単焦点レンズおすすめ!プロの逸品&人気ランキング9選

ボケ味を活かしたきれいな写真を撮ることができる単焦点レンズ。一眼レフやミラーレスカメラでの撮影を思いっきり楽しむために、持っておきたいレンズのひとつです。

今回はフォトグラファーとして活躍する瀬川陣市さんに、おすすめの単焦点レンズを教えていただきました。

また、IPPING編集部調べによる『単焦点レンズのメリット』や『選び方のポイント』、『レビュー評価の高い単焦点レンズの人気ランキング』もまとめていますので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

最終更新日:2019年3月25日
瀬川陣市

瀬川陣市 のプロフィール

全国商工会議所や、SONY・サントリーなど有名企業での講演、メディア出演など多数の実績を持つフォトグラファー。著書『ショートムービー作りでおぼえる動画撮影の教科書』ほか多数。WEB『フォトララ 瀬川陣市公式サイト

この専門家の他の記事を見る

1.フォトグラファーおすすめの単焦点レンズ

画像:amazon.jp
プロの
おすすめ

TAMRON

単焦点マクロレンズ SP90mm

F2.8 Di MACRO
参考価格97,200円(税込)

日本のレンズメーカー『株式会社タムロン』の単焦点マクロレンズです。

高い解像度と美しいボケ味で評判の良い『SP 90mm マクロレンズ』の性能はそのままに、さらに手ブレ補正の性能向上が実現したのがこちらのレンズ。

マクロ撮影はもちろん、ポートレート撮影やテーブルフォト、遠景の風景写真など、これひとつで色々なシーンでの撮影が可能です。

瀬川陣市さんレビュー

瀬川陣市
物撮りの入門用としておすすめのレンズです。

単焦点のマクロレンズは、小さいものを撮るときにとても便利なので、プロのカメラマンも必ず使っています。

レンズメーカーのレンズなので、お使いのカメラに合わせて使うことができます。

TAMRON 単焦点マクロレンズ SP90mm F2.8 Di MACROの詳細
メーカー株式会社タムロン
マウントキヤノン、ニコン、ソニー
焦点距離90mm
メーカー希望小売価格97,200円(税込)

2.単焦点レンズのメリット

単焦点レンズとは、焦点距離が固定されているレンズのこと。

ズームはできませんが、背景がボケやすく、手軽にプロのようなおしゃれな写真が撮れるというメリットがあります。

また、光を多く取り込むことができるので、明るさの加減がしやすいところも、「単焦点レンズはきれいな写真が撮れる」と言われている理由でしょう。

ズームレンズと比べると、軽くコンパクトなものが多いところも特徴です。

ちなみに『マクロレンズ』と呼ばれるレンズの多くは、単焦点レンズです。

中にはズームレンズでもマクロ撮影ができるものもありますが、単焦点のマクロレンズと比べると、描写の美しさは劣ってしまいます。

3.単焦点レンズの選び方

単焦点レンズを選ぶ際は、『イメージセンサー』『マウント』『焦点距離』という3つの項目を意識して選んでみましょう。

イメージセンサーのサイズ

カメラのイメージセンサーサイズには、『フルサイズ』『APS-C』『マイクロフォーサーズ』という3つの種類があります。

フィルムカメラの時代には、このセンサーサイズは『フルサイズ(35mm)』のみでした。その後デジタルカメラが普及し、『APS-C』や『マイクロフォーサーズ』という新しいイメージセンサーサイズが登場しました。

3つのセンサーサイズによって使えるレンズが異なるため、まずは使っているカメラのイメージセンサーが何かを確認してみましょう。

注意しなければいけないのが、センサーサイズによって、レンズの焦点距離の数値が変わってしまうという点。

『APS-C』は『フルサイズ』の1.5倍、『マイクロフォーサーズ』は『フルサイズ』の2倍の焦点距離になります。

例えばフルサイズ換算(35mm)で50mmの焦点距離のレンズの場合、

  • 『フルサイズ』…50mm
  • 『APS-C』…50×1.5=75mm
  • 『マイクロフォーサーズ』…50mm×2=100mm

このように、イメージセンサーの大きさで焦点距離が変化してしまいます。

使っているカメラのセンサーサイズに合わせて、焦点距離を計算し、レンズを選んでみてください。

焦点距離

単焦点レンズの中にも、『広角レンズ』『標準レンズ』『望遠レンズ』という3つの種類があります。

これは、焦点距離(イメージセンサーからレンズまでの距離)によって分けられており、それぞれ得意な描写が違います。

広角レンズ

『広角レンズ』は、3つの中で最も焦点距離が近いレンズ。一般的にフルサイズ換算35mm以下のレンズが『広角レンズ』に分類されます。

写真に写る範囲が広いので、遠近感を強調したインパクトのある写真を撮ることができます。

特に風景写真を撮るのにおすすめのレンズです。

標準レンズ

フルサイズ換算50mm前後のレンズを『標準レンズ』と呼びます。

肉眼で見た画角に1番近いと言われていますが、撮り方次第で『広角レンズ』や『望遠レンズ』のような表現もできるため、汎用性の高いレンズです。

カメラ初心者の方や、日常的なスナップ写真をたくさん撮りたいという方におすすめのレンズです。

望遠レンズ

最も画角が狭くなるのが『望遠レンズ』。主にフルサイズ換算85mm以上のレンズを『望遠レンズ』と呼びます。

狭い範囲を写すため、遠近感がなくなり、背景が迫ってくるような迫力のある写真を撮ることができます。

遠くのものをアップにして写すことはもちろん、『広角レンズ』とはまた違うダイナミックな風景写真の撮影におすすめです。

こちらの動画でも、レンズの焦点距離の違いについて詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

マウント

カメラ本体とレンズを繋げる部分のことを『マウント』と言います。

マウントは、メーカーや製造された年代によってそれぞれ違い、マウントが合致しないとレンズを装着することができません。

レンズを選ぶ際には、カメラ本体のマウントとレンズのマウントが対応しているかどうかを調べておきましょう。

また、アダプターを使うことでマウントの違うレンズを取り付けることが可能になりますが、それによってオートフォーカスや手ぶれ補正などの機能が使えなくなってしまうことがあるので、注意が必要です。

4.レビュー評価の高い単焦点レンズ人気ランキング

評価の高い単焦点レンズを、イメージセンサーサイズ別にランキングにしました。

フルサイズ対応レンズ

画像:amazon.co.jp
1位
Canon

EF50mm 

F1.8 STM
参考価格21,060円(税込)

日本を代表するカメラメーカー『Canon』の単焦点レンズ。わずか160gというコンパクトさと軽さが特徴の標準レンズです。

1番の魅力は、柔らかくきれいなボケ味。背景が自然にふんわりとボケてくれるので、被写体をより引き立たせてくれます。

また、F1.8という明るいレンズなので、夜景や暗い部屋での撮影も、きれいに写すことができます。

Canon EF50mm F1.8 STMの詳細
メーカーキヤノン株式会社
マウントキヤノンEFマウント
焦点距離50mm
メーカー希望小売価格21,060円(税込)
画像:amazon.co.jp
2位
Canon

EF40mm 

F2.8 STM
参考価格24,840円(税込)

1位と同じく『Canon』の単焦点レンズ。重量が130gとさらに軽い、高性能薄型パンケーキレンズです。

名称の『STM』は、『ステッピングモーター』の略。これによって、レンズの小型化だけでなく、静かで素速いオートフォーカスを実現しています。

とてもコンパクトなので、旅行や登山など、できるだけ荷物を少なくしたいというときにもおすすめ。気軽にスナップ写真を撮ることができます。

Canon EF40mm F2.8 STMの詳細
メーカーキヤノン株式会社
マウントキヤノンEFマウント
焦点距離40mm
メーカー希望小売価格24,840円(税込)
画像:amazon.co.jp
3位
Nikon

AF-S NIKKOR 50mm

f/1.8G
参考価格35,100円(税込)

『Canon』と並ぶ人気のカメラメーカー『Nikon』。こちらは焦点距離50mm、開放F値1.8の大口径標準単焦点レンズです。

焦点距離50mmは、人間の視野に近い画角と言われているため、初めて単焦点レンズを使う方にも使いやすいレンズです。

屋外でのスナップや風景撮影はもちろん、屋内での撮影にもぴったり。美しいボケ味が評価されています。

Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.8Gの詳細
メーカー株式会社ニコン
マウントニコンFマウント
焦点距離50mm
メーカー希望小売価格35,100円(税込)

APS-C対応レンズ

画像:amazon.co.jp
1位
Canon

EF-S24mm

F2.8 STM
参考価格24,840円(税込)

『Canon』の『APS-Cレンズ』で初めてのパンケーキレンズ。大きさは100円硬貨とほぼ同じ。重さは一般的なスマートフォン程度と、軽量でコンパクトなレンズです。

焦点距離は24mm(フルサイズ換算で38mm相当)と使い勝手の良い画角なので、様々な撮影でオールマイティに使うことができます。

レンズ面から約9cmの距離までグッと近づいて撮影することができるので、ズームレンズとはひと味違う描写が楽しめます。

Canon EF-S24mm F2.8 STMの詳細
メーカーキヤノン株式会社
マウントキヤノンEF-Sマウント
焦点距離24mm
メーカー希望小売価格24,840円(税込)
画像:amazon.co.jp
2位
シグマ  

SIGMA 30mm 

F1.4 DC HSM
参考価格59,400円(税込)

レンズメーカー『SIGMA』の大口径標準レンズ。開放値F1.4という明るさが1番の魅力です。

2005年に発売された『SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM』の新モデル。高い光学性能徹底的にこだわり、より美しい描写を実現しています。

大きなボケ味を生かしたスナップやポートレートのほか、作品撮りのための初めての一本としてもおすすめできるレンズです。

SIGMA 30mm F1.4 DC HSMの詳細
メーカー株式会社シグマ
マウントシグママウント、ソニーAマウント、ニコンマウント、ペンタックスマウント、キヤノンマウント
焦点距離30mm
メーカー希望小売価格59,400円(税込)
画像:amazon.co.jp
3位
SONY

E 30mm 

F3.5 Macro
参考価格32,400円(税込)

手軽に持ち運びのできる、『SONY』Eマウント専用の等倍マクロレンズです。約9.5cmまで被写体に近づくことができるので、物撮りや花などの撮影に向いています。

またレンズ内モーターを内蔵し、スムーズで静かなオートフォーカスを実現。

外装にはアルミニウム合金を使っており、高級感を感じられる点もこのレンズが評価されているポイントです。

SONY E 30mm F3.5 Macroの詳細
メーカーソニー株式会社
マウントソニーEマウント
焦点距離30mm
メーカー希望小売価格32,400円(税込)

マイクロフォーサーズ対応レンズ

画像:amazon.co.jp
1位
OLYMPUS

M.ZUIKO DIGITAL 45mm 

F1.8
参考価格37,800円(税込)

光学機器・電子機器メーカーの『OLYMPUS』。ミラーレス一眼カメラ用レンズとしてリリースされたのが、『M.ZUIKO DIGITAL』シリーズです。

こちらのレンズの特徴は、大きな円形状のボケ。被写体をくっきりと印象的に撮影できます。

レンズの表面には、ZEROコーティング(反射防止コーティング)を施し、ゴーストやフレアの発生を抑制。これにより、逆光などの悪条件でもきれいな描写が期待できます。

OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8の詳細
メーカーオリンパス株式会社
マウントマイクロフォーサーズ
焦点距離45mm
メーカー希望小売価格37,800円(税込)
画像:amazon.co.jp
2位
OLYMPUS

M.ZUIKO DIGITAL 25mm 

F1.8
参考価格45,360円(税込)

1位と同じく、『OLYMPUS M.ZUIKO』のレンズ。こちらは焦点距離25mmとなっています。

ポートレートからテーブルフォト、風景など、幅広いシーンで活躍する標準レンズ。背景ボケを生かした写真はもちろん、暗い場面でも手持ちで撮影できます。

また、別売りのマクロコンバーターレンズを使うことで、最大撮影倍率は0.12倍から0.22倍に。さらに被写体を大きく写し出す、マクロ撮影が可能です。

OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8の詳細
メーカーオリンパス株式会社
マウントマイクロフォーサーズ
焦点距離25mm
メーカー希望小売価格45,360円(税込)
画像:amazon.co.jp
3位
シグマ

SIGMA 30mm 

F2.8 DN
参考価格25,920円(税込)

ミラーレス専用レンズの『DNシリーズ』から発売された、焦点距離30mmの単焦点レンズ。ブラックとシルバーの2色展開なので、使っているカメラに合わせて選ぶことができます。

シグマ独自の多層膜コーティング『スーパーマルチレイヤーコート』を採用することにより、フレアやゴーストの発生を軽減。

逆光での撮影でも、コントラストの高い描写が可能です。

SIGMA 30mm F2.8 DNの詳細
メーカー株式会社シグマ
マウントマイクロフォーサーズ
焦点距離30mm
メーカー希望小売価格25,920円(税込)

単焦点レンズの売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、単焦点レンズの売れ筋ランキング等は、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonの単焦点レンズ検索結果楽天の単焦点を含むカメラ用交換レンズ売れ筋ランキングYahoo!ショッピングの単焦点を含むカメラ用交換レンズ売れ筋ランキング

瀬川陣市の人気記事

瀬川陣市の新着記事

吉﨑智宏

吉﨑智宏

eスポーツキャスター。2015年よりTokyo Game Showの司会進行・実況を担当。サッカー元日本代表前園真聖...

DIY FACTORYFUTAKOTAMAGAWA

DIY FACTORYFUTAKOTAMAGAWA

DIYを体験できる体験型店舗として2015年4月オープン。一般家庭で利用しやすいDIYアイテムを厳選し販売。...

吉野健一

吉野健一

自動車専門誌『JEEP LIFE』『LAND ROVFR LIFE』の元編集長。『日刊カーセンサー』『朝日新聞デジタル &...

平川陽一郎

平川陽一郎

日本山岳ガイド協会 認定登山ガイドII、マウンテンガイド協会会長。学生時代から登山を学び、チベットや...

柳谷智宣

柳谷智宣

キャリア20年目のITライター。2017年Microsoftの「Windows Insider Meetup in Japan 2」に登壇。TV出演...

矢島昇悟

矢島昇悟

歯科医師。“リラックス出来る治療”にこだわる『青山通り歯科』院長。所属学会「日本顎咬合学会」「アン...

島本優

島本優

プロカメラマン。AKBなどの人気アイドルや女優など数多くのポートレート撮影を行う。SONY PRO SUPPORT会...

下倉樹

下倉樹

調味料エバンジェリスト(伝道師)。「ホンライあるべき調味料を、自分のモノサシで選べるようになるた...

箱崎かおり

箱崎かおり

物質工学修士、コスメコンシェルジュインストラクター、化粧品成分検定上級スペシャリストなど数多くの...

田邉竜彦

田邉竜彦

英語教師。月間35万人に読まれる英語学習メディア『トイグル』を運営。TOEIC対策特化型スクール『トイク...

浦 大輔

浦 大輔

ジュニア時代、関西ジュニアゴルフ選手権 優勝など輝かしいタイトル多数獲得。2009年、独自の理論による...

牧野仁

牧野仁

NHK BS『ラン×スマ』にマラソン完走請負人として出演。NTT健康保険組合健康セミナー講師など、パーソナ...

小早川 渉

小早川 渉

パーソナルトレーナー、パワーリフター。パワーリフティング全日本選手権11度優勝。トップレベルの現役...

藤原李果

藤原李果

雑誌やTV、CMのほか、アーティスト、女優のヘアメイクも担当するなど様々な分野で活躍中のヘアメイクア...

川崎由美子

川崎由美子

世界で最も過酷な不眠不休レース「SCORE BAJA1000」日本人女性初完走者。二輪ジャーナリスト。執筆、TV...

水上晴由

水上晴由

日本ペットサロン協会役員。都内でペット美容室や猫専用ホテルを経営。ペットフードの素材に対する品質...

剱持 百香

剱持 百香

美白命の紫外線マスターとしてインスタグラムのフォロワーは9000人以上。 VOCE/anan/michillなど様々な...

浅井貴子

浅井貴子

フリー助産師&アロマセラピスト。All About母乳、新生児育児ガイド・たまごクラブなど各メディアでも活...

青木伸夫

青木伸夫

日本キャンプ協会キャンプディレクター(1級)、日本バーベキュー協会 インストラクター(上級)、自然体験...

MoreRavi(モアラヴィ) 榎原由子・榎原愛子

MoreRavi(モアラヴィ) 榎原由子・榎原愛子

有名ホテルでのエステティシャン経験を持つ母と、日本ネイリスト協会1級の娘でビューティーサロン『More...

カテゴリから探す