用意されているのは、長く愛用する人が多い証拠でもあるでしょう。

発色の良さに惹かれて購入する人も多い色鉛筆です。

クーピーペンシル60色の詳細
メーカーサクラクレパス
色数60色
メーカー希望小売価格5,400円(税込)
1本あたりの値段90円
画像:amazon.co.jp
ターレンスジャパン

ヴァンゴッホ色鉛筆セット 60色セット

メーカー希望小売価格12,960円(税込)

オランダ王室から”ROYAL”の称号を授かった『ロイヤルターレンス社』の高品質な銘品です。

芯の顔料成分を多めにすることで滑らかな描き心地と鮮やかな発色を実現させ、繊細な表現も可能になっています。

また耐光性に優れているため、長い間色褪せることもありません。

描いた作品を当時のままの状態で長く保存することができます。

しかも色鉛筆の軸に良質のシダ材を用いるなど、称号に恥じることのない高品質な色鉛筆といえるでしょう。

ヴァンゴッホ色鉛筆セット 60色セットの詳細
メーカーターレンスジャパン
色数60色
メーカー希望小売価格12,960円(税込)
1本あたりの値段216円

72色セット

画像:amazon.co.jp
三菱鉛筆

ユニカラー 72色セット

メーカー希望小売価格10,368円(税込)

顔料に色の純粋性に優れた高級微粒子顔料を使用した、プロも納得する品質の色鉛筆です。

高級微粒子顔料を用いたことにより透明度と彩度が高まり、自然の中にある色や繊細な色彩も表現できるようになっています。

また描いている最中に芯のカスが出ないため、創作に集中することができます。

色鉛筆の軸に採用されている、カリフォルニア産インセンス・シダーは削りやすく、鉛筆素材として最適のものです。

高級感のあるケースに収められているため、贈り物としても喜ばれる色鉛筆です。

ユニカラー 72色セットの詳細
メーカー三菱鉛筆
色数72色
メーカー希望小売価格10,368円(税込)
1本あたりの値段144円

色鉛筆の売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、色鉛筆の売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonの色鉛筆売れ筋ランキング楽天の色鉛筆売れ筋ランキングYahoo!ショッピングの色鉛筆売れ筋ランキング

きだてたくの人気記事

きだてたくの新着記事

島本優

島本優

プロカメラマン。AKBなどの人気アイドルや女優など数多くのポートレート撮影を行う。SONY PRO SUPPORT会...

浅井貴子

浅井貴子

フリー助産師&アロマセラピスト。All About母乳、新生児育児ガイド・たまごクラブなど各メディアでも活...

浦 大輔

浦 大輔

ジュニア時代、関西ジュニアゴルフ選手権 優勝など輝かしいタイトル多数獲得。2009年、独自の理論による...

夏目あや子

夏目あや子

不動産会社、設計事務所勤務を経て、2009年からブログ「なつめの手仕事日記 」をスタート。「暮らす」を...

DIY FACTORYFUTAKOTAMAGAWA

DIY FACTORYFUTAKOTAMAGAWA

DIYを体験できる体験型店舗として2015年4月オープン。一般家庭で利用しやすいDIYアイテムを厳選し販売。...

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)

お料理ユニット

TV番組のレギュラー出演やレシピ監修で人気。フードコーディ...

前田文也

前田文也

インスタグラムのフォロワー数2万人、Twitterフォロワー数1.8万人、YouTubeチャンネル登録者数1万人の人...

ソムリエK

ソムリエK

元ソムリエ日本一。ソムリエ呼称資格、料飲接遇サービス士(国家資格)を保有。10年以上外資系ホテルに...

コラムニスト・ ひかり

コラムニスト・ ひかり

All Aboutや夕刊フジなど様々なメディアで活躍するコラムニスト、フリー記者。アメブロの公式トップブロ...

高橋 良輔

高橋 良輔

ボクシング東洋太平洋第12代クルーザー級(〜90kg)チャンピオン

2006年、日本人2人目となる東洋太平洋クルーザー級王座を獲得...

赤工友里

赤工友里

整理収納アドバイザー。POLAなど有名企業でセミナーを開催。「ワーキングマザーの手帳」など商品プロデ...

友田晶子

友田晶子

トータル飲料コンサルタント。(社)日本ソムリエ協会認定「シニア・ソムリエ」、NPO法人FBO認定日本酒...

疋田智

疋田智

「自転車ツーキニスト」の名付け親。NPO法人自転車活用推進研究会理事。TBSラジオ「ミラクル・サイクル...

門馬フォビオ

門馬フォビオ

「魅せるPC」を造り上げる世界的MODアーティスト。自作PCの本格工房『Moma Garage』の代表として、ゲー...

きだてたく

きだてたく

『愛しき駄文具』『日本懐かし文房具大全』ほか著書多数。自称世界一の色物文具コレクションを誇る文房...

青木伸夫

青木伸夫

日本キャンプ協会キャンプディレクター(1級)、日本バーベキュー協会 インストラクター(上級)、自然体験...

吉﨑智宏

吉﨑智宏

eスポーツキャスター。2015年よりTokyo Game Showの司会進行・実況を担当。サッカー元日本代表前園真聖...

大菅力

大菅力

リノベーションやDIY、建築や住宅などについて幅広い知識を持つ。『リノベーションジャーナル』編集長。...

浅野景子

浅野景子

『日本コスメティック協会』認定指導員。講師を務める美容専門学校では、2000人を超えるビューティアド...

柳谷智宣

柳谷智宣

キャリア20年目のITライター。2017年Microsoftの「Windows Insider Meetup in Japan 2」に登壇。TV出演...

カテゴリから探す