カメラブロアーおすすめ!プロカメラマンの逸品&人気ランキング10選

大切な瞬間を、鮮やかな写真で残すカメラ。そんなカメラのクリーニングは、しっかりと行っていきたいですよね。

そこで活躍するのがカメラブロアーです。空気の力でカメラに付着したホコリや汚れを守る単純な構造ですが、材質や形状、サイズが様々で、はじめて購入される方はどういうカメラブロワーを買えばよいか迷ってしまうかもしれません。

そんなカメラブロアーを賢く選ぶために、まずフォトグラファーとして活躍している瀬川陣市さんに、おすすめのカメラブロワーを選んでいただきました。

そして、押さえておきたいカメラブロアーの選び方、さらにレビュー評価が高い人気アイテムTOP10もご紹介します。

この記事を参考に、ご自身のカメラに適したカメラブロアーを手に入れてください。

最終更新日:2019年7月9日
瀬川陣市

瀬川陣市 のプロフィール

全国商工会議所や、SONY・サントリーなど有名企業での講演、メディア出演など多数の実績を持つフォトグラファー。著書『ショートムービー作りでおぼえる動画撮影の教科書』ほか多数。WEB『フォトララ 瀬川陣市公式サイト

この専門家の他の記事を見る

1.フォトグラファーおすすめカメラブロアー

ここからは、フォトグラファーの瀬川陣市さんおすすめのカメラブロアーをご紹介します。

画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ

ハクバ

シリコンブロアーブラシ

参考価格810円(税込)

カメラブロアーは、大切なカメラレンズやカメラのボディを、ほこりやちり、汚れから守るために使用します。

数多くあるカメラのブロアーの中でも、カメラツールを手掛けるハクバが販売する『シリコンブロアーブラシ』は、シリコン製のブロアーで強力な風を送り出せ、さらに先端のロングノズルによって狙い通りの箇所にピンポイントで風を送ることができます。

さらに、付属の着脱式ブラシは、大きなほこりやゴミを取り除きたいときに活躍します。ブラシには山羊の毛を使用しており、デリケートなレンズを傷つけずに汚れだけをしっかりと取り除くことができます。

材質はシリコン製でありながらも独特のゴムの臭いを大幅に軽減させているので、ストレスなく扱うことができます。

カメラのブロアー選びに悩んでいる方なら、まずハクバ『シリコンブロアーブラシ』を試してみてはいかがでしょうか。

瀬川陣市さんレビュー

瀬川陣市
カメラブロアーは、基本的にカメラのレンズやボディに付いたほこりを払うもの。

オーソドックスなタイプは、吹き出し口のみがあるブロアー。今回、おすすめするのが吹き出し口に着脱式のブラシが付属した、ハクバ『シリコンブロアーブラシ』です。

ブラシが先端に付いているため、大きなほこりやゴミが付いたときにあらかじめ払うことができます。また、ブラシを取り外して使用することもできるため2wayで使えるので、コスパがいいです。

国内大手のカメラ用品を扱うハクバが扱っている逸品。信頼できるカメラブロアーになります。

ハクバ シリコンブロアーブラシの詳細
メーカーハクバ写真産業株式会社
素材ブロアー部:シリコンゴム
ブラシ部:山羊毛
 メーカー希望小売価格 810円(税込)

2.カメラブロアーの役割と失敗しない選び方

ここでは、デリケートなカメラをクリーニングする際に失敗しないカメラブロアーの選び方、またあわせてブロアーの役割を解説していきます。

2-1.そもそも“ブロアー”とは

カメラのクリーニングに欠かせないのが、“ブロアー”。このブロアーとは、空気の力でレンズやカメラボディに付いたホコリや汚れなどを吹き払うためのツールのことをいいます。

2-2.ブロアーの役割

カメラクリーニングの際に、“クリーニングクロス”を使用している方もいるのではないでしょうか。

ただ実は、このクロス拭きの前にブロアーを使うことが、カメラを傷や汚れから守る上で重要なのです。たとえば、デリケートなカメラレンズに、目には見えない微細なホコリや砂が付いたままクロスで拭いてしまうと、レンズに傷をつけてしまう可能性が高くなります。

クリーニングクロスで汚れを拭き取る前に、ブロアーでしっかりと細かいゴミや汚れを落としてあげるようにしましょう。

2-3.選ぶポイント

ブロアーのサイズ&風量

空気の力で、微細なホコリや砂などを吹き払うブロアーにとって、吹き出せる風量は性能そのものに関わります。また、クリーニングツールはカメラと一緒に外に持ち出すシーンもありますので、できればコンパクトなものだと助かりますよね。

つまり、ブロアー選びで大切になるのが、風量とそのサイズです。手動ポンプ式のブロアーなら、適度な風量とコンパクトさを兼ね備えたものがあり、おすすめです。

ブロアーの素材

ブロアー選びで大切なのが、使用されている素材です。

ブロアーの中でも、合成ゴムが使用されているものは使用の際に注意は必要です。その理由は、合成ゴムゆえの劣化のしやすさにあります。

劣化してしまったブロアーを使用したことで、中からゴム片が飛びレンズやカメラセンサーを傷つけてしまったという話もあります。

ブロアーの素材は、強度や耐久性が高いシリコン素材をおすすめします。

ブロアーの品質&購入者レビュー

単純な構造ゆえ、見た目だけでカメラブロアーの良し悪しを見分けるのはとても難しいです。

そこで重要になるのが、購入者からのレビューです。品質や使い勝手など、レビューを注意深く見て、粗悪品を選んでしまわないようにしましょう。

3.レビュー評価の高いカメラブロアー人気ランキング

ここからは、最高の一品をお届けするサイト『プロの逸品』が、カメラブロアー・ランキングをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

画像:amazon.co.jp
1位
HAKUBA

ハイパワーブロアープロ L

参考価格2,916円(税込)

文字どおりの180cc容量によるハイパワーで、微細なホコリや砂から大きなゴミまで素早く吹き飛ばしてくれます。

その上、ブロアーの先端ノズルがロング仕様になっているため、ハイプライス一眼レフや中判カメラなどのレンズやボディが深い大型撮影機器でも、しっかりと奥まで空気が届き汚れを払うことができます。

また、ほとんどのカメラブロアーの底部は丸みを帯びているため、テーブルなどに置いたときにコロコロと転がりやすくなります。

しかし、ハクバ『ハイパワーブロアープロ』は、ブロアーの底がフラットになっていることでブロアー自体が自立します。自立してくれるおかげで、スムーズにカメラのクリーニングやレンズ交換を行うことができます。

HAKUBA ハイパワーブロアープロ Lの詳細
メーカーハクバ写真産業株式会社
素材シリコンゴム
メーカー希望小売価格2,916円(税込)
画像:amazon.co.jp
2位
UN

シリコンブロー

参考価格514円(税込)

手にちょうど収まるコンパクトなサイズでありながら、力強い噴射力で大切なカメラをほこりや汚れから守ってくれます。

また、ブロアーの先端ノズルはボディ部分としっかりと接着されているため、クリーニング中にノズルが外れてレンズやセンサーを傷つけてしまう心配もありません。

その上、ブロアー全体がシリコン製のため、強く握らなくても十分な風を送ることができます。カメラと人に優しいブロアーです。

UN シリコンブローの詳細
メーカー株式会社ユーエヌ
素材シリコンゴム
メーカー希望小売価格514円(税込)
画像:amazon.co.jp
3位
Kenko

パワーブロワー ブラシ付きタイプ

参考価格627円(税込)

ハイパワー・脱着式ブラシ付き・自立式スタンドデザインといった、使い勝手抜群のKenko『パワーブロワー ブラシ付きタイプ』。

強力なエアー噴射によって、カメラレンズやボディに付着している微細なほこりや砂はもちろんのこと、付属のブラシを使用することで、風で取り除けなかったゴミをしっかりと払うことができます。

また、ブロアー自体が自立するので、作業の際に転がってしまうことがありません。

Kenko パワーブロワー ブラシ付きタイプの詳細
メーカー株式会社ケンコー・トキナー
素材シリコンゴム、ポリスチレン、山羊の毛
参考価格627円(税込)
画像:amazon.co.jp
4位
UN

ジャンボハリケーン

参考価格842円(税込)

ブロアーボディが大型のゴム球となっていることで、まるで小さなハリケーンを起こしたかのようなハイパワーエアー噴射を実現。

望遠レンズや一眼レフなどの奥が深いパーツでも隅々まで強力エアーが届き、目には見えない細かいほこりやゴミを吹き払うことができます。

UN ジャンボハリケーンの詳細
メーカー株式会社ユーエヌ
素材合成ゴム
メーカー希望小売価格842円(税込)
画像:amazon.co.jp
5位
Giottos

ハイパワーロケットブロアーLサイズ(ジャンボ)

参考価格1,280円(税込)

見た目が“ロケット”となっている、ユニークなカメラブロアー。

まるで子供のオモチャのような可愛らしい風貌をしていますが、その実力は世界中で爆発的ヒットを起こしているほど。

ブロアーの先端ノズルから強力なエアーを噴射し、レンズやボディの奥深くまで入り込んでしまったほこりや汚れを取り除いてくれます。

Giottos ハイパワーロケットブロアーLサイズ(ジャンボ)の詳細
メーカーGiottos
素材リストなし
メーカー希望小売価格1,280円(税込)
画像:amazon.co.jp
6位
HAKUBA

シリコンブロアーブラシ

参考価格810円(税込)

フォトグラファーの瀬川陣市さんおすすめのHAKUBA『シリコンブロアーブラシ』。

先端のロングノズルからは強力なエアーが噴出され、掃除しにくい望遠レンズの内部までしっかりとクリーニングすることができるほか、付属のブラシがあることで、エアーで浮かせたほこりや砂などをブラシで優しく払うこともできます。

シリコン製のため耐久に優れており、合成ゴムにありがちな“ゴム臭”はありません。

HAKUBA シリコンブロアーブラシの詳細
メーカーハクバ写真産業株式会社
素材ブロアー部:シリコンゴム、ブラシ部:山羊毛
メーカー希望小売価格810円(税込)
画像:amazon.co.jp
7位
HAKUBA

シリコンブロアーポータブル

参考価格756円(税込)

カメラ関連機器を手掛けるHAKUBAから、携帯性に優れた『シリコンブロアーポータブル』が登場。

通常よりもミニサイズのポンプとショートノズルのおかげで、持ち運びしやすいブロアーとなっています。

小さめブロアーボディながらも、しっかりと強力なエアーを噴出してくれるので旅先や突然の外出時にもおすすめです。また、底面がフラットになっているので、自立させて置いておくことができます。

HAKUBA シリコンブロアーポータブルの詳細
メーカーハクバ写真産業株式会社
素材シリコンゴム
メーカー希望小売価格756円(税込)
画像:amazon.co.jp
8位
ETSUMI

キューティーブロアー

参考価格972円(税込)

多くのメーカーから販売されているカメラブロアーは、その先端ノズルはストレートになっているものがほとんどです。

けれども、ここで紹介するETSUMI『キューティーブロアー』のノズルは、“ペンギンのくちばし”をイメージした独特なくびれをデザインされたフォルムとなっています。

このくちばしフォルムによって、奥まで掃除しにくい望遠レンズなどでもしっかりと細かいほこりやチリなどを吹き出すことができます。

確かな実力と可愛らしいフォルムから、女性にもおすすめのブロアーです。

ETSUMI キューティーブロアーの詳細
メーカー株式会社 エツミ
素材本体部:シリコン、先端部:PVC
メーカー希望小売価格972円(税込)
画像:amazon.co.jp
9位
Kenko

シリコンブロワー ショートノズル

参考価格3,024円(税込)

まるで“シューター”のような狙ったほこりやゴミを吹き飛ばす、ショートノズルを採用。

ブロアーの先端ノズルが短くなっているため、収納性に優れており屋外での撮影の際にもおすすめです。また、シリコン製のため、ゴム特有の嫌な臭いも感じることがありません。

しかも、同製品にはTEIJINの超極細繊維「ミクロスター®」でつくられている高性能レンズクロスも付属しています。Kenko『シリコンブロワー ショートノズル』で微細なほこりやゴミをを吹き飛ばしたら、TEIJINのレンズクロスでさらに磨き上げましょう。

Kenko シリコンブロワー ショートノズルの詳細
メーカー株式会社ケンコー・トキナー
素材シリコン、ノズル:NBR
メーカー希望小売価格3,024円(税込)
画像:amazon.co.jp
10位
VSGO(ヴィスゴ)

エアダストブロア

参考価格1,620円(税込)

目に見えないほどの微細なほこりやちりが、性能に影響を及ぼしてしまうカメラレンズは日ごろのクリーニング方法がとても大切になります。

そこでおすすめなのが、カメラレンズなどの光学製品を専門に取り扱う、クリーニング用品ブランド『VSGO(ヴィスゴ)』が手掛けている『エアダストブロア』。

弾力性に優れた天然ゴムによって、力強いエアーと素早いポンプ戻りを実現しています。また、天然ゴムならではの柔らかいタッチ感を感じることもできます。

ブロアーのカラーごとに異なる洗練されたデザインが施されたパッケージが印象的。女性への贈り物にもおすすめです。

VSGO(ヴィスゴ) エアダストブロアの詳細
メーカーVSGO
素材天然ゴム
メーカー希望小売価格1,620円(税込)

カメラブロアーの売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、カメラブロアーの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonのカメラブロアー売れ筋ランキング楽天のカメラブロアー売れ筋ランキングYahoo!ショッピングのカメラブロアー売れ筋ランキング

瀬川陣市の人気記事

瀬川陣市の新着記事

コラムニスト・ ひかり

コラムニスト・ ひかり

All Aboutや夕刊フジなど様々なメディアで活躍するコラムニスト、フリー記者。アメブロの公式トップブロ...

中村龍太

中村龍太

NHK『おはようニッポン』へのTV出演や『DIME』『PRESIDENT』などの雑誌掲載など様々なメディアで活躍す...

村上淳子

村上淳子

海外スターや現地でのロケ取材多数。20年以上に渡り、海外ドラマ&映画について魅力を伝え続けている。...

富江弘幸

富江弘幸

日本ビアジャーナリスト協会所属、ビアジャーナリストアカデミー講師。『ビール王国』『日本のクラフト...

田草川恒秋

田草川恒秋

商工会連合会や中小企業庁など公的機関からの支援実績が豊富なPCインストラクター。のべ2,000人へのPC指...

吉野健一

吉野健一

自動車専門誌『JEEP LIFE』『LAND ROVFR LIFE』の元編集長。『日刊カーセンサー』『朝日新聞デジタル &...

鍛治 恵

鍛治 恵

『世界睡眠会議』編集委員長、睡眠改善インストラクター。『NPO法人睡眠文化研究会』事務局長。約30年に...

島本優

島本優

プロカメラマン。AKBなどの人気アイドルや女優など数多くのポートレート撮影を行う。SONY PRO SUPPORT会...

青木伸夫

青木伸夫

日本キャンプ協会キャンプディレクター(1級)、日本バーベキュー協会 インストラクター(上級)、自然体験...

箱崎かおり

箱崎かおり

物質工学修士、コスメコンシェルジュインストラクター、化粧品成分検定上級スペシャリストなど数多くの...

前田文也

前田文也

インスタグラムのフォロワー数2万人、Twitterフォロワー数1.8万人、YouTubeチャンネル登録者数1万人の人...

馬場さおり

馬場さおり

美容家としてセミナー講師やメディア出演多数。専門の予防医学を基盤としたスキンケアから化粧品、メイ...

浦 大輔

浦 大輔

ジュニア時代、関西ジュニアゴルフ選手権 優勝など輝かしいタイトル多数獲得。2009年、独自の理論による...

大津たまみ

大津たまみ

年間200本以上の講演の他、TV・ラジオなど様々なメディアで活躍中の清掃業界のカリスマ。『大津たまみ公...

倉島英昭

倉島英昭

ウイスキー文化研究所4代目マスターオブウイスキー。同認定ウイスキーレクチャラー。雑誌ウイスキーガロ...

浅野景子

浅野景子

『日本コスメティック協会』認定指導員。講師を務める美容専門学校では、2000人を超えるビューティアド...

田邉竜彦

田邉竜彦

英語教師。月間35万人に読まれる英語学習メディア『トイグル』を運営。TOEIC対策特化型スクール『トイク...

岸大河

岸大河

eスポーツの世界で、FPSなどを中心に複数のタイトルで国内大会を制覇。アジア大会でも優勝経験あり。元...

島村楽器

島村楽器

全国39都道府県に160店舗以上を展開する日本最大の楽器小売店。1962年にヤマハ音楽教室を開設し、日本有...

藤原李果

藤原李果

雑誌やTV、CMのほか、アーティスト、女優のヘアメイクも担当するなど様々な分野で活躍中のヘアメイクア...

カテゴリから探す