カラー別ジーンズのおすすめ着こなし術【シルエットの種類】

ジーンズは誰でも必ず1本は持っていると言えるくらい、広く親しまれているアイテムですよね。キレイめからカジュアルまで、職場によってはビジネスでもOKで、ホワイトジーンズなど色を変えて楽しむこともできる万能選手です!

しかし、見慣れているアイテムだからこそ、基本をしっかり押さえているかどうかが、カッコよく着こなせる重要なポイントになります。

今回はジーンズについて、テレビ出演など多くのメディアに出演した経験を持つスタイリスト大山旬さんに、カラー別のおすすめのコーディネートやおすすめブランドについてお聞きしました。ご参考にしていただければ幸いです。

ヘッダー画像:belluna.jp

最終更新日:2019年2月13日
2,969 views
大山 旬

大山 旬(おおやま しゅん) のプロフィール

人気スタイリスト。日本最大級のファッション学習サイト「メンズファッションスクール」主宰。これまでに著書は5冊出版。累計8万部を突破。読売新聞、朝日新聞、NHK、TBS、テレビ朝日、フジテレビなどメディア出演も多数。

この専門家の他の記事を見る

ジーンズの種類

ジーンズには数種類の型があります。店頭でジーンズを見てみると「スキニー」や「テーパード」「ストレート」など様々な名称の型があることに気づくでしょう。まずはこれらの種類について、見ていきたいと思います。

ストレート

画像:denim.right-on.co.jp

その名の通り、シルエットが一直線になっているのが特徴です。ストレートの中でも、太さなどの違いによって「レギュラーストレート」「テーパードストレート」などさらに細分化されます。

なかでも「レギュラーストレート」は、太ももから裾にかけて一直線になっているシルエットが特徴で、男女問わず定番の種類になります。

テーパード

画像:denim.right-on.co.jp

「テーパード」とは英語の “taper” のことで、「先細になる」という意味があります。なので裾に向かって徐々に細くなっていくシルエットをしています。「テーパードストレート」とも呼ばれ、ストレートジーンズの一種になります。

後程ご紹介する「スキニー」などのように、全体的に細くピタッとしているわけではなく、腰から太もも部分まではゆとりがありますので、「シルエットは細く見せたいけどピタピタしてるのは苦手…」という方におすすめのジーンズです。

ルーズストレート

画像:denim.right-on.co.jp

腰から裾にかけて、全体的にゆとりのあるシルエットが特徴のジーンズです。こちらもストレートの一種ですが、もっともカジュアルなスタイルといえる形でしょう。ゆとりから生まれる独特のシワ感も特徴的です。

タイトストレート

画像:denim.right-on.co.jp

ルーズとは一転し、かなり細身にできたストレートジーンズです。太ももから膝にかけてかなりフィット感がありますが、ストレートなので裾周りは少しゆったりしているのが特徴です。このストレートならではの型が、スキニーやスリムなどと大きく異なるポイントです。

スリムストレート

画像:denim.right-on.co.jp

こちらはテーパードストレートの方に近い「スリム」ですが、膝から裾にかけてのシェイプはテーパードよりもきつく、細くなっているのが特徴です。スキニーよりもスリムのほうがゆったり感があります。

スキニー

画像:denim.right-on.co.jp

スキニー “skinny”とは、「骨と皮ばかり」という意味で、かなり痩せていることを表現する時などに使います。スリムよりさらにフィット感のあるデザインで、着脱は少し大変になります。ストレッチ素材のものがおすすめです。

ブルージーンズ

画像:www.sbu.it

大山旬さんコメント

大山 旬
休日のボトムスでもっとも定番なのがブルージーンズ、いわゆるジーパンですよね。結構好き嫌いが分かれるボトムスでもあると思います。例えば「動きにくい」「子どもっぽい」「カジュアルすぎる」なんて声も少なからずあります。

しかし、それは誤解です。

最近のジーンズは進化しています。シルエットは細身でキレイですし、ストレッチ素材もよく使われているので柔軟性があり、とても履きやすいです。1本は持っておいたほうがいいでしょう。コーディネート次第で、大人かっこいいスタイルを作ることも十分できますよ。

選び方

まずはご自身の体系に合わせた選び方です。普通体系もしくはぽっちゃり体系の方は「スリムストレート」、やせ形の人は「スキニー」を選ぶことをおすすめします。ポイントはピタピタになりすぎない程度に少し細めのシルエットを選ぶ、ということです。

つづいて色についてです。「色の濃さ」をしっかり見ることをおすすめします。

特に男性におすすめなのは、ほとんど色落ち加工がされていないジーンズ(ワンウォッシュ。写真左)か、ももの部分が少し色落ちしているジーンズ(写真右)です。最近、薄めの色合いのジーンズが流行していますが、どちらかといえば女性のほうが似合うと思います。

ジャケパンなどキレイめスタイルにはワンウォッシュを、すこしカジュアル感を出したい時などには色落ちのものを選ぶといいでしょう。

コーディネートポイント

大山旬さんコメント

大山 旬
ジーンズはもっともカジュアル度の高いボトムスの一つです。Yシャツやジャケット、ニットなど、キレイめアイテムと合わせることをおすすめします。Tシャツやパーカーなど、カジュアルなもの合わせると、少し子どもっぽくなってしまいますので気を付けましょう。

画像:wear.jp

こちらの写真ではグレーのジャケット、Yシャツと合わせています。上半身がキレイめのスタイリングをしているので、ジーンズのカジュアルさとのバランスが取れています。

こちらはネイビージャケットにYシャツというコーディネートです。ジャケットがかなりキレイめな印象をつくるため、シャツ出しスタイルでもそれなりにきれいに見えます。大人カッコいい雰囲気を作りたいと考えている方は、このジャケット×ジーンズの組み合わせは積極的に試してみてください。

ホワイトジーンズ

画像:wear.jp

ホワイトジーンズに抵抗のある方は多いと思います。苦手意識を持たれがちなホワイトジーンズですが、実は思っている以上にコーディネートがしやすいアイテムです。

コーディネートポイント

デニムシャツやネイビージャケットなど、基本的にはどんなアイテムとも合う着回しのきく便利なアイテムです。ただし、白シャツだけは合いません。

大山旬さんコメント

大山 旬
ホワイトジーンズを取り入れるのが心配な人は、まずユニクロから取り入れるのがいいでしょう。慣れてきて気に入ったら、少しずつ価格帯を上げるのがいいと思います。

ファッションは人と違いがあるからこそオシャレに感じるものですが、そういった意味でホワイトジーンズはもってこいのアイテムです。最初は見慣れないかもしれませんが、着続けるとその利便性がわかり、手放せなくなると思います。

ブラックジーンズ

近年、トレンドアイテムとなっているのがブラックジーンズです。ジーンズといえばカジュアルなブルージーンズが定番ですが、ブラックジーンズはすっきりとした見た目で、キレイめな印象を与えます。1本はもっておくと非常に便利です。

コーディネートポイント

大山旬さんコメント

大山 旬
ブラックは、ネイビー・グレー・ホワイトなどのシックな大人カラーと相性がいいので、ジャケットやボタンダウンのYシャツなどと合わせるとカッコいいです。シルエットも細く出ますので、洗練されたイメージが実現できます。

ユニクロでは、コスパが高くきれいなシルエットのものが買えますので、これから挑戦してみたい方は試してみてください。

画像:farm1.staticflickr.com

上の写真のような、デニムシャツはおすすめです。カジュアル感の強いアイテムですが、ブラックジーンズが引き締めてくれます。先ほどお伝えしたように、ブラックジーンズは、ボトムスの中でもキレイめアイテムに入ります。ですので、他のアイテムはカジュアル寄りでも問題ありません。そのほうが、全体的にはバランスがとりやすくなります。

※参考「デニムシャツおすすめ(メンズ)|鉄板のコーディネートとおすすめブランド4選

画像:jp.pinterest.com

ブラックジーンズと意外と相性がいいのがネイビーです。上の写真のように、ネイビージャケット×ブラックジーンズといったジャケパンスタイルはとても大人っぽく、おすすめです。ジャケットの下は、Yシャツ以外にも、ボーダーのTシャツや、シンプルなプリントTシャツがよく似合います。

大山旬さんコメント

大山 旬
ブラックジーンズをうまく履きこなすコツとして、「足首を少しだけのぞかせる」ということを意識してみてください。黒色がもつキザな雰囲気をうまく打ち消してくれます。裾上げは、裾が靴の甲に当たらない程度のノークッションに調節し、そこから3センチくらいの幅で1・2回ロールアップするといい感じに足首が見えます。

また、靴に関してですが、革靴よりもスニーカーがいいです。これも気障っぽさを緩和するためです。具体的には、白のスタンスミスがいいと思います。

スタンスミス

画像:amazon.co.jp

 アディダス オリジナルス [STAN SMITH] Q4651 の詳細
 メーカー  アディダス
 メイン素材  天然皮革
 メーカー希望小売価格  15,120円(税込)

Amazonで価格を見る 楽天で価格を見る

【参考】動画で見るジーンズコーディネート

ご参考に、海外ストリートファッションのジーンズコーデ動画をご紹介します。少し難易度の高いものやカジュアル過ぎるものもありますが、ジャケットやデニムシャツとの組み合わせも登場しますので、ぜひご覧ください。

https://youtu.be/AC_F-BlhoNc?t=15s

ジーンズはどこで買う?

ジーンズでもっともコスパがいいのは、言わずもがな『UNIQLO(ユニクロ)』です。パッと見ても、4,000円のジーンズと3万円のジーンズとの違いはそこまでわかりません。ただし、3年くらい前のものになると時代遅れかもしれません。流行は緩やかにですが、常に変わっていますので、形も少しづつ変わっています。

~5,000円 UNIQLO(ユニクロ)
 2~2.5万円 RED CARD(レッドカード)
 3~4万円 AG(エージー)
 4~5万円 JACOB COHEN(ヤコブコーエン)

大山旬さんコメント

大山 旬
ジーンズにしっかり投資したいと考えている方には、まずRED CARD(レッドカード)とAG(エージー)がおすすめです。すこしカジュアルな印象で、オシャレ感度の高い人たちがこぞって履いているブランドです。また、JACOB COHEN(ヤコブ・コーエン)は、大人のためのジーンズとして、ジャケットに合う設計がなされています。とても上品で、ストレッチもきいているのでとても履きやすいブランドです。

詳しくは「誰でも似合うユニクロジーンズの魅力と選ぶ時の注意点&おすすめ商品」と「【メンズデニム】プロおすすめブランド3選を徹底解説!」をご覧ください。

まとめ

ジーンズの着こなしについて詳しく知ると、ビジネスでもデートや休日でも、幅広いシーンで大人カッコいい着こなしができるようになります。カラーバリエーションも、挑戦したことのない色があれば、これを機にぜひ挑戦してみてください。

ここでご紹介したコーディネートを真似してみれば、きっと今まで見たことのない自分に出会えるかもしれません。あなたのジーンズ選びの参考になれば幸いです。

「似合う服がわからない」…そんな悩みとサヨナラしましょう

3,000人以上もの経営者、弁護士、政治家、コンサルタントのファッションコーディネートを担当してきた“服のプロ”、大山旬さん。

大山さんの強みはタレントやモデル向けではなく、会社員、自営業、経営者など一般個人を対象としたファッションコーディネイトを専門としていることです。

口コミですでに1,000人以上の方が利用する「メンズファッションスクール(MFS)」では、次のことが特徴的です。

  • カジュアルからスーツスタイルまで、自分に合った服選びができるようになる
  • オフィスやプライベートで「素敵ね!」と言われる“着こなし術”が学べる
  • コーディネートのポイントが理解しやすい40本のWeb動画でお洒落が楽しくなる

興味のある方は下記の詳細よりお読みください。

メンズファッションスクールの詳細を見る

大山 旬の人気記事

大山 旬の新着記事

中村 飛鳥

中村 飛鳥

hair salon Gallica オーナー

2015年表参道で『hair salon Gallica(ガリカ)』をオープン。『HOT PEPPER Beauty』で2年連続"GOLD Prize" 受賞。

山形 栄介

山形 栄介

HAIR & MAKE

2010年〜2017年まで『ROI hair & make』所属、2017年からフリーランスのヘアメイクとして活動中。「ガンちゃん」という愛称で有名モデルやタレントから指名多数。

浦 大輔

浦 大輔

ジュニア時代、関西ジュニアゴルフ選手権 優勝など輝かしいタイトル多数獲得。2009年、独自の理論によるゴルフレッスンを開始。「√dゴルフアカデミー」は予約が取れないほど人気がある。 米国PGAでも屈指の飛ばし屋と同等の飛距離を実証。

大山 旬

大山 旬

人気スタイリスト。日本最大級のファッション学習サイト「メンズファッションスクール」主宰。これまでに著書は5冊出版。累計8万部を突破。読売新聞、朝日新聞、NHK、TBS、テレビ朝日、フジテレビなどメディア出演も多数。

高橋 良輔

高橋 良輔

ボクシング東洋太平洋第12代クルーザー級(〜90kg)チャンピオン

2006年、日本人2人目となる東洋太平洋クルーザー級王座を獲得。2015年、『株式会社闘争心』の設立、代表を務める。

小早川 渉

小早川 渉

パーソナルトレーナー、パワーリフター。パワーリフティング全日本選手権11度優勝。トップレベルの現役選手でありながら、ReebokONEアンバサダー、ゴールドジムオフィシャルパーソナルトレーナーとして活躍。 数々のトップアスリートを指導している。公式...

岸大河

岸大河

eスポーツの世界で、FPSなどを中心に複数のタイトルで国内大会を制覇。アジア大会でも優勝経験あり。元トッププレイヤーという経歴を活かして、2014年からゲームキャスターとして最前線で活動中。東京ゲームショウやニコニコ超会議など、大規模イベントで...

鴻池賢三

鴻池賢三

オーディオ&ビジュアル評論家、日本で唯一のTHX/ISF認定ホームシアターデザイナー。日本オーディオ協会諮問委員。大手AV機器メーカーでHDDオーディオレコーダーなどのプロデュースを行い、その後カリフォルニア州シリコンバレーでデジタルAV機器用ICの開...

馬場さおり

馬場さおり

専門の予防医学を基盤としたダイエット、スキンケアから化粧品、メイク方法など幅広い美容と健康分野で執筆中。エステ専門業界誌の編集人を務め、美容家としてメディア出演、セミナー講師などを中心に活動。日本健康教育振興協会の予想医学エデュケーター...

剱持 百香

剱持 百香

有名美容家の元でアシスタントを務め、現在はVOCE/anan/michillなど様々なメディアで美容ライターとして活躍中。特に紫外線ケアを徹底しており、美白命の紫外線マスターとしてインスタグラムのフォロワーは9000人以上。日本化粧品検定1級、化粧品成分検定1...

カテゴリから探す