電動歯ブラシおすすめ!プロの逸品&人気ランキング20選

手動の歯ブラシでは味わうことのできないスッキリ感を味わうことができる電動歯ブラシ。

細かいところまでしっかりと磨くことができるため、一度使ったら手放せなくなったという人もいるほどです。

電動歯ブラシは様々なメーカーから発売されており、種類も豊富。値段も数千円〜数万円とピンキリなので、どれを選べば良いか悩んでしまうという方も多いのではないでしょうか。

今回は電動歯ブラシをお探しの方のために、『青山通り歯科』の院長を務める矢島昇悟さんにおすすめの電動歯ブラシを教えて頂きました。

またIPPING編集部調べによる、「電動歯ブラシのメリットと正しい使い方」「電動歯ブラシの選び方」「レビュー評価の高い電動歯ブラシ人気ランキング」などもまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

最終更新日:2019年2月28日
1,512 views
矢島昇悟

矢島昇悟 のプロフィール

歯科医師。“リラックス出来る治療”にこだわる『青山通り歯科』院長。所属学会「日本顎咬合学会」「アンチエイジング学会」「日本口腔インプラント学会」ほか。

この専門家の他の記事を見る

1.歯科医おすすめの電動歯ブラシ

早速、矢島昇悟さんおすすめの電動歯ブラシをご紹介します。

画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ

Philips

ソニッケアー プロテクトクリーン

HX6819/05
参考価格6,399円(税込)

電動歯ブラシの人気メーカー『Philips』のアイテムです。

1分間に約31,000回の高速振動で汚れをしっかり除去。音波によって水流を発生させ、歯の隙間の歯垢も綺麗に落としてくれます。

またブラッシングが強すぎることを感知すると、ハンドルを振動させて教えてくれる機能や、ブラシヘッドの交換お知らせ機能など、付加機能も充実しています。

矢島昇悟さんレビュー

矢島昇悟
同業の歯医者さんの中でも愛用者が多いと感じるのが『Philips ソニッケアーシリーズ』の電動歯ブラシです。

この『ソニッケアーシリーズ』には、『プレミアム』や『ダイヤモンドクリーン スマート』などのラインナップがありますが、おすすめはこちらのノーマルタイプ。

ノーマルタイプ以外の製品には、振動の強弱が細かく調整できたり、USB充電ができたりというオプション機能が付いていますが、基本的な性能は変わらないため、初めての方はノーマルタイプで十分満足できると思います。

電動歯ブラシに抵抗があるという方も多いと思いますが、歯磨きの時間短縮になるのでぜひ使ってみてください。磨き方があまり上手でない方も、磨き残しを減らすことができますよ。

Philips ソニッケアー プロテクトクリーンの詳細
メーカーPhilips
駆動方式音波式
ブラシ振動数約31,000回/分
バッテリー方式充電式
 参考価格6,399円(税込)

2.電動歯ブラシのメリットと正しい使い方

電動歯ブラシにはどんなメリットがあるのでしょうか。また、電動歯ブラシのメリットをさらに引き出すために、正しい使い方を理解しておきましょう。

メリット

電動歯ブラシのメリットはズバリ、短時間でしっかり汚れを落としてくれるというところ。

手動の歯ブラシで歯垢を綺麗に落とすためには、最低でも10分は磨き続けなければいけないと言われています。

電動歯ブラシは、ゴシゴシと手を動かして磨かなくても、歯に当てるだけで素早く汚れを落としてくれるため、手間も時間も省くことができます。

まだ歯を綺麗に磨くことができない小さなお子様や、長時間歯磨きをすることが難しいご高齢の方にもおすすめです。

正しい使い方

正しい電動歯ブラシの持ち方、磨き方に付いて解説します。

電動歯ブラシの持ち方

画像:amazon.co.jp

手動の歯ブラシの場合、余計な力が入り過ぎないよう、鉛筆を持つのと同じように持つと良いと言われています。

しかし電動歯ブラシの場合は、本体に重みがあり、さらに磨いている間は振動しているため、柄の部分をしっかり握るように持つのがおすすめです。

テニスのラケットを握るような感じで持ってみてください。

磨き方

電動歯ブラシは、手動とは違いゴシゴシと歯ブラシを動かす必要はありません。歯一本一本を磨くイメージでゆっくりと動かしていきます。

汚れが残っていると炎症が起きやすい歯と歯茎の境目には、歯ブラシを45度の角度で当てて磨いていきます。

歯の表面と噛み合わせ部分は、歯ブラシを垂直に。前歯の裏側など細かい部分は、歯ブラシのヘッドを立てるようすると綺麗に磨くことができます。

電動歯ブラシを使う時は、ブラシを歯に強く押し付けないように気をつけましょう。歯ブラシの寿命が短くなるだけでなく、歯茎を痛める原因にもなります。

こちらの動画でも詳しく説明されていますので、参考にしてみてください。

3.電動歯ブラシの選び方

自分に合った電動歯ブラシを見つけるには、どのように選べば良いかを解説していきます。

駆動方式で選ぶ

電動歯ブラシには、3つのタイプがあることをご存知でしょうか。駆動方式によって、それぞれ特徴が異なります。

振動式

振動式の電動歯ブラシは、普通の歯ブラシと最も近い形をしています。ブラシ部分が上下に細かく振動するため、手動で磨くよりもスッキリと汚れが落ちます。

また、3つのタイプの中で最も値段がリーズナブル。安いものだと1,000円程度で購⼊することができますが、パワーが非常に弱いので注意が必要です。

まずは、電動⻭ブラシがどんなものか使ってみたいという⽅にはおすすめです。

回転式

画像:amazon.co.jp

回転式の電動歯ブラシは、ブラシの部分が楕円ではなく丸型になっています。

ブラシが歯を包み込むように円を描きながら回転するため、普通の歯ブラシでは届きにくい部分までしっかり磨くことができます。硬くこびりついた歯垢も、ブラシが回転することによって綺麗に落とせるところが特徴です。

汚れをしっかり落とすことができますが、その分歯茎への刺激が強いため、炎症を起こしやすいという方は注意が必要。また、振動が大きく、音が気になるという場合もあります。

音波式

画像:amazon.co.jp

音波式の電動歯ブラシは、見た目は振動式の歯ブラシとほぼ同じ。違うのは振動数です。

一般的な振動式の電動歯ブラシの振動数は1分間に5,000回程度ですが、音波式の振動数は1分間に30,000回程度。超高速の振動で、歯の汚れをしっかり落としてくれます。

また歯茎への刺激も少ないため、炎症が起きやすいという方でも安心。

音波式の電動歯ブラシは3つのタイプの中で最も高価ですが、性能にこだわりたいという方はこのタイプがおすすめです。

バッテリー方式で選ぶ

電動歯ブラシには、2つのバッテリー方式があります。

充電式

画像:amazon.co.jp

充電式の電動歯ブラシは、定期的に歯ブラシの本体を充電器に繋ぐだけなので、手間がかかりません。洗面所など、電動歯ブラシを使用する場所に充電器を置いておくスペースがあると便利です。

ただし長期の出張や旅行などで持ち運ぶ際には、充電器をセットで持ち運ぶ必要があります。充電時間や連続使用可能時間をあらかじめ確認しておきましょう。

電池式

外出先で使用することが多いという方には、電池式がおすすめ。電源がない場所でも安心して使うことができます。

電池を購入したり交換したりする手間はありますが、自宅だけではなく持ち運んで使うという方には電池式がおすすめです。

付加機能で選ぶ

画像:amazon.co.jp

最近は、ただ歯を磨けるというだけでなく、様々な付加機能がついた電動歯ブラシが増えてきました。

まず付いていると嬉しいのが防水機能。本体を丸洗いできる電動歯ブラシなら、毎日使用しても清潔に保つことができます。

また、最近注目されているのがBluetoothなどを使ってスマートフォンと連動して使うことができる製品。専用アプリを使って、磨き残しはないかチェックしながら歯を磨くことができます。

スマホ連動型の電動歯ブラシは、小さなお子様の歯磨きトレーニングにもぴったり。

歯磨きをするとアプリ上でご褒美アイテムが貰えるなど、毎日の歯磨きをゲーム感覚で楽しむことができるような仕組みになっています。

4.電動歯ブラシのおすすめメーカー

電動歯ブラシと言えば、おすすめは以下の4つのメーカーです。

Panasonic(パナソニック)

日本を代表する電気機器メーカーの『Panasonic』。音波式電動歯ブラシの『Doltz(ドルツ)』シリーズが人気です。

Philips(フィリップス)

ヘルスケア製品や医療関連機器を中心に扱う、オランダの電気機器関連機器メーカーです。

音波式電動歯ブラシの『ソニッケアーシリーズ』は、様々なラインナップを取り揃えています。

BRAUN(ブラウン)

ドイツに本社を構える小型電気機器メーカー。日本では電動歯ブラシのほか、電気シェーバーも人気があります。

人気の『オーラルB』は、歯科医療関係者からも評価の高いシリーズです。

OMRON(オムロン)

日本の大手電気機器メーカー『OMRON』。本社は京都にあります。

主に音波式の電動歯ブラシを取り扱っており、そのラインナップは20種類以上と豊富です。

5.レビュー評価の高い電動歯ブラシ人気ランキング

実際使っている方から評判の良い電動歯ブラシをご紹介します。5,000円未満、10,000円未満、10,000円以上に分けてランキングにしているので、予算に合わせて選んでみてください。

5,000円未満の電動歯ブラシ人気ランキング

まずは5,000円未満の電動歯ブラシをご紹介します。

画像:amazon.co.jp

1位

Loftwell

電動歯ブラシ

D6

参考価格3,980円(税込)

中国メーカー『Loftwell』の電動歯ブラシです。シンプルで丸みのあるデザインが評判で、女性からも大人気。手頃な値段なので、プレゼント用として購入している方も多いようです。

音波水流によって、ブラシの届かない箇所まで汚れを落としてくれるところが1番の特徴です。

運転モードは、清潔モード、敏感モード、ホワイトニングモード、色素沈着を防ぐモードの4つ。

口腔内の状態や、求めている効果によって選ぶことができます。電動歯ブラシ初心者の方でも、使いやすい設計です。

Loftwell 電動歯ブラシ D6の詳細
メーカーLoftwell
駆動方式音波式
ブラシ振動数約42,000回/分
バッテリー方式充電式
参考価格3,980円(税込)
画像:amazon.co.jp

2位

Philips

ソニッケアー イージークリーン

HX6521/01
参考価格3,989円(税込)

オランダの電子機器メーカー『Philips』の電動歯ブラシです。

『ソニッケアーシリーズ』の中にもたくさんの種類がありますが、手頃な価格で愛用者が多いのがこの『イージークリーン』。

歯磨きモードは1種類のみ、付属の替えブラシも1本のみと必要最低限なものに限られていますが、毎日の歯磨きには問題なく使うことができます。

手頃な価格ですが、備えられている機能が豊富なところもポイントです。

特に注目すべきは、磨き時間をタイマーでお知らせしてくれるカドペーサー機能。歯の上下、表裏の4つのセクションに分割して均等にブラッシングすることができます。

Philips ソニッケアー イージークリーンの詳細
メーカーPhilips
駆動方式音波式
ブラシ振動数約31,000回/分
バッテリー方式充電式
参考価格3,989円(税込)
画像:amazon.co.jp

3位

​KIVOS

超音波振動電動歯ブラシ

S52

参考価格2,727円(税込)

Amazonで人気の電動歯ブラシメーカーのひとつ『KIVOS』の電動歯ブラシです。

運転モードは、スローモードと高速モードの2種類。

毎分約32,000回回転するスローモードは、敏感な部分を磨くのにぴったり。毎分約38,000回回転する高速モードは、頑固な汚れをしっかり落としてくれます。

また、充電ケーブルはUSBから取ることができるので出張先などでも安心。内側が黄緑色、外側が黒の木目調になっている専用ケースもとってもおしゃれです。

​KIVOS 超音波振動電動歯ブラシ S52の詳細
メーカーKIVOS
駆動方式音波式
ブラシ振動数最大約38,000回/分
バッテリー方式充電式
参考価格2,727円(税込)
画像:amazon.co.jp

4位

BRAUN

ブラウンオーラルB すみずみクリーンEX

D12013AE
参考価格1,199円(税込)

ドイツの小型電気器具メーカー『BRAUN』の電動歯ブラシです。

『すみずみクリーンシリーズ』は、2016年4月に発売された人気のシリーズ。手磨きの12倍のブラッシング回数で、より高い歯垢除去率の実現を目指しています。

『すみずみクリーンEX』のブラシヘッドは、特殊技術を用い16度に傾斜させた毛先を交差させて植毛しています。それによって、歯茎のキワまでしっかりケアすることが可能です。

またこのブラシは、多くの歯科医院で使用されているものと同じ形状の丸形ブラシ。左右に高速回転するブラシが、歯の1本1本を磨き上げます。

BRAUN ブラウンオーラルB すみずみクリーンEXの詳細
メーカーBRAUN
駆動方式回転式
ブラシ振動数約7,600回/分
バッテリー方式充電式
参考価格1,199円(税込)
画像:amazon.co.jp

5位

Fairywill

電動歯ブラシ

FW-507

参考価格3,228円(税込)

『KIVOS』と同じく、Amazonで人気のある電動歯ブラシメーカー『Fairywill』。中でも3,000円代で替えブラシまでセットになっているこちらの製品は、コスパが良いと評判です。

運転モードは、ホワイトモード、クリーンモード、センシティブモード、ポリッシュモード、マッサージモードの5つです。

特に注目したいのは、歯を磨き上げて光沢を与えるポリッシュモードと、歯茎を適度に刺激してマッサージをしてくれるマッサージモード。これひとつで口腔内の様々なケアができます。

Fairywill 電動歯ブラシ FW-507の詳細
メーカーFairywill
駆動方式音波式
ブラシ振動数約40,000回/分
バッテリー方式充電式
参考価格3,228円(税込)
画像:amazon.co.jp

6位

OMRON

音波式電動歯ブラシ メディクリーン

HT-B307

参考価格2,780円(税込)

販売元の『オムロン株式会社』は、昭和21年創業。本社があった京都の御室(おむろ)という地名にちなんで名付けられた社名なのだそうです。

この電動歯ブラシの1番の特徴は、ステインを徹底的に除去する極細スパイラルブラシ。手磨き歯ブラシと歯磨き粉でグローバルシェアNo.1を誇る『コルゲート社』との共同開発で作られたブラシです。

らせん状のブラシ表面の凹凸が、歯の表面についたステインをしっかり落としてくれます。

カラーは、ラベンダーとホワイトの2種類。充電台がとてもコンパクトなので、洗面所でも邪魔にならずに使えます。

OMRON 音波式電動歯ブラシ HT-B307 メディクリーンの詳細
メーカーOMRON
駆動方式音波式
ブラシ振動数約25,500回/分
バッテリー方式充電式
参考価格2,780円(税込)
画像:amazon.co.jp

7位

Fairywill

電動歯ブラシ

FW-2205D

参考価格2,299円(税込)

2018年に発売した『Fairywill』の回転式電動歯ブラシです。

人間工学に基づいたハンドルデザインで、持ちやすく、磨きやすいと評判。また、本体は丸洗いできるため、清潔に保つことができます。

カラーはブラックでスタイリッシュなデザインなので、男性の愛用者も多いそう。

フル充電するには24時間かかりますが、フル充電の状態で14日間使用することができます。長期間持つので、旅行や出張の際も便利です。

Fairywill 電動歯ブラシ FW-2205Dの詳細
メーカーFairywill
駆動方式回転式
ブラシ振動数約8,800回/分
バッテリー方式充電式
参考価格2,299円(税込)
画像:amazon.co.jp

8位

KIPOZI

電動歯ブラシ

K-508

参考価格2,780円(税込)

『KIPOZI』の音波式電動歯ブラシ。毎分40,000回の高速振動で、歯の汚れを綺麗に落としてくれます。

注目は、特殊なW型のブラシヘッド。歯と歯茎にぴったりフィットして、細かい部分もしっかり磨き上げます。

また、スマートタイマー機能が搭載されており、2分間の運転で自動的にスイッチオフ。最適なブラッシング時間を教えてくれるので、自分で時間を測る必要もありません。

4時間の充電でおよそ30日間使用することができます。1ヶ月に1回充電するだけなので、とても手軽です。

KIPOZI 電動歯ブラシ K-508の詳細
メーカーKIPOZI
駆動方式音波式
ブラシ振動数約40,000回/分
バッテリー方式充電式
参考価格2,780円(税込)
画像:amazon.co.jp

9位

Apiyoo

電動歯ブラシ

P7

参考価格3,299円(税込)

『Apiyoo』というメーカーの音波式電動歯ブラシです。

毎分36,800回という高速振動でしっかり汚れを落としてくれるということに加えて、音が静かなところも評価されているポイントです。

運転モードは、ソフトモード、センシティブモード、クリーンモード、プロテクトモード、ホワイトニングモードの5つ。歯茎が荒れているから優しく磨きたい、歯を白くしたいなど、様々な要望に合わせて選ぶことができます。

また、防水機能付きで丸洗いも可能です。

Apiyoo 電動歯ブラシ P7の詳細
メーカーApiyoo
駆動方式音波式
ブラシ振動数約36,800回/分
バッテリー方式充電式
参考価格3,299円(税込)
画像:amazon.co.jp

10位

COULAX

電動歯ブラシ

HH06001
参考価格2,265円(税込)

『COULAX』の音波式電動歯ブラシ。こちらは特に女性の方におすすめしたい製品です。

ブラシには、『DuPont社』が製造している柔らかく細い毛を使っています。そのため、歯や歯茎を傷つけることなく、細かい部分までしっかり入り込んで汚れを落としてくれます。

本体は細長く握りやすいため、手の小さい女性の方でも使いやすいのが特徴。ホワイトに、ピンクゴールドのアクセントもおしゃれです。

クリーンモード、ソフトモード、ホワイトモードという3つのモードに切り替えることができます。

COULAX 電動歯ブラシの詳細
メーカーCOULAX
駆動方式音波式
ブラシ振動数約28,000回/分
バッテリー方式充電式
参考価格2,265円(税込)

5,000円~10,000円未満の電動歯ブラシ人気ランキング

次に、5,000円〜10,000円未満の電動歯ブラシをランキングでご紹介します。

画像:amazon.co.jp

1位

BRAUN

オーラルB PRO2000

D205232MXBK

参考価格8,298円(税込)

『BRAUN オーラルBシリーズ』の中でも、徹底した歯垢除去を実現するためのモデルがこちらの『PRO2000』。回転式の丸型ブラシで、歯を1本1本包み込み磨き上げます。

ブラシを歯にあてる力が強いと、防止センサーが光ってお知らせ。加圧ストッパーが自動的に上下運動をストップします。磨く時力を入れ過ぎてしまうという方にぴったりの機能ですね。

カラーは、ブラックとプロヴァンスピンクの2色。特にプロヴァンスピンクは、電動歯ブラシにはなかなかない色合いで、女性の方に人気があります。

BRAUN オーラルB PRO2000の詳細
メーカーBRAUN
駆動方式回転式
ブラシ振動数約40,000回/分
バッテリー方式充電式
参考価格8,298円(税込)
画像:amazon.co.jp

2位

KIVOS

超音波振動歯ブラシ

S6102

参考価格5,879円(税込)

『KIVOS』の大人向け音波電動歯ブラシです。

クリーンモード・美白モードという2つのブラッシングモードと、3種類の速度調整があるので、好みに合わせて設定することができます。

1日2回2分間使用した場合、6時間の充電で60日間使用できます。一般的な電動歯ブラシよりも持続時間が長いため、持ち運ぶことが多いという方におすすめ。

UV除菌のケース付きで丸洗いもできるため、いつでも清潔に保つことができます。

KIVOS 超音波振動歯ブラシ S6102の詳細
メーカーKIVOS
駆動方式音波式
ブラシ振動数最大41,000回/分
バッテリー方式充電式
参考価格5,879円(税込)
画像:amazon.co.jp

3位

Philips

ソニッケアー プロテクトクリーン

HX6819/05
参考価格6,399円(税込)

プロのおすすめとしてもご紹介した『Philips ソニッケアー プロテクトクリーン』。Amazonのレビューでも高い評価を得ています。

こちらは2018年7月に発売された新しいシリーズ。電動歯ブラシを初めて使う方に使いやすい機能を重視して開発されたそうです。

実際口コミ評判でも、初めて電動歯ブラシを購入したという方の声が目立ちました。「今までよりも短い時間でツルツルになる」という喜びの声があがっています。

Philips ソニッケアー プロテクトクリーンの詳細
メーカーPhilips
駆動方式音波式
ブラシ振動数約31,000回/分
バッテリー方式充電式
参考価格6,399円(税込)
画像:amazon.co.jp

4位

Panasonic

ドルツ

EW-DM61

参考価格5,240円(税込)

『Panasonic』を代表する電動歯ブラシシリーズの『Doltz』。中でもこちらの『EW-DM61』は、基本的な機能を備えたスリムモデルで、初めての方におすすめです。

特徴は、細さ約0.02mmの極細毛ブラシ。デリケートな歯周ポケットや歯間に極細毛がしっかり入り込み、汚れを掻き出してくれます。

運転モードは、ノーマルモードとソフトモードの2段階あるため、刺激に弱いという方でも安心です。

カラーは、ホワイトとブルーの爽やかな2色展開です。

Panasonic ドルツ EW-DM61の詳細
メーカーPanasonic
駆動方式音波式
ブラシ振動数約31,000回/分
バッテリー方式充電式
参考価格5,240円(税込)
画像:amazon.co.jp

5位

Loftwell

電動歯ブラシ

D9

参考価格5,680円(税込)

手磨きの10倍の歯垢除去力を実現する『Loftwell 電動歯ブラシ D9』。隅々までしっかり磨いてツルツルになると評判です。

振動数は、毎分約42,000回。これは『Loftwell』の電動歯ブラシの中でも最大レベルの振動数です。

運転モードは、クリーンモード、敏感モード、ホワイトモードの3種類。口腔内の状態に合わせて汚れを落とすことはもちろん、コーヒーやタバコのステイン汚れを除去してくれます。

歯ブラシの背面には舌磨き用のブラシが付いているため、これ1本で口臭ケアもできます。

Loftwell 電動歯ブラシ D9の詳細
メーカーLoftwell
駆動方式音波式
ブラシ振動数約42,000回/分
バッテリー方式充電式
参考価格5,680円(税込)

10,000円以上の電動歯ブラシ人気ランキング

最後に、10,000円以上の電動歯ブラシをランキングでご紹介します。

画像:amazon.co.jp

1位

Philips

ソニッケアー ダイヤモンドクリーン

HX9302/51
参考価格11,200円(税込)

『Philips ソニッケアー ダイヤモンドクリーン』の特徴は、ブラシにあります。

このダイヤモンドクリーンブラシヘッドは、ダイヤモンド型の毛先を採用。歯垢をしっかり取り除くことはもちろん、約1週間でコーヒーなどの着色汚れを綺麗にしてくれます。

運転モードは、クリーン、センシティブ、ポリッシュ、ホワイト、ガムケアの5つ。

特に歯と歯茎の境目を優しく磨くためのガムケアモードは、磨き残しによって炎症を起こしやすい方におすすめです。

Philips ソニッケアー ダイヤモンドクリーンの詳細
メーカーPhilips
駆動方式音波式
ブラシ振動数約31,000回/分
バッテリー方式充電式
参考価格11,200円(税込)
画像:amazon.co.jp

2位

Philips

ソニッケアー ダイヤモンドクリーン ディープクリーン エディション

HX9304/08
参考価格14,376円(税込)

大人気の『ソニッケアー ダイヤモンドクリーン』に新たなカラーとブラッシングモードを備えたモデルが『ソニッケアー ダイヤモンドクリーン ディープクリーン エディション』です。

既存の3色に加えて、ローズゴールドを追加。柔らかく品のあるカラーで、大人の女性からの人気も高いようです。

新しく搭載されたのは、ディープクリーンモード。3分間の動作の中で、歯垢を落とす動きと歯茎を刺激する動きを交互に繰り返し、磨き残しを防いでくれます。

Philips ソニッケアー ダイヤモンドクリーン ディープクリーン エディションの詳細
メーカーPhilips
駆動方式音波式
ブラシ振動数約31,000回/分
バッテリー方式充電式
参考価格14,376円(税込)
画像:amazon.co.jp

3位

Panasonic

ドルツ

EW-DP51

参考価格19,190円(税込)

『Panasonic ドルツ EW-DP51』は、2017年9月に発売されたモデル。最新技術のW音波振動を使ったパワフルな動きが特徴です。

W音波振動とは、従来のヨコ振動に加えて、タタキ振動を加えたもの。この2つの振動が、歯の表面だけでなく歯周ポケットや歯間の汚れを除去してくれます。

運転モードは、Wクリーンモード、ノーマルモード、ソフトモード、ガムケアモード、ステインオフモードの5つ。

ボタンひとつでモードの切り替えができ、さらにそのモードを記憶する機能もあるため、毎回スムーズに使うことができます。

Panasonic ドルツ EW-DP51の詳細
メーカーPanasonic
駆動方式音波式
ブラシ振動数約31,000回/分
バッテリー方式充電式
参考価格19,190円(税込)
画像:amazon.co.jp

4位

BRAUN

ブラウンオーラルB ジーニアス9000

D7015256CTBK
参考価格19,800円(税込)

『BRAUN ブラウンオーラルB』の中でも1番人気のこのシリーズ。『ジーニアス9000』は、スマホアプリと連動したプレミアムケアができる電動歯ブラシです。

搭載しているポジション検知機能では、磨き残し箇所を判別してお知らせ。スマートフォンに表示される歯のイラストを使って、磨き残しのある部分を教えてくれます。

また、約0.01mmの極細毛を採用したブラシが、細かい隙間にフィットして、歯垢を綺麗に除去します。

ホワイト、ブラック、ローズゴールドに加えて、女性らしいモロッコデザインも人気です。

BRAUN ブラウンオーラルB ジーニアス9000 の詳細
メーカーBRAUN
駆動方式音波式
ブラシ振動数約48,000回/分
バッテリー方式充電式
参考価格19,800円(税込)
画像:amazon.co.jp

5位

BRAUN

ブラウンオーラルB ジーニアス10000

D7015266XCMBK
参考価格24,000円(税込)

『BRAUN ブラウンオーラルBシリーズ』の最高峰であるこの電動歯ブラシ。

選べる6つのモードとアプリ連動機能を搭載し、まるで歯医者さんでクリーニングをしてもらったようなツルツルの磨き上がりを実現しています。

ブラッシングモードは、歯垢、黄ばみ、歯茎の腫れ、口臭などのお悩みに対応する6つ。口腔内の状況はその時々によって変化するものなので、ひとつで複数のケアができるのは嬉しいポイントです。

またこのシリーズは、240Vまで対応しているため、海外旅行のお供にもぴったりです。

BRAUN ブラウンオーラルB ジーニアス10000の詳細
メーカーBRAUN
駆動方式音波式
ブラシ振動数約48,000回/分
バッテリー方式充電式
参考価格24,000円(税込)

電動歯ブラシの売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、電動歯ブラシの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonの電動歯ブラシ売れ筋ランキング楽天の電動歯ブラシ売れ筋ランキングYahoo!ショッピングの電動歯ブラシ売れ筋ランキング

矢島昇悟の人気記事

矢島昇悟の新着記事

瀬川陣市

瀬川陣市

全国商工会議所や、SONY・サントリーなど有名企業での講演、メディア出演など多数の実績を持つフォトグ...

吉野健一

吉野健一

自動車専門誌『JEEP LIFE』『LAND ROVFR LIFE』の元編集長。『日刊カーセンサー』『朝日新聞デジタル &...

近藤淳子

近藤淳子

JSAサケ・エキスパート認定講師。元TBS系列北陸放送、ホリプロアナウンス室所属のフリーアナウンサー。...

ソムリエK

ソムリエK

元ソムリエ日本一。ソムリエ呼称資格、料飲接遇サービス士(国家資格)を保有。10年以上外資系ホテルに...

馬場さおり

馬場さおり

美容家としてセミナー講師やメディア出演多数。専門の予防医学を基盤としたスキンケアから化粧品、メイ...

柳谷智宣

柳谷智宣

キャリア20年目のITライター。2017年Microsoftの「Windows Insider Meetup in Japan 2」に登壇。TV出演...

高野ひとみ

高野ひとみ

JPM認定パーソナルメイクアドバイザー。化粧品メーカーで商品開発や美容部員として女性をカウンセリング...

村上淳子

村上淳子

海外スターや現地でのロケ取材多数。20年以上に渡り、海外ドラマ&映画について魅力を伝え続けている。...

vapestudio

vapestudio

日本最大級の電子タバコ・VAPE専門店。一定以上の品質基準をクリアした商品を取り扱う東証1部上場企業の...

倉島英昭

倉島英昭

ウイスキー文化研究所4代目マスターオブウイスキー。同認定ウイスキーレクチャラー。雑誌ウイスキーガロ...

青木伸夫

青木伸夫

日本キャンプ協会キャンプディレクター(1級)、日本バーベキュー協会 インストラクター(上級)、自然体験...

夏目あや子

夏目あや子

不動産会社、設計事務所勤務を経て、2009年からブログ「なつめの手仕事日記 」をスタート。「暮らす」を...

牧野仁

牧野仁

NHK BS『ラン×スマ』にマラソン完走請負人として出演。NTT健康保険組合健康セミナー講師など、パーソナ...

DIY FACTORYFUTAKOTAMAGAWA

DIY FACTORYFUTAKOTAMAGAWA

DIYを体験できる体験型店舗として2015年4月オープン。一般家庭で利用しやすいDIYアイテムを厳選し販売。...

友田晶子

友田晶子

トータル飲料コンサルタント。(社)日本ソムリエ協会認定「シニア・ソムリエ」、NPO法人FBO認定日本酒...

剱持 百香

剱持 百香

美白命の紫外線マスターとしてインスタグラムのフォロワーは9000人以上。 VOCE/anan/michillなど様々な...

島村楽器

島村楽器

全国39都道府県に160店舗以上を展開する日本最大の楽器小売店。1962年にヤマハ音楽教室を開設し、日本有...

矢田部明子

矢田部明子

『カーセンサー』『宝島社・MonoMax』『月刊誌driver』などの雑誌や『朝日新聞デジタル』など様々なメデ...

小早川 渉

小早川 渉

パーソナルトレーナー、パワーリフター。パワーリフティング全日本選手権11度優勝。トップレベルの現役...

浅野景子

浅野景子

『日本コスメティック協会』認定指導員。講師を務める美容専門学校では、2000人を超えるビューティアド...

カテゴリから探す