【厳選】プロカメラマンがおすすめするミニ三脚&人気アイテム10選【2019年版】

ちょっとした撮影の時にも便利な「ミニ三脚」、軽くてかさばらないので持ち運びも楽なんですよね。

ですが、いざ買うとなると種類が多く、小さい分安定感のないものもあったりと何かと失敗しがちなアイテムでもあります。

そこで、今回は人気カメラマンである瀬川陣市さんにおすすめのミニ三脚をうかがいました。

ぜひ、とっておきのアイテムをぜひ探してみてくださいね。使い勝手のいいミニ三脚でノンストレスで撮影しちゃいましょう!

最終更新日:2019年1月15日
11 views
瀬川陣市

瀬川陣市 のプロフィール

写真家・講師・ライター。 会社員を経て渡米、日本語教師を勤めたのち、美術大学に入学し写真を学ぶ。 ドローンでの動画撮影にも着手。長崎県五島市アンバサダーに就任し、写真動画による地域興しにも貢献。 全国商工会議所や企業での講演、メディア出演など多数の実績あり。 著書「ショートムービー作りでおぼえる動画撮影の教科書」など他多数。公式サイトは『JINICHI SEGAWA Official Site』。

この専門家の他の記事を見る

1.フォトグラファーおすすめミニ三脚

まずはさっそく、人気カメラマン 瀬川陣市さんがおすすめしてくれたミニ三脚をご紹介していきます。

Manfrotto PIXI ミニ三脚

画像:amazon.co.jp

サイズ(格納)高さ(使用時)重さ耐荷重素材
18.5cm13.5cm190g1.0kgアルミ

瀬川陣市がおすすめしてくれたのはイタリアのメーカーである『マンフロット(Manfrotto)』のロングヒットアイテム『PIXI』です。

重さは約190gと軽量で、カバンにも収まるコンパクトなサイズ感。プロはもちろん、趣味で写真や動画撮影をしている方から人気のアイテムです。

カメラを固定する雲台は「自由雲台」と呼ばれるタイプで、ボタンをプッシュするだけでロックが外れ上下左右自由に動かすことができます。

コンパクトなサイズ感や軽さだけではなく、その操作性でも高い評価を集めているアイテムです。

瀬川陣市さんレビュー

瀬川陣市
『マンフロット』はデザイン性に優れ、細かいパーツ1つ1つにもこだわりの詰まったアイテムを多く販売しています。

今回紹介した『PIXI』も安定性、操作性での評価は当然ながら、デザイン面でも高い評価を得ています。

数多くあるミニ三脚の中でもファンが多く「持って歩きたい」「買いたい」と思わせるブランド力があり、『マンフロットPIXI』を持つことが1つのステータスともいえるアイテムです。

安価なミニ三脚は「不安定」なもの多いですが、『マンフロットPIXI』は脚が太くしっかりしているため、ミニ三脚の中でも強度、安定感があります。

また、足をたためば手持ちで自動り棒のように撮影することも可能。ブラックだけではなく、レッド、ピンク、ホワイトなどかわいらしいカラーバリエーションもあり、女性にも人気のアイテムです。

Manfrotto PIXI ミニ三脚の詳細
メーカーマンフロット(Manfrotto)
カラーブラック、レッド、ホワイト、ピンク
メーカー希望小売価格2,937円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

2.ミニ三脚の選び方4つ

続いて、ミニ三脚を選ぶ時に注目しておきたいポイントを4つご紹介していきます。

何を基準に選べばいいかわからないという方もこの4つを抑えておけば、買った後に後悔したなんて失敗をせずにすみますよ。

2-1.耐荷重はカメラの「約2倍」を選ぶ

まずは、なんといっても「耐荷重」です。

ミニ三脚の購入を考えているということは「すでにカメラを持っている」はず。そのカメラの重さに耐えられない三脚は買っても意味がありません…。

また、例えば耐荷重が1kgと表示されているからといって1kgのカメラを乗せていいかというとそうでもありません。

目安は、表記耐荷重の半分~2/3程度とされています。

それ以上のカメラを三脚に乗せると、カメラがきちんと固定されなかったり、ぐらつきや転倒の原因になりかねません。

ミニ三脚を選ぶ前に、まずはカメラ、そしてレンズの重さを確認し、目安以上の耐荷重があるミニ三脚を厳選しましょう。

また、ここでもう1つ注意ポイントがあります。耐荷重は、三脚だけではなく、カメラの向きを固定するための「雲台」も別で確認する必要があるのです。

ミニ三脚の場合、それを踏まえたうえで耐荷重が記載されていることが多いですが、もし別で記載がある場合、三脚は「カメラ+レンズ+雲台」、雲台は「カメラ+レンズ」の大体2倍くらいの耐荷重が記載されているものを探す必要があるということです。

2-2.高さ調整できるものの方がGOOD

耐荷重を確認したら続いては「高さ」です。プロおすすめのアイテム『マンフロット PIXI』のように、カメラの向きは変更可能でも高さは変えられないものもありますが、脚や首を伸ばし高さを調整できるタイプもあります。

これは、「どういった場所で撮影するのか」「何を撮影するのか」でも、選ぶサイズは変わってくるかと思います。

ミニ三脚の場合、「旅行に持っていきたい」など高さも欲しいが可能な限りコンパクトに収めたいケースと、屋内での撮影でテーブルなどで高さは補えるけれど「カメラの角度を調整したい」ケース、「ほんの少しだけ高さを出したい」ケースなど様々なシーンが考えられます。

高さを微調整する必要がない、むしろ高くないほうがいい場合は、『マンフロットPIXI』のような安定感重視のアイテムを選んでいいですし、屋外での撮影で持ち運びを楽にしたいだけであれば、高さが調節できるミニ三脚を選ぶといいかと思います。

撮影するもの、場所は決まっていないけれど、とりあえず「あると便利かも」とお探しの方の場合、今後どんなシーンでも活用できるよう高さを調節できるタイプを選んでおくと今後様々なシーンで活躍してくれると思います。

画像:amazon.co.jp

2-3.雲台の種類

また、使いやすさの基準になるのが「雲台」です。カメラを固定し、角度を調整するためのパーツで、中には「クイックシュー」といいカメラをセットしやすくする便利アイテムが付属しているタイプもあります。

種類は3タイプ。「自由雲台(ボール雲台)」「2WAY雲台」「3WAY雲台」です。それぞれの特徴をまとめてご紹介します。

自由雲台(ボール雲台)

画像:amazon.co.jp

可動部分に「球」を利用しており、大きなハンドルなどがなく、ボタンやつまみでカメラを固定するのが自由雲台。すっきりとした見た目が特徴です。

非常に軽いため、「登山や旅行のおともに三脚を」という場合には自由雲台の三脚がおすすめです。

ただし、ハンドルでしっかり固定する雲台と比べ、ぶれやすいものも多いため、構図をがっちりかためた撮影をしたい場合などには不向きです。

2WAY雲台

画像:amazon.co.jp

2WAY雲台は、1本ハンドルがついており、このハンドルで上下、左右の向きを変える雲台です。そのため、縦位置での撮影はできないタイプになります。

ハンドルが1本だけですので、コンパクトに収まり、持ち運びにもおすすめのタイプですが、傾き調整(水平の調整)は脚部分でしなくてはいけず、調整が難しいアイテムです。

3WAY雲台

画像:amazon.co.jp

3WAY雲台はよくあるタイプの雲台でハンドルが2本ついており、縦のハンドルで上下左右、横のハンドルで水平(傾き)を調整することができます。

一番安定感のある雲台で、構図の調整も得意です。ただ、ハンドルが2本あるため、かさばるのがネックです。

このように3タイプある雲台ですが、ミニ三脚の場合その多くが「自由雲台」が採用されています。

上記でも解説したように、自由雲台は可動域が「球体」であるため、カメラのサイズ・重量によって、固定されにくいものもあります。雲台の種類もそうですが、きちんとロックされるかどうか、という点も合わせてチェックしましょう。

この点も先ほど解説しましたが、「耐荷重」が目安になり、耐荷重の半分の重さのカメラ(+レンズ)であれば、問題ないようです。

2-4.素材・重さ

最後に、ミニ三脚の材質もチェックしておくといいポイントです。三脚でよく利用されているのが「アルミ」か「カーボン」素材です。

アルミタイプは安価なものが多く、コストを抑えたいという方におすすめです。一方、カーボン製は高価なものが多いのですが、非常に軽く、そして頑丈なのが特徴です。

そのため、屋外で撮影される方は、カーボン製の三脚の方がおすすめだといわれています。

ですが、今回探しているのはミニ三脚ですので、アルミ製でも重たくて使い勝手が悪いとはならないかと思います。

むしろ、ミニ三脚に至ってはしっかりと重心がとれるほうが安定感が出るという考え方もできますので、ミニ三脚では材質については「これでないとダメ!」ということはありません。

アルミならコストを抑えられる、カーボンなら頑丈くらいの認識で大丈夫でしょう。

以上、ミニ三脚を選ぶポイントです。

  • 耐荷重
  • 高さ調節ができるか
  • 雲台の種類
  • 素材

の4つのポイントを押さえ、あなたにあったミニ三脚をチョイスしましょう。

参照元:kakaku.com

3.【マンフロット】人気ミニ三脚4選

ここからは人気のミニ三脚をご紹介していきます。

まずは、瀬川陣市さんもおすすめしてくれた『マンフロット』に関する人気の三脚を4つご紹介いたします。

1位.PIXI Smart(PIXI+スマートフォンアダプター)

画像:amazon.co.jp

サイズ(格納)高さ(使用時)重さ耐荷重素材
26cm21cm290g1kg自由雲台

プロおすすめのアイテムでもご紹介した『マンフロット PIXI』にスマートフォン用のアダプターが付属したタイプです。SNS用などに写真や動画を撮影する方はこのアダプターがついたタイプの方が使い勝手がよくおすすめです。

軽量ですので、脚をたためば自撮り棒のようにして使用することも可能。アダプターはスマホのサイズに合わせ調整可能(5.6~8.5cm)ですので、様々なタイプのスマホにフィットします。

PIXI Smart(PIXI+スマートフォンアダプター)の詳細
メーカーマンフロット(Manfrotto)
メーカー希望小売価格4,233円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

2位.PIXI EVO 5段階調節ミニ三脚

画像:amazon.co.jp

サイズ(格納)高さ(使用時)重さ耐荷重素材
20.5cm10.5~20cm260g2.5kg自由雲台

『PIXI EVO』は『PIXI』の後継機種です。耐荷重も1.5kgアップし、高さの調整も可能です。人気youtuberカズさんも愛用していると動画内で紹介されていました。

開脚角度は2段階に、高さは5段階に調整可能で、『PIXI』に比べ様々なアングルでの撮影が可能になっています。3本の脚で高さを調整できるようになったため、斜面などでも安定性を保ち撮影できます。

耐荷重もアップしていることから、フルサイズの一眼レフカメラ(一番大きい一眼レフカメラ、ただしレンズの重さには注意)でも利用できるようになっています。

画像:droneskyfish.com

PIXI EVO 5段階調節ミニ三脚の詳細
メーカーマンフロット(Manfrotto)
メーカー希望小売価格4,924円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

3位.POCKET三脚L ブラック

画像:amazon.co.jp

サイズ(格納)高さ(使用時)重さ耐荷重素材
1cm1~4cm69g1.5kgザマック

こちらは超薄型のミニ三脚で、68gと軽量ですので常にカメラに装着しておいても邪魔になりませんし、低い位置からの撮影や少しだけ角度をつけたいときなどに便利です。

脚には滑り止めにラバーがついており、3つの脚はそれぞれに角度を調整できるため、斜面でも水平を保つことが可能です。

ザマックという材質で作られており、強度が高いのが特徴。LサイズとSサイズ(2,445円)の2サイズがあります。

POCKET三脚L ブラックの詳細
メーカーマンフロット(Manfrotto)
メーカー希望小売価格3,680円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

4位.Befree アルミニウム三脚ボール雲台キット

画像:amazon.co.jp

サイズ(格納)高さ(使用時)重さ耐荷重素材
40cm34~144cm1.4kg4kgアルミ

『マンフロット』最後のご紹介になるのが『Befree』です。こちらはミニ三脚というには少し大きめのサイズですが、別名「トラベラー三脚」とも呼ばれ、プロの旅行写真家からも高い評価を集めているアイテムです。

全伸高144cmと高さもありますが、自由雲台ですので、格納時はとてもコンパクトに収まり、パッド付の専用バッグも付属していますので、持ち運びも楽なアイテムです。

今回はアルミ製をご紹介しましたが、軽さ重視の方はカーボン製もあります。アルミ製はカラーが豊富でグレー、ブルー、グリーン、レッドから選べます。

Befree アルミニウム三脚ボール雲台キットの詳細
メーカーマンフロット(Manfrotto)
メーカー希望小売価格14,800円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

4.レビュー評価の高いミニ三脚ランキング6選

続いて、ここからはレビュー評価の高い、他メーカーのアイテムをご紹介していきます。

1位.Velbon ファミリー三脚 EX-ミニS

画像:amazon.co.jp

サイズ(格納)高さ(使用時)重さ耐荷重素材
25.5cm19~41.7cm428g1.5kgアルミ

『Velbon ファミリー三脚 EX-ミニS』は2WAY雲台のミニ三脚。ハンドルではなく「つまみ」にすることでミニ三脚ならではのスリムな見た目・軽量化を実現しています。

脚は2段階に開脚でき、低いポジションでの撮影も可能です。2way雲台ですので、縦位置での撮影はできず撮影シーンは限られてしまいますが、軽量・コンパクトということで、非常にレビュー評価の高いアイテムです。

女性でも持ち運びやすく、旅行や登山などのお共に人気のアイテムです。

Velbon ファミリー三脚 EX-ミニSの詳細
メーカーベルボン(Velbon)
メーカー希望小売価格6,696円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

2位.Velbon&Coleman トラベル三脚 キューブプラス

画像:amazon.co.jp

サイズ(格納)高さ(使用時)重さ推奨積載質量素材
24cm22.8~94cm390g400gアルミ

アウトドア用品などで広くシェアのある『コールマン(Coleman)』と日本を代表する三脚ブランド『ベルボン』がコラボしたアイテムが『キューブプラス』です。

推奨積載量が400gとコンパクトデジタルカメラ用のミニ三脚。付属のフォルダーを使用すればスマートフォンもしっかり固定することができます。(対応サイズ幅:55~85mm)

雲台部分で細かい角度調整はできないのですが、ストッパーをつまみ動かすことで縦位置での撮影も可能になっています。

8段階に足を伸縮でき、コンパクトながら機能性でも評価されています。カラー展開は、レッド、ピンク、ブルー、オレンジ、ブラックの5色、見た目にもこだわりたいという方にもおすすめです。

画像:amazon.co.jp

Velbon&Coleman トラベル三脚 キューブプラスの詳細
メーカーベルボン(Velbon)
メーカー希望小売価格6,890円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

3位.METRIX 卓上三脚/ミニ三脚

画像:amazon.co.jp

サイズ(格納)高さ(使用時)重さ耐荷重素材
約3.5cm10cm88g800gアルミ・カーボン

『メトリックス(METRIX)』のミニ三脚は単体で、少しだけ高さを出したい時、角度をつけたい時などアングル調整にも便利。また自撮り棒のように手で持ち撮影もできるミニ三脚です。

また、大きな三脚にそのまま取り付け、使用することも可能。折り畳み時は厚さ約3.5cmと非常にコンパクトですので、収納もかさばりません。

手ごろな価格であることも人気のポイントで、コストを抑えられるため別売りのスマホ用ホルダーと一緒に購入するという方も多いようです。

METRIX 卓上三脚/ミニ三脚の詳細
メーカーメトリックス(METRIX)
メーカー希望小売価格550円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

4位.JOBY ゴリラポッド マグネット付きミニ三脚

画像:amazon.co.jp

サイズ(格納)高さ(使用時)重さ耐荷重素材
17cm6~17cm325gABS樹脂,TPE,ステンレススチール,ネオジム磁石

アメリカ発の『ジョビー(JOBY) ゴリラポッド』は多数の関節を持つ脚が特徴的で、今回ご紹介するのはその脚先にマグネットを取り付けたタイプです。

通常の「置く」という使い方だけではなく、手すりに「巻き付け」たり、「金属にくっつける」ことができます。撮影できるアングル、シーンが格段に増えるため、『ゴリラポッド』を複数持っている方も多くいます。

素早くカメラを着脱できるクイックシューも付いたタイプですので、カメラにあらかじめ装着しておけば撮影したいときにサッと撮影できるのも魅力です。

(スマートフォンでの撮影には別売りのアタッチメントが必要です。)

JOBY ゴリラポッド マグネット付きミニ三脚の詳細
メーカージョビー(JOBY)
メーカー希望小売価格2,494円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

5位.SLIK スプリントMINI II

画像:amazon.co.jp

サイズ(格納)高さ(使用時)重さ耐荷重素材
35cm15~109cm780g2kgアルミ

『SLIK』もまた日本有数の三脚メーカーです。『 スプリントMINI II』は非常にコンパクトながら、耐荷重2kgまで乗せることができAPS-C一眼レフカメラ(2番目に大きいサイズ)での使用も可能です。

自由雲台を採用し、クイックシューも付いていますので、着脱もスムーズに行えます。脚を大きく開脚できるため、ローポジションでの撮影にも対応しています。

SLIK スプリントMINI IIの詳細
メーカースリック(SLIK)
メーカー希望小売価格20,520円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

6位.Fotopro三脚 SY-310

画像:amazon.co.jp

サイズ(格納)高さ(使用時)重さ耐荷重素材
17.7cm12.3cm180g1.5kgプラスチック

『フォトプロ(Fotopro)三脚 SY-310』は平行水準器付きのミニ三脚。水準器がついているため、水平を簡単にとることができます。

また、カメラをセットする位置に装着するストラップ付のキャップが付属しており、これがとても便利なアイテム。

携帯にももちろん、収納時、カバンの中の荷物をネジで傷つける心配もありません。コンパクトなサイズですが、安定感があり、耐荷重1.5kgとミラーレスや小型の一眼レフカメラであれば使用可能です。

Fotopro三脚 SY-310の詳細
メーカーフォトプロ(Fotopro)
メーカー希望小売価格2,970円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

ミニ三脚の売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、ミニ三脚の売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonのミニ三脚売れ筋ランキング楽天のミニ三脚売れ筋ランキングYahoo!ショッピングのミニ三脚売れ筋ランキング

瀬川陣市の人気記事

  • フォトグラファーが厳選!おすすめのオールドレンズ&レビューランキング【2019年版】

    フォトグラファーが厳選!おすすめのオールドレンズ&レビューランキング【2019年版】

    一眼レフやミラーレス一眼を使った写真撮影に慣れてきて、もう少し違った雰囲気の写真を撮ってみたいという方におすすめなのがオールドレンズ。 独特のボケ味や、味わい深い質感など、最新のレンズとは違う美しい描写を楽しむことができます。 今回は、フォトライフコンシェルジュとしても活躍する、フォトグラファーの瀬川陣市さんにオールドカメラについてお話を伺いました。 IPPING調べによる『オールドカメラの選び方』や『レビュー評価の高いオールドレンズランキング』も掲載していますので、ぜ...
    218 views
  • 入門機にもぴったり!プロおすすめのトイドローン&ランキング10選【2019年版】

    入門機にもぴったり!プロおすすめのトイドローン&ランキング10選【2019年版】

    一般的なドローンよりも、手頃な価格で手に入るトイドローン。 最近は趣味のひとつとしてトイドローンを購入する人も多く、便利な機能が盛り込まれたものなど、ラインナップもどんどん増えています。 今回は、フォトグラファーとして活躍している瀬川陣市さんに、おすすめのトイドローンについてお話を伺ってみました。 IPPING編集部調べによる、『トイドローンの選び方』や『レビュー評価ランキング』などもあわせてチェックしてみてください。 1.フォトグラファー瀬川陣市さんおすすめのト...
    178 views
  • プロカメラマンがおすすめするデジカメ&人気ランキングTOP20!【2019年版】

    プロカメラマンがおすすめするデジカメ&人気ランキングTOP20!【2019年版】

    デジカメを買おうにも「種類が多すぎて選びきれない」「違いがわからない」という声が多く寄せられています。 カメラ選びに必要なワードは小難しいものばかりで、頭が痛くなってしまうんですよね…。 そこで今回は、プロカメラマンである瀬川陣市さんに、デジカメ初心者の方にもおすすめのデジカメをご紹介していただきました。 この記事ではその他、レビュー評価の高いデジカメを価格別に20点、初心者の方にもわかりやすいようにデジカメの選び方も一緒にご紹介していきます。 デジカメの細かい違いを...
    110 views
  • プロカメラマンおすすめ自撮り棒&人気ランキング10選【2019年版】

    プロカメラマンおすすめ自撮り棒&人気ランキング10選【2019年版】

    今や「自撮り棒」と言えばアウトドアや旅行、イベントの必須アイテムですよね。 大人数での集合写真や、全身を写真に収めたい時など、様々なシーンで活躍します。 しかし、自撮り棒が欲しいと思っても三脚やLEDが付いているアイテムなど様々な種類があり、どれが便利なアイテムなのかわかりづらいですよね。 そこで今回は、フォトグラファーとして活躍し写真撮影の講師もつとめる、瀬川陣市さんにおすすめの自撮り棒をうかがいました。 また自撮り棒のおすすめの選び方や口コミで人気のアイテムも合わ...
    66 views
  • リーズナブルで高性能!フォトグラファーおすすめのネオ一眼&ランキング10選【2019年版】

    リーズナブルで高性能!フォトグラファーおすすめのネオ一眼&ランキング10選【2019年版】

    一眼レフは画質や機能に優れていますが「レンズや設定がよくわからない」「なにより価格が高い…」「でもコンパクトデジタルカメラじゃ画質や機能に限りがある…」など正直、悩ましい点が出てきます。 「ネオ一眼」は、まさに一眼レフとコンデジの中間くらいのカメラをお探しの方に当てはまるかもしれません。 ネオ一眼は、望遠機能に優れているため、レンズを交換する必要もありません。少ない荷物で、目の前から遠くの景色まで幅広いシーンでの撮影をカバーしてくれますよ。 そこで今回、『狙いどおりの写...
    49 views
  • いま買うならこれ!プロカメラマンのおすすめドローン&評価ランキング【2019年版】

    いま買うならこれ!プロカメラマンのおすすめドローン&評価ランキング【2019年版】

    世界中で注目されているドローン。 最近ではドローンを活用したビジネスやイベントなども増えており、これからさらに需要が増えていくことが予想されています。 また、ドローンを趣味のひとつとして楽しむ方も増えてきました。ラジコンのように飛ばして遊んだり、空撮を楽しんだり。子供から大人まで、幅広い世代からの人気を集めています。 今回はドローンを楽しみたい方向けに、おすすめのドローンについて、フォトグラファーの瀬川陣市さんにお話を伺ってみました。 IPPING編集部調べによる「法...
    16 views
  • プロ写真家がおすすめするハイスピードカメラ&人気ランキング10選【2019年版】

    プロ写真家がおすすめするハイスピードカメラ&人気ランキング10選【2019年版】

    いきなりですが、ハイスピードカメラってご存知ですか? 「連写が得意なカメラ?」「一秒でたくさん撮れるカメラ?」といったように、定義がちょっとわかりにくいと感じる方もいるのではないでしょうか。 ハイスピードカメラは、連写機能など高速撮影機能が充実していて、一瞬一瞬の動きを明確に捉え、スローモーション動画のように動きを確認できるカメラなんです。 ハイスピードカメラを使いこなせれば、お子さんの大切な一瞬や、動きの速いものをじっくり観察したいときにとても役立つので、今注目のカメ...
    45 views
  • プロカメラマンおすすめの防湿庫&人気ランキングTOP10【2019年版】

    プロカメラマンおすすめの防湿庫&人気ランキングTOP10【2019年版】

    あなたの大切なカメラ、家に帰ってカメラバックに入れたままにしたり、押し入れや棚にしまったりしていませんか?それだと映像素子やレンズにカビが生えてしまうかもしれません。 日本は平均湿度が70%にもなる湿気地域です。大切なカメラが取り返しの付かないことになる前に、しっかりした防湿対策で、カメラやレンズを守りましょう。 そこで今回、写真家の瀬川陣市さんにおすすめの防湿庫を教えていただきました。 またIPPING編集部による、防湿庫が必要な理由、ユーザーレビューの評価が高い防湿...
    13 views
  • 初心者にも!フォトグラファーおすすめトイカメラ&人気ランキング10選【2019年版】

    初心者にも!フォトグラファーおすすめトイカメラ&人気ランキング10選【2019年版】

    色鮮やかな写真、ピンボケ写真…そんなちょっと変わったアおしゃれな写真を手軽に撮影できる「トイカメラ」。SNSに夢中の若い世代からもアートのような写真は注目の的。 ですが、スマホなどになれてしまっている方は「難しそう」「扱いが大変そう」と中々挑戦できないという方も多数いるようです。 そこで今回、そんなトイカメラ初心者の方にもおすすめのアイテムを写真家、瀬川陣市さんにご紹介いただきました。 また、トイカメラを選ぶときにチェックしておくといいポイントやおすすめアイテムのランキ...
    12 views
  • 繊細なカメラをホコリから守る!プロおすすめカメラブロアー&人気ランキング10選【2019年版】

    繊細なカメラをホコリから守る!プロおすすめカメラブロアー&人気ランキング10選【2019年版】

    大切な瞬間を、鮮やかな写真で残すカメラ。そんなカメラのクリーニングは、しっかりと行っていきたいですよね。 そこで活躍するのがカメラブロアーです。空気の力でカメラに付着したホコリや汚れを守る単純な構造ですが、材質や形状、サイズが様々で、はじめて購入される方はどういうカメラブロワーを買えばよいか迷ってしまうかもしれません。 そんなカメラブロアーを賢く選ぶために、まずフォトグラファーとして活躍している瀬川陣市さんに、おすすめのカメラブロワーを選んでいただきました。 そして、押...
    29 views
  • プロカメラマンがおすすめする優秀な一脚&人気ランキング10選【2019年版】

    プロカメラマンがおすすめする優秀な一脚&人気ランキング10選【2019年版】

    お子さんの運動会や発表会など撮影スペースが限られており、三脚を広げられない時に大活躍してくれる「一脚」。 ですが、実際に買ってみると「重たくて持ち運びが大変」「そんなに便利じゃなかった」なんて声も…。そこで今回は、一脚を選ぶ際チェックしておきたいポイントをご紹介していきます。 併せて、プロカメラマンである瀬川陣市がおすすめしてくれた一脚とレビュー評価の高い人気アイテムも一緒にご紹介していきますので、ぜひ参考にされてみてください。 一脚を上手に利用して、最高の形で動画や写...
    11 views
  • フォトグラファーに聞いた!プロおすすめの防水カメラ&人気アイテム10選【2019年版】

    フォトグラファーに聞いた!プロおすすめの防水カメラ&人気アイテム10選【2019年版】

    沖縄への卒業旅行、新婚旅行でのシュノーケリング、親子でプールや海水浴…水辺での思い出を記念に残すための必須アイテムが「防水カメラ」です。 ですが、実際に探してみると、種類が多く、一体何を重視し、何を無視すればいいのかわからないとお悩みの方が多いようです。一生に一度の大切な瞬間を納得のいく形で残すため、絶対に失敗はしたくないですよね。 そこでこちらの記事では写真家、瀬川陣市さんおすすめの「初めての防水カメラ」をうかがいました。その他、選び方のポイントや人気の防水カメラも合わ...
    29 views

瀬川陣市の新着記事

中村 飛鳥

中村 飛鳥

hair salon Gallica オーナー

2015年表参道で『hair salon Gallica(ガリカ)』をオープン。『HOT PEPPER Beauty』で2年連続"GOLD Prize" 受賞。

山形 栄介

山形 栄介

HAIR & MAKE

2010年〜2017年まで『ROI hair & make』所属、2017年からフリーランスのヘアメイクとして活動中。「ガンちゃん」という愛称で有名モデルやタレントから指名多数。

浦 大輔

浦 大輔

ジュニア時代、関西ジュニアゴルフ選手権 優勝など輝かしいタイトル多数獲得。2009年、独自の理論によるゴルフレッスンを開始。「√dゴルフアカデミー」は予約が取れないほど人気がある。 米国PGAでも屈指の飛ばし屋と同等の飛距離を実証。

大山 旬

大山 旬

人気スタイリスト。日本最大級のファッション学習サイト「メンズファッションスクール」主宰。これまでに著書は5冊出版。累計8万部を突破。読売新聞、朝日新聞、NHK、TBS、テレビ朝日、フジテレビなどメディア出演も多数。

佐々木 英雄

佐々木 英雄

2013 年、株式会社しるべを設立。大学生を主な対象に、即戦力人財育成のための教育事業を無償で提供。

高橋 良輔

高橋 良輔

ボクシング東洋太平洋第12代クルーザー級(〜90kg)チャンピオン

2006年、日本人2人目となる東洋太平洋クルーザー級王座を獲得。2015年、『株式会社闘争心』の設立、代表を務める。

小早川 渉

小早川 渉

パーソナルトレーナー、パワーリフター。パワーリフティング全日本選手権11度優勝。トップレベルの現役選手でありながら、ReebokONEアンバサダー、ゴールドジムオフィシャルパーソナルトレーナーとして活躍。 数々のトップアスリートを指導している。公式...

剱持 百香

剱持 百香

有名美容家の元でアシスタントを務め、現在はVOCE/anan/michillなど様々なメディアで美容ライターとして活躍中。特に紫外線ケアを徹底しており、美白命の紫外線マスターとしてインスタグラムのフォロワーは9000人以上。日本化粧品検定1級、化粧品成分検定1...

瀬川陣市

瀬川陣市

写真家・講師・ライター。 会社員を経て渡米、日本語教師を勤めたのち、美術大学に入学し写真を学ぶ。 ドローンでの動画撮影にも着手。長崎県五島市アンバサダーに就任し、写真動画による地域興しにも貢献。 全国商工会議所や企業での講演、メディア出演な...

疋田智

疋田智

自転車で通勤する人を意味する言葉「自転車ツーキニスト」の名付け親。 メールマガジン『疋田智の週刊自転車ツーキニスト』では自転車通勤に関するノウハウを発信。TBSラジオ「ミラクル・サイクル・ライフ」(日曜よる6時半からTBS・ABC2局ネット)パーソ...

カテゴリから探す