文房具ライターおすすめのシャーペン+口コミ人気ランキングTOP30【2019年版】

皆さんは最近どんなシャーペンを使っていますか?自分の好みや用途にあったお気に入りの1本を使っていますか?

シャーペンは比較的安価な筆記用具です。それほどこだわりもなく、間に合わせ的に買ったものを長く使っている場合もあるかもしれません。

5年10年と壊れずに使い続けているうちに、実は世の中には様々な新機能を搭載したモデルが発売されています。あるいは、時代を超えて長く愛されているものがあることに、気づいていない場合もあります。

シャーペンは予算が1000円以内であっても様々な選択肢があります。会社や学校などでストレスなく字を書くために、長く使えるお気に入りの1品を探してみませんか?

そこで今回は、5,000点を越える文房具コレクションを保有し、文房具についての著書もあるプロ文房具ライター・きだてたく さんにおすすめのシャーペンを教えていただきました。

また、IPPING編集部調べによる「レビュー評価の高いシャーペンの人気ランキング」もご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

1.文房具ライターおすすめのシャーペン

まずは、文房具ライター・きだてたく さんおすすめのシャーペンをご紹介します。

ぺんてる スマッシュ

画像:amazon.co.jp

『スマッシュ』は1986年に『ぺんてる』から発売されたロングセラーのシャーペンです。『スマッシュ』は製図用シャーペン『グラフ1000』が一般用途に改良されたもので、発売された翌年1987年にはグッドデザイン賞「教育用品部門」の大賞を受賞しています。

その一番の特徴は、先端の口金とグリップ部分を一体化させたロングパーツを採用したことです。通常のシャーペンでは別々になっていますが、一体化させることにより安定した書き味を得られます。

『スマッシュ』のグリップ部分の「ラバーリブ」は、製図用シャーペン『グラフ1000』よりもラバーが立体的に飛び出しています。そのため滑り止め効果が上がり、しっかりと握ることができます。

『スマッシュ』は製図用シャーペンをスタートとしていますが、その安定した書き味や使いやすさは誰にでもおすすめできます。話題になっただけでなく売れ続けていることが、その品質の高さを物語っていると言えます。

画像:amazon.co.jp

きだてたく さんレビュー

きだてたく
ユーチューバーの紹介がきっかけで、『スマッシュ』は生産が追いつかなくなるほど中高生の間でブレークしました。「大人が使っているハードな道具」というイメージで人気です。

口金とグリップが一体化していて可動部がないということは、そこから壊れることはないということです。頑丈さも売りにしている『スマッシュ』は、低重心設計で安定して書きやすいシャーペンです。

膨大な文房具コレクションをお持ちで、さらに日々新しいアイテムを試していらっしゃるきだてたく さんからは、中高生の皆さんへのアドバイスもいただきました。「中高生の皆さんがカッコよさ優先でシャーペンを選ぶのなら、他の物も選択肢に入れた方が面白いですよ!」とのことです。

こちらが爆発的な人気のきっかけとなったYouTubeの動画です。

アマゾンのレビューでも、「長年のマイベストシャーペン」、「字を沢山書く学生なんかに特にオススメ」、「使うたびかっこよさに見惚れますよ」と大人気で、驚くほど売れ続けています。

ぺんてる スマッシュの詳細
メーカーぺんてる
線幅0.5mm
重量13g
 メーカー希望小売価格 1,080円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

ゼブラ デルガード

画像:amazon.co.jp

『デルガード』は2014年に『ゼブラ』より発売された、「芯が折れないシャーペン」です。2016年11月には『デルガード』に新たな消しゴム機能を搭載した『デルガードER』が発売されました。

シャーペンの向きを逆さに変えるだけで、消しゴムが出てきます。授業中や試験に使う学生に大人気のシャーペン。『デルガードER』なら、ますます集中力が高まることが期待できます。

画像:amazon.co.jp

『デルガード』で筆記中に、紙に対して垂直に強い筆圧が加わると、軸に内蔵されたスプリングが芯を上方向に逃して折れを防ぎます。斜めに強い筆圧が加わると、先端の金属部品が自動で出てきて芯を包み込みガードします。

きだてたく さんレビュー

きだてたく
「折れないシャーペン」は各メーカーからさまざまななものが出ていますが、5kgの加重をかけても折れない『デルガード』が最強だと思います。必要以上に加重がかかると、中から金属ガードが出てきて芯が折れないように守ります。

シャーペンの消しゴムのキャップはよくなくなりますが、『デルガードER』なら逆さにするだけで中から消しゴムが出て来ます。

逆さにしている間はロックがかかっていて、この消しゴムは動きません。シャーペンを元に戻すと消しゴムも中に戻ります。テストで1分1秒を争う時にも、とても使いやすく便利です。

アマゾンのレビューでも、「安いし書きやすいし折れないし、幅広い年代の人につかってほしい一本です!」、「学生時代にあったら学習効率がどれだけ上がったことか」と大人気です。

ゼブラ デルガード タイプERの詳細
メーカーゼブラ
線幅0.5mm
重量11.3g
 メーカー希望小売価格 756円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

2.レビュー評価の高いシャーペン人気ランキング

次に、レビュー評価に基づいた人気ランキングをご紹介します。

1位.ぺんてる スマッシュ

画像:amazon.co.jp

数あるシャーペンの中で人気ランキング1位は、文房具ライター・きだてたく さんもおすすめしてくださった『ぺんてる』の『スマッシュ』です。

その安定した書き味とカッコよさは、先に紹介したとおりの大人気のシャーペンです。

ぺんてる スマッシュの詳細
メーカーぺんてる
線幅0.5mm
重量13.0g
メーカー希望小売価格1,080円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

2位.ぺんてる グラフ 1000(フォープロ)

画像:amazon.co.jp

『ぺんてる』の『グラフ1000(フォープロ)』は、プロから長く愛されてきているシャーペンとして有名です。製図用としてだけでなく、デザイナーやイラストレーターなどの職業の方にも愛用者が多い優れたアイテムです。

先金がゆるんだりはずれたりした場合でも、常に一定の芯を出すノック部機構。メタルとラバー素材を組み合わせた安定感のあるグリップ。書きやすいだけでなく疲れにくいシャーペンとして大人気です。

「すべてにおいてパーフェクトな商品」、「試験勉強やレポートを書くのにいい」、「受験勉強をこの1本で乗り切った」といったレビューがあるように、製図用としてだけでなく幅広い人たちから高い評価を受けています。

ぺんてる グラフ 1000(フォープロ)の詳細
メーカーぺんてる
線幅0.5mm
重量11.0g
メーカー希望小売価格1,080円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

3位.ぺんてる グラフギア1000

画像:amazon.co.jp

『グラフギア1000』は、上で紹介した『グラフ1000(フォープロ)』の後継モデル。オールメタリックのボディは高級感があり、『グッドデザイン賞』を受賞しているシャーペンです。

『グラフギア1000』の大きな特徴は、先端の細いペン先部分をワンタッチでシャーペン本体に収納できることです。持ち運びの際に先端を破損する心配のない安心設計ですので、特に屋外で使用する人にはおすすめできます。

重さについては、『グラフ1000(フォープロ)』が11.0gに対して、『グラフギア1000』は20.0gとなりますので好みの分かれるところです。

ぺんてる グラフギア1000の詳細
メーカーぺんてる
線幅0.5mm
重量20.0g
メーカー希望小売価格1,080円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

4位.ゼブラ デルガード0.5

画像:amazon.co.jp

文房具ライター・きだてたく さんもおすすめしてくださった『デルガード』のシリーズです。その優れたシリーズの中でも、逆さにすると消しゴムが出てくる『デルガードER』をプロは紹介してくださいました。こちらの『デルガード0.5』はそのオリジナルのシャーペンです。上の銀色のキャップを取ると、通常のシャーペンの消しゴムはついています。

「折れないシャーペン」を開発したゼブラの技術「デルガードシステム」は、先に紹介したとおりです。オリジナル版である『デルガード0.5』は、アマゾンなどでその手頃な値段も評価されています。

ゼブラ デルガード0.5の詳細
メーカーゼブラ
線幅0.5mm
重量10.0g
メーカー希望小売価格486円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

5位.ぺんてる 万年CIL(ケリー)

画像:amazon.co.jp

『ぺんてる』の『万年CIL(ケリー)』は、1971年発売から長い間にわたって愛され続けられてきた逸品です。コンパクトに収納されたキャップ式のおしゃれなフォルムは、誰もが万年筆と間違えてしまうようなデザインです。

ペン先はしっかり固定されたガイド式パイプとなっていて、低重心。美しいだけでなく書きやすいシャーペンです。ただ、長時間の筆記用としてであれば、他の選択肢もあるはずです。12.5cmほどと小さめですので、シャーペンをたまに使う人が持ち歩くのにぴったりなアイテムと言えます。

色は黒だけでなく、ブルー、スモーキーグレー、オリーブグリーン、ロゼなどがあり、特別感のあるシャーペンとしてプレゼントにも最適です。

レビューでも、「このデザイン性に一目ぼれ」「ちょっとした贈り物に」といった声が聞かれます。

ぺんてる 万年CIL(ケリー)の詳細
メーカーぺんてる
線幅0.5mm
重量22.0g
メーカー希望小売価格1,620円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

6位.三菱鉛筆 クルトガ ユニアルファゲル搭載タイプ

画像:amazon.co.jp

『クルトガ ユニアルファゲル搭載タイプ』は、三菱鉛筆が開発した画期的なシャーペンです。『クルトガ』とは「クルっと回ってトガった芯をキープ」という意味。芯が少しずつ回り続けることにより、いつも尖った芯で書けます。

グリップの部分にはやわらかくて弾力性のある「アルファゲル」を使っているので、フィット感があって握りやすいタイプです。

レビューでは、「書いても書いても先が尖ってて、気持ちいい」、「字がきれいになったと錯覚してしまいました」と評判です。

三菱鉛筆 クルトガ ユニアルファゲル搭載タイプの詳細
メーカー三菱鉛筆
線幅0.5mm
重量20.6g
メーカー希望小売価格918円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

7位.三菱鉛筆 クルトガ ローレットモデル ガンメタリック

画像:amazon.co.jp

『クルトガ ローレットモデル ガンメタリック』は、「クルっと回ってトガった芯をキープ」の『クルトガ』シリーズの「ローレットモデル」になります。

「ローレットモデル」では、グリップ部分にアルミのギザギザ加工(ローレット加工)を施してますので、より握りやすくなっています。

レビューでも、「クルトガはこのローレットタイプが一番滑りにくい」、「金属製なので安心」と評判です。

三菱鉛筆 クルトガ ローレットモデル ガンメタリックの詳細
メーカー三菱鉛筆
線幅0.5mm
重量15.1g
メーカー希望小売価格1,080円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

8位.三菱鉛筆 ユニ アルファゲル <スリムタイプ> 0.5mm

画像:amazon.co.jp

『ユニ アルファゲル<スリムタイプ>』は、握りやすさを追求してグリップ部にやわらかいアルファゲルを使用したシャーペンです。太めより細めのグリップの方が書きやすいと感じる方に特におすすめです。長時間にわたって細かい字をノートに書くのにも適しています。

レビューでは、「ペンだこがなくなった」、「書いていても疲れない」と評判です。

三菱鉛筆 ユニ アルファゲル<スリムタイプ> 0.5mm の詳細
メーカー三菱鉛筆
線幅0.5mm
重量13.5g
メーカー希望小売価格864円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

9位.ぺんてる グラフ1000CS

画像:amazon.co.jp

『グラフ1000CS』は、ロングセラーの製図用シャーペン『グラフ1000』のカラー仕様です。ブラック、メタリックブルー、レッドが用意されています。

レビューでは、「ペン先が全くぶれない」という声があります。ペン先の安定性を重視する人は、回転することにより芯を削る『クルトガ』よりこちらのタイプを高く評価しています。

ぺんてる グラフ1000CSの詳細
メーカーぺんてる
線幅0.5mm
重量11.0g
メーカー希望小売価格1,080円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

10位.三菱鉛筆 クルトガ ハイグレードモデル 0.3mm

画像:amazon.co.jp

『クルトガ ハイグレードモデル 0.3mm』は、「クルっと回ってトガった芯をキープ」の『クルトガ』シリーズの「ハイグレードモデル」になります。

「スタンダードモデル」はペン軸がプラスチック製ですが、「ハイグレードモデル」ではペン軸にアルミを使用していてやや重めになります。低重心で特にペン先に近い方が重くなっているタイプです。

レビューでは、「他の『クルトガ』シリーズより長持ちしそう」、「普通のクルトガより高級感がある」と言われています。

 

三菱鉛筆 クルトガ ハイグレードモデル 0.3mmの詳細
メーカー三菱鉛筆
線幅0.3mm
重量15.1g
メーカー希望小売価格1,080円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

11位.三菱鉛筆 クルトガ ラバーグリップ付

画像:amazon.co.jp

『クルトガ ラバーグリップ付』は、『クルトガ』シリーズのラバーグリップがついたタイプです。ラバーグリップにより、手にやさしくフィットして握りやすくなっています。

レビューでは、「グリップありとなしでは手の負担感が違うので驚いた」との声が聞かれます。一方で、「グリップの劣化はそこそこ速い」というコメントもあります。

三菱鉛筆 クルトガ ラバーグリップ付の詳細
メーカー三菱鉛筆
線幅0.5mm
重量11.8g
メーカー希望小売価格702円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

12位.ゼブラ デルガード タイプLx 0.5 ブラック

画像:amazon.co.jp

ゼブラの『デルガード』シリーズについては、文房具ライター・きだてたく さんが『デルガードER』をおすすめしてくださいました。『デルガード タイプLx 0.5 ブラック』は、『デルガード』シリーズの高級バージョンです。

4位でご紹介した通常の『デルガード』が、重さ10.0gでメーカー希望小売価格486円ですので、こちらの『デルガード タイプLx 0.5 』は重量感と高級感が増していると言えます。

レビューでは、「適度に重さがあり重心も下で書きやすい」、「これはかなり折れにくい」といった声が聞かれます。

ゼブラ デルガード タイプLx 0.5 ブラックの詳細
メーカーゼブラ
線幅0.5mm
重量20.5g
メーカー希望小売価格1,080円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

13位.パイロット S20(エストゥエンティ)

画像:amazon.co.jp

『S20(エストゥエンティ)』は、パイロットによるやさしい木のぬくもりを感じるシャーペンです。ブラック、ブラウン、マホガニー、ダークブラウン、ディープレッドといった落ち着いた色合いが作られています。

レビューでは、「手汗をかいても滑りにくい」、「持ちやすく、手になじむ感じ」といった声が聞かれます。

パイロット S20(エストゥエンティ)の詳細
メーカーパイロット
線幅0.5mm
重量記載なし
メーカー希望小売価格2,160円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

14位.三菱鉛筆 クルトガ スタンダードモデル 0.5mm

画像:amazon.co.jp

『クルトガ スタンダードモデル 0.5mm』は、『クルトガ』シリーズのスタンダードなタイプで、メーカー希望小売価格486円とお手頃な設定となっています。

「クルっと回ってトガった芯をキープ」という三菱鉛筆が開発した技術を初めて試してみたい方にも、このシンプルなモデルをおすすめできます。

カラー展開が豊富です。「それぞれの色にその色の芯を入れて利用しています。色鉛筆を削るのが面倒なのでおすすめです。」といったコメントがありました。

三菱鉛筆 クルトガ スタンダードモデル 0.5mmの詳細
メーカー三菱鉛筆
線幅0.5mm
重量9.8g
メーカー希望小売価格486円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

15位.コクヨ 鉛筆シャープ

画像:amazon.co.jp

コクヨの『鉛筆シャープ』は、芯の太さが、0.9mm。鉛筆のようななめらかな書き心地でありながら、シャーペンですので芯を削る必要はありません。通常の筆記だけでなく、マークシート式の試験を受験する学生や社会人の方にも人気の商品です。価格が安くて鉛筆に近い書き心地なので、初めてのシャーペンとしてもおすすめできます。

レビューでは、「丸みを帯びた三角形なので、転がらない」「お子さんにもいい」といったコメントが見られます。

コクヨ 鉛筆シャープの詳細
メーカーコクヨ
線幅0.9mm
重量記載なし
メーカー希望小売価格194円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

16位.ぺんてる マークシートシャープ

画像:amazon.co.jp

ぺんてるの『マークシートシャープ』は、その名のとおりマークシートの試験で力を発揮してくれるシャーペンです。1.3mmの芯を使っていますので、約1往復でマークシートの塗りつぶしが完了。時間との勝負である資格試験でも、かなりの時短になります。

メーカー希望小売価格324円とお手頃な設定ですので、一発合格のために投資しても惜しくはないと考えられるアイテムです。

レビューでは、TOEIC受験のために買ったという人が多く見られ、「こんなに便利なものとは思わなかった」と満足感の高いシャーペンです。他に、「デザインスケッチに使用」、「メモに使いやすい」というコメントもあります。

ぺんてる マークシートシャープの詳細
メーカーぺんてる
線幅1.3mm
重量8.7g
メーカー希望小売価格324円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

17位.ぺんてる グラフペンシル

画像:amazon.co.jp

ぺんてるの『グラフペンシル』は、使い心地がよくて疲れないシャーペンとして、1972年発売開始以来たくさんの方に愛され続けています。製図用ペンでありながら、一般の筆記においても高い評価を受けています。

1番の特徴は、重さが約10gと軽くて長時間の筆記に向いているという点です。

「改めて日本の技術に感動」、「44年愛用してます」、「とても軽く細長いので、指に絡むようになじみます」といったレビューが見られます。

ぺんてる グラフペンシルの詳細
メーカーぺんてる
線幅0.5mm
重量10.0g
メーカー希望小売価格864円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

18位.トンボ鉛筆 Zoom 505

画像:amazon.co.jp

『ZOOM』は1986年に誕生した『トンボ鉛筆』のデザイン筆記具シリーズ。機能性とデザイン性を重視したこのシリーズの中で、『Zoom 505』がファーストモデルのシャーペンとなります。

写真のように、一見万年筆のような高級感のある極太のフォルム。適度な重厚感がありバランスの良い低重心設計になっています。ラバーグリップはほど良い感じの太軸ですので、確かなホールド感を求める人に向いています。

レビューでは、「ビジネスの場で使っていても馴染むスタイル」、「お客様の前で使うこともあり、見た目のいいものを」といったコメントがありました。

トンボ鉛筆 Zoom 505の詳細
メーカートンボ鉛筆
線幅0.5mm
重量36.0g
メーカー希望小売価格2,160円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

19位.ゼブラ ニュー スパイラルCC シャープ0.5

画像:amazon.co.jp

『ゼブラ』の『ニュー スパイラルCC シャープ0.5』は、その独特なフォルムが目を引きます。早稲田大学の野呂影勇教授とゼブラの共同研究により開発された、疲れにくいシャーペンです。

グリップは三角ラウンド形状で、握る力を効率よくペンに伝え楽にペンを支持できます。本体の軸はスパイラルラインになっています。このへこみやうねりを加えることによって、フィット感が増し筆記を安定させるしくみになっています。

レビューでは、「とても握りやすく、もう手放せません」といった評価が多い中、「グリップが合う、合わないが大きな分岐点」といったコメントがあります。

ゼブラ ニュー スパイラルCC シャープ0.5の詳細
メーカーゼブラ
線幅0.5mm
重量18.5g
メーカー希望小売価格648円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

20位.ラミー(LAMY) サファリ ブラック ペンシル

画像:amazon.co.jp

20位から22位でご紹介する「ラミー(LAMY)」は、ドイツの老舗文房具メーカーです。その中でも「サファリ」は1980年に開発されたラミーを代表するアイテムで、世界中で高い人気を誇っています。

「ラミー(LAMY)」のシャーペンの特徴は、まずはシンプルな見た目の美しさです。この「サファリブラック」はすべてのパーツが黒一色でできていて、どんなシーンにもしっくりと馴染むデザインとなっています。

レビューでは、「想像以上に本体が軽く、無駄のないデザイン」、「三角グリップが持ちやすい」と高評価です。ただ、シンプルなデザインゆえに、「見た目は安っぽい」「100均と言われてもわからないくらい」という厳しい意見もありました。

ラミー(LAMY) サファリ ブラック ペンシルの詳細
メーカーラミー(LAMY)
線幅0.5mm
重量12.0g
メーカー希望小売価格2,700円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

21位.ラミー(LAMY) サファリ イエロー ペンシル

画像:amazon.co.jp

『サファリ イエロー ペンシル』は、『サファリ』シリーズの黄色いアイテムでとても人気です。

レビューでは、「可愛らしい見た目にひかれて購入」、「可愛くて男女ともにウケがいい」とデザイン性を評価するコメントが多く見られます。

ラミー(LAMY) サファリ イエロー ペンシルの詳細
メーカーラミー(LAMY)
線幅0.5mm
重量12.0g
メーカー希望小売価格2,700円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

22位.ラミー(LAMY) スクリブル パラジュームコート ペンシル

画像:amazon.co.jp

『スクリブルパラジュームコート ペンシル』は、「2001年デザインプラス最優秀賞」を受賞した『ラミー(LAMY)』のシャーペンです。『スクリブル』とは、「落書き」、「走り書き」という意味です。

その名の通り、自由気ままなカジュアル使いが似合うアイテムです。通常の筆記だけでなく、スケッチやデッサンなどにも向いています。

レビューでは、「ささっと使える」、「殴り書きに最高」という高評価が見られます。中には、「メモ程度ならよいが長く使うと疲れる」という意見もあります。

ラミー(LAMY) スクリブル パラジュームコート ペンシルの詳細
メーカーラミー(LAMY)
線幅0.7mm
重量記載なし
メーカー希望小売価格6,480円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

23位.ゼブラ デルガード タイプLx 0.5 メタリックブラック

画像:amazon.co.jp

『デルガード タイプLx 0.5 メタリックブラック』は、12位でご紹介した『デルガード タイプLx 0.5』の数量限定カラーのシリーズになります。軸をメタリック調に仕上げて、より高級感を演出しています。

「折れないシャーペン」を開発したゼブラの技術「デルガードシステム」については、先に紹介したとおりです。その詳しいしくみについては、本記事最初の「1.文房具ライターおすすめのシャーペン」の『デルガード』部分をご参照ください。

ゼブラ デルガード タイプLx 0.5 メタリックブラックの詳細
メーカーゼブラ
線幅0.5mm
重量20.5g
メーカー希望小売価格1,080円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

24位.ぺんてる オレンズネロ

画像:amazon.co.jp

『ぺんてる』からは数多くのシャーペンが発売されていて、このランキングにもいくつも登場しています。そんな『ぺんてる』が公式ホームページで、「あなたも、ぺんてる最高峰のシャープペンシル・オーナーに」と表現しているのが、この『オレンズネロ』です。

『オレンズネロ』は「芯が折れずにずっと書き続けられる」ことを考えて開発されたシャーペンです。自動で芯を送り出すしくみになっています。書き始める際に1回だけノックをすれば、あとは自動で芯を出すので、ノックすることなく書き続けることができます。

レビューでは、「ノックしなくて良いので楽」、「もう普通のシャーペンには戻れない」と高評価ですが、「シャーペンとしては少し値段が高い」という声はあります。

ぺんてる オレンズネロの詳細
メーカーぺんてる
線幅0.3mm
重量18.0g
メーカー希望小売価格3,240円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

25位.プラチナ万年筆 オ・レーヌ MOL-1000

画像:amazon.co.jp

『オ・レーヌ 』は老舗筆記具メーカー『プラチナ万年筆』による、「芯のおれにくい」シャーペンシリーズです。落下などの衝撃や過度の筆圧からも芯折れを防ぐしくみになっています。

さらに、芯の残りを限りなく減らす構造になっているのが特徴です。 『オ・レーヌ』のシャーペンでは連続筆記時に残芯0.5mmまで 筆記可能。通常のシャーペンでは10mmほど残して芯を捨てることになります。資源を大事に、芯をムダなく筆記できるアイテムです。

『オ・レーヌMOL-1000』のレビューでは、「名前どおり芯が折れない」、「落としてもペン先が痛まない」「少し高級感もある」と評判です。

プラチナ万年筆 オ・レーヌ MOL-1000の詳細
メーカープラチナ万年筆
線幅0.5mm
重量15.2g
メーカー希望小売価格1,080円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

26位.ぺんてる グラフギア500

画像:amazon.co.jp

3位で『グラフギア1000』をご紹介しましたが、こちらの『グラフギア500』はその下位版にあたります。メーカー希望小売価格は『グラフギア1000』の半分の540円でありながら、使いやすいと人気のシャーペンです。

『グラフギア1000』は全体が金属でできているので、20gと比較的重く高級感があるタイプです。それに対してこちらの『グラフギア500』は、グリップ部分だけが金属ですので比較的軽く仕上がっています。

レビューでは、「軽くて使いやすい良品」、「下に重心があるので書きやすい」、「見栄を張りたい人には不向き」といった声が聞かれます。

ぺんてる グラフギア500の詳細
メーカーぺんてる
線幅0.5mm
重量14.0g
メーカー希望小売価格540円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

27位.パイロット S20(エストゥエンティ)

画像:amazon.co.jp

『S20(エストゥエンティ)』については、13位で0.5mmのタイプをご紹介しました。こちらは『S20(エストゥエンティ)』0.3mmのタイプになります。木のぬくもりを感じさせるシャーペンであることは同様です。お色はダークブラウンとディープレッドの2色になります。

レビューでは、「品質、書き心地、共に最高」、「S20は0.3mmの方が書き味もよくすらすらと書ける印象」と評判です。ただ「口金が折れやすい」というコメントもあります。

パイロット S20(エストゥエンティ)の詳細
メーカーパイロット
線幅0.3mm
重量記載なし
メーカー希望小売価格2,160円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

28位.パイロット レグノ

画像:amazon.co.jp

『レグノ』も27位でご紹介した『S20』同様に、『パイロット』から発売されている木軸のシャーペンです。『レグノ』は、イタリア語で「森林・材木」という意味の単語に由来していて、気の温もりを感じさせるシャーペンです。

『S20』と『レグノ』を比較すると、『S20』の方がやや細く長いタイプになります。『S20』は先端部分にガイドパイプがついていますが、『レグノ』はついていないタイプで滑らかな書き心地です。

レビューでは、「おしゃれで程よい重さ」、「色と感触がとても良い」と高評価です。「長時間書き続けていると手が疲れる」という声もあります。

パイロット レグノの詳細
メーカーパイロット
線幅0.5mm
重量記載なし
メーカー希望小売価格2,700円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

29位.ゼブラ シャープペン M-701

画像:amazon.co.jp

『シャープペン M-701』は、ゼブラの海外版商品です。日本未発売と言われていますが、実際にはAmazonなどで購入することができます。

芯径は0.7mm、金属のボディで安心感があるデザインです。軸は比較的太め。ローレットグリップで滑らずにしっかり保持できます。

レビューでは、「品質のわりに価格が安い」、「嫌味のない機能的なデザイン」、「海外の方々がよく持ち歩いているペン」などのコメントがあります。

ゼブラ シャープペン M-701の詳細
メーカーゼブラ
線幅0.7mm
重量記載なし
参考価格1,080円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

30位.ぺんてる グラフレット

画像:amazon.co.jp

『グラフレット』は、1985年の発売からロングセラーとなっている『ぺんてる』のシャーペンです。『ぺんてる』で同価格帯である26位『グラフギア500』と比べると、さらに軽い10.0gです。

手頃な価格でありながら、しっかりとした作りで安定した線画を描けると評判です。軽くて非常に扱いやすいので、派手さはないけれどもリピーターが多いと言われています。

レビューを見ると、「コレ以外には考えられない」、「質実剛健という言葉が似合う」、「廃版にならないことを祈る」などといったコメントがあり、根強いファンがいることがわかります。

ぺんてる グラフレットの詳細
メーカーぺんてる
線幅0.5mm
重量10.0g
メーカー希望小売価格540円(税込)

Amazonで価格を見る楽天で価格を見るYahoo!ショッピングで価格を見る

シャーペンの売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、シャーペンの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonのシャーペン売れ筋ランキング楽天のシャーペン売れ筋ランキングYahoo!ショッピングのシャーペン売れ筋ランキング

最終更新日:2019年1月15日
26 views
きだてたく

きだてたく のプロフィール

最新の機能派文房具から雑貨系おもしろ文房具まで、とにかくがっつり使い込んでレビューする文房具ライター。2007年からは文房具トークユニット「ブング・ジャム」を結成し、文房具の面白さを伝えるトークライブやワークショップを全国で行っている。雑誌・WEBでの文房具紹介連載も多数あり。近著に『愛しき駄文具』『日本懐かし文房具大全』『この10年でいちばん重要な文房具はこれだ決定会議』ほか。色物文具専門サイト『イロブン

この専門家の他の記事を見る

きだてたくの人気記事

  • 文房具ライターに聞いた!おすすめ文房具24選【2019年版】

    文房具ライターに聞いた!おすすめ文房具24選【2019年版】

    仕事や勉強に欠かせない文房具。みなさんはどのように選んでいますか? ボールペン一つとってもいろいろな種類があるのですが、普段はあまり気にせずに選んで使っている人がほとんどでは? とはいえ、毎日のように使う文房具だからこそ、使い心地の良いアイテムがあれば、いつもの作業も効率よく進むかもしれません! そこで今回は、5,000点を越える文房具コレクションを保有し、文房具についての著書をもつ文房具ライター『きだてたく』さんに、文房具のおすすめアイテムとその理由についてお話をお聞...
    7,551 views
  • 安いけど書きやすい!文房具ライターおすすめ万年筆&ランキング15選【2019年版】

    安いけど書きやすい!文房具ライターおすすめ万年筆&ランキング15選【2019年版】

    みなさんは、筆記具にこだわりを持っているでしょうか? 「書き心地のいいものがほしいけど、こだわりはないなぁ」など、あまり意識していない方も多いでしょう。 そこでおすすめしたいのが、滑らかな書き心地が魅力の万年筆です。 「万年筆って高いでしょう?」というイメージを持っている方もいると思います。実は、最近では安いのに素晴らしい書き心地のアイテムも登場しているんですよ! 今回は、文房具ライター『きだて たく』さんに、3000点もの文房具を使ってきた経験から、お手軽な価格で滑...
    341 views
  • 文房具ライター厳選のおすすめ多色ボールペン+口コミランキング10選【2019年版】

    文房具ライター厳選のおすすめ多色ボールペン+口コミランキング10選【2019年版】

    黒、赤、青など複数色がセットになっているボールペン「多色ボールペン」。 多色ボールペンは景品などでもらうこともあり、生活に密着したアイテムかと思いますが、いざ自分で買うとなると何を基準に選べばいいかわからないという声も多いようです。 そこで今回、5,000点を越える文房具コレクションを保有し、文房具についての著書も出す文房具ライター・きだてたくさんにおすすめの多色ボールペンを教えていただきました。 またIPPING編集部調べによる選び方やランキングもあわせてご紹介してい...
    182 views
  • 文房具ライターがおすすめするメモ帳&人気ランキング10選【2019年版】

    文房具ライターがおすすめするメモ帳&人気ランキング10選【2019年版】

    ビジネスで用いられることが多いメモ帳は、忘れてはいけないことや気が付いたことを書き留めたり、情報やメッセージを伝える際などに使われています。 もちろん家庭内でも使うことが多く、どの家にもひとつはあるのではないでしょうか。 多くのメーカーから色々な種類のものが販売されているのは、メモ帳が重宝されている証でしょう。 メモ帳は使い方に合ったものを選ぶと非常に便利ですが、実際には使い方にマッチしないものが使われている場合が多くあります。 そこで今回は、メモ帳の選び方についてご...
    169 views
  • 文房具ライターおすすめペンケース&タイプ別ランキング25選【2019年版】

    文房具ライターおすすめペンケース&タイプ別ランキング25選【2019年版】

    みなさんは、どんなペンケースを使っていますか? 「おしゃれで、コンパクトなもの」「ペン立てとしても使える自立するもの」など、ペンケースは使う人によって選ぶポイントが全然違うでしょう。 一方で、「なかなかしっくりこない」「使いずらいけど我慢している」など、種類が多すぎてうまく選べない方も多いようです。 今回は、文房具に関する書籍を多数出版している文房具ライター『きだて たく』さんに、3000点もの文房具を使ってきた経験から、おすすめのペンケースをご紹介していただきます。 ...
    153 views
  • 超便利!文房具ライターのおすすめ機能性ふせん&ランキング10選【2019年版】

    超便利!文房具ライターのおすすめ機能性ふせん&ランキング10選【2019年版】

    勉強や仕事など、色々な場面で活躍するふせん。 教科書や本などのインデックスに使うだけでなく、ちょっとしたメッセージを書いたり、タスクを書いてToDoリストにしたりと、色々な使い方があります。 ふせんといえば、正方形や長方形の紙の端が糊付けされているものが一般的でしたが、最近ではその形も様々。 そこで今回は、便利な機能性ふせんについて、文房具ライターの『きだて たく』さんにおすすめの逸品を教えてもらいました。  また、IPPING編集部調べによる『機能性ふせんの選び方』...
    91 views
  • 誰でも書きやすいプロおすすめの筆ペン&人気ランキング10選【2019年版】

    誰でも書きやすいプロおすすめの筆ペン&人気ランキング10選【2019年版】

    最近はパソコンやスマートフォンなどが普及し、文字を書く機会が少なくなってきましたが、それでも筆記具が必要な場面はあります。 そんな筆記具の中でも、筆ペンを使う機会は年に1回ほどという方がほとんどでしょう。 年賀状ですらパソコンでプリントできるのですから、筆ペンはせいぜい結婚式やお葬式などで使うぐらいのはずです。 普段使うことがないと、ますます筆ペンがうまく書けなくなってしまいます。 でも安心なさってください。 今は筆ペンに慣れていない人でもキレイな字が書きやすい筆ペ...
    74 views
  • 文房具のプロが選んだ!おすすめの単語帳+口コミランキング10選【2019年版】

    文房具のプロが選んだ!おすすめの単語帳+口コミランキング10選【2019年版】

    単語や慣用句など、何かを暗記する際に便利な単語帳。実は、スマホ連携できるものや動物の形状をしたものなど、さまざまな種類が販売されていることをご存知ですか? 今回はそのような状況も踏まえて、5,000点を越える文房具コレクションを保有し、文房具についての著書もあるプロ文房具ライター・きだてたくさんにおすすめの単語帳やその選び方についてお話をうかがいました。 好みの単語帳を見つけて、暗記のスピードを加速させましょう! 1.文房具のプロがおすすめする単語帳 まずは文房具...
    71 views
  • 自炊がはかどる!文房具ライターおすすめ裁断機&種類別人気ランキング【2019年版】

    自炊がはかどる!文房具ライターおすすめ裁断機&種類別人気ランキング【2019年版】

    最近、自炊(書籍をデータ化すること)を行う人が増えています。自炊には、収納の場所がいらない、好きな本をどこでも手軽に読めるなどたくさんのメリットがあります。 自炊をスムーズに行うために必要なのが裁断機です。ハサミやカッターを使うよりも、何倍も速く、そして綺麗に裁断することができるので、必ず持っておきたいアイテムです。 今回は、文房具に関する書籍を多数出版している文房具ライター『きだて たく』さんに、おすすめの裁断機について伺ってみました。 また、IPPING編集部調べに...
    69 views
  • 収納力で選ぶ!文房具ライターのおすすめノートカバー&人気ランキング10選【2019年版】

    収納力で選ぶ!文房具ライターのおすすめノートカバー&人気ランキング10選【2019年版】

    スマートフォンやノートパソコンを持ち歩くのが当たり前の現代。 しかし、打ち合わせの内容をメモしたり、ちょっとした思いつきを書き留めておくのに、ノートが欠かせないという方も、まだまだ多いのではないでしょうか。 ノートカバーは、毎日ノートを持ち歩いているという方に大人気のアイテム。たくさんのメーカーから、様々な工夫を凝らしたノートカバーが発売されています。 今回は文房具ライターとして活躍している『きだて たく』さんに、おすすめのノートカバーを教えていただきました。 また、...
    68 views
  • 文房具のプロおすすめ水性ボールペン+口コミランキング10選【2019年版】

    文房具のプロおすすめ水性ボールペン+口コミランキング10選【2019年版】

    水性ボールペンはなめらかな書き心地が魅力ですが、紙の裏に文字がにじみやすく使いにくいタイプも…そのため、いざ買うとなると「どれがいいの?」と悩む方が多いアイテムの1つです。 ところが最近はインクが改良され、なめらかな書き心地はそのままに文字がにじみにくく、中には消せるペンが登場するなど進化を遂げています。 今回はそんな水性ボールペンのおすすめを文房具に関する書籍を多数出版している文房具ライター、きだてたく さんにうかがいました。 またIPPING編集部調べによる選び方、...
    67 views
  • 文房具ライターおすすめの製図用シャーペン+口コミランキング10選【2019年版】

    文房具ライターおすすめの製図用シャーペン+口コミランキング10選【2019年版】

    適度な重さと安定感のある書き心地で人気を集める製図用シャーペンですが、販売されているたくさんの中から自分にあったモデルを見つけるのは、なかなか難しいですよね。 そこで今回は、5,000点を越える文房具コレクションを保有し、文房具についての著書もあるプロ文房具ライター・きだて たく さんにおすすめの製図用シャーペンをうかがいました。 また、IPPING編集部調べによる、選び方のポイントやレビュー評価の高い製図用シャーペンの人気ランキングもご紹介します。 製図用シャーペンの...
    67 views

きだてたくの新着記事

中村 飛鳥

中村 飛鳥

hair salon Gallica オーナー

2015年表参道で『hair salon Gallica(ガリカ)』をオープン。『HOT PEPPER Beauty』で2年連続"GOLD Prize" 受賞。

山形 栄介

山形 栄介

HAIR & MAKE

2010年〜2017年まで『ROI hair & make』所属、2017年からフリーランスのヘアメイクとして活動中。「ガンちゃん」という愛称で有名モデルやタレントから指名多数。

浦 大輔

浦 大輔

ジュニア時代、関西ジュニアゴルフ選手権 優勝など輝かしいタイトル多数獲得。2009年、独自の理論によるゴルフレッスンを開始。「√dゴルフアカデミー」は予約が取れないほど人気がある。 米国PGAでも屈指の飛ばし屋と同等の飛距離を実証。

大山 旬

大山 旬

人気スタイリスト。日本最大級のファッション学習サイト「メンズファッションスクール」主宰。これまでに著書は5冊出版。累計8万部を突破。読売新聞、朝日新聞、NHK、TBS、テレビ朝日、フジテレビなどメディア出演も多数。

佐々木 英雄

佐々木 英雄

2013 年、株式会社しるべを設立。大学生を主な対象に、即戦力人財育成のための教育事業を無償で提供。

高橋 良輔

高橋 良輔

ボクシング東洋太平洋第12代クルーザー級(〜90kg)チャンピオン

2006年、日本人2人目となる東洋太平洋クルーザー級王座を獲得。2015年、『株式会社闘争心』の設立、代表を務める。

小早川 渉

小早川 渉

パーソナルトレーナー、パワーリフター。パワーリフティング全日本選手権11度優勝。トップレベルの現役選手でありながら、ReebokONEアンバサダー、ゴールドジムオフィシャルパーソナルトレーナーとして活躍。 数々のトップアスリートを指導している。公式...

剱持 百香

剱持 百香

有名美容家の元でアシスタントを務め、現在はVOCE/anan/michillなど様々なメディアで美容ライターとして活躍中。特に紫外線ケアを徹底しており、美白命の紫外線マスターとしてインスタグラムのフォロワーは9000人以上。日本化粧品検定1級、化粧品成分検定1...

瀬川陣市

瀬川陣市

写真家・講師・ライター。 会社員を経て渡米、日本語教師を勤めたのち、美術大学に入学し写真を学ぶ。 ドローンでの動画撮影にも着手。長崎県五島市アンバサダーに就任し、写真動画による地域興しにも貢献。 全国商工会議所や企業での講演、メディア出演な...

疋田智

疋田智

自転車で通勤する人を意味する言葉「自転車ツーキニスト」の名付け親。 メールマガジン『疋田智の週刊自転車ツーキニスト』では自転車通勤に関するノウハウを発信。TBSラジオ「ミラクル・サイクル・ライフ」(日曜よる6時半からTBS・ABC2局ネット)パーソ...

カテゴリから探す