元ボクシングチャンピオンおすすめのトレーニングマシンランキング

ジムに通うと様々な器具があり、効率よくカラダを鍛えることが出来ますよね。ただ、トレーニングマシンに順番待ちがあったり、ジムまでの往復時間もかかったり不便を感じることもあると思います。

そのため、自宅にマシンを設置して本格的にトレーニングをしたいという人も多いのではないでしょうか。

ところが、家庭用のトレーニングマシンはかなり種類が多いので、実際に選ぶ際にはかなり悩むことになりそうですよね。 

そこで、今回は短期間で68kgから90kgへの増量と強靭な体づくりに成功した経験をもとに、元ボクシング東洋太平洋クルーザー級チャンピオンの高橋良輔氏におすすめのトレーニングマシンについてお聞きしました。

最終更新日:2018年4月12日
1,268 views
高橋 良輔

高橋 良輔(たかはし りょうすけ) のプロフィール

ボクシング東洋太平洋第12代クルーザー級(〜90kg)チャンピオン

2006年、日本人2人目となる東洋太平洋クルーザー級王座を獲得。2015年、『株式会社闘争心』の設立、代表を務める。

この専門家の他の記事を見る

高橋良輔氏のおすすめトレーニングマシン

それでは、早速、高橋良輔氏がご自身の経験からおすすめするトレーニングマシンからご紹介していきます。

高橋良輔氏のコメント

高橋 良輔
 トレーニングマシンには様々なものがありますが、私がずっと使ってきたのはCYBEX社のものです。

トレーニングマシンは、ピンからキリまであって低価格帯のものはどうしても使われている骨組みの太さが細く、それなりに使っていると、曲がったり凹んだりしてトレーニング中に壊れてしまわないかと余計な心配をしなくてはいけなくなります。

そのため、超本格的にアスリートレベルを目指してトレーニングするのであれば、品質がよく作りがしっかりした信頼性のあるものを選んだほうが安心です。

中には複数のトレーニングができて、安いものなども出回っていますが、アスリートレベルのトレーニングに耐えられないものもあるので注意が必要です。マシンは安全を優先して品質の良いものを選択してほしいです。

Cybex(サイベックス) Fanctional Trainer FT-450

画像:cybexintl.com

Cybexのマシンは国立スポーツ科学センターや、国立競技場等、日本を代表する体育施設や、各競技チームでもつかわれていて、運動効果と品質の高さはダントツと行って良いブランドです。

このファンクショナルトレーナー FT-450は、上半身、下半身の様々な部位を目的に応じてトレーニングすることができます。いろいろな角度で負荷をかけられるので、安全性が確保されたマシンでありながら「自由度の高い」トレーニングが出来るのが魅力です。

高橋良輔氏のレビュー

高橋 良輔
これはアスリートレベルのトレーニングマシンです。トレーニングマシンは決められた軌道でトレーニングするのが一般的ですが、この器具は負荷をかける方向の自由度が高いので、より筋肉、バランスをコントロールする能力が同時に養われます。

言い換えると、実際のスポーツに使いやすいということです。通常のマシンだと一直線の軌道だけなのですが、このマシンは動きを変えたり、様々な角度で刺激を与えられるのでおすすめです。

このトレーニングマシンひとつで4大筋群(足、背中、胸、腹)のみならず、全身の筋肉を鍛えられるというメリットがあります。そういうトレーニングマシンはあまりありません。
 
私自身もガンガン使っていて、とてもいいマシンだと感じています。駒沢トレーニングセンターにも置いてあって、2時間450円で利用できるので、個人ではなかなか購入するのが高額なので、実際に使ってみたい人は、そこで一度使ってみるのもおすすめです。
Cybex Fanctional Trainer FT-450 の詳細情報
参考価格572,400円(税込)
サイズ幅180×奥行216×高さ216cm
重量約215Kg
ウェイトスタック負荷重量約90kg

CybexのHPで詳細を見る 

AXT-5

 

【お取り寄せ品】TUFF STUFF ホームマシン AXT-5(エーエックスティーファイブ)

画像:blacklabel.jp

家庭用トレーニングマシンの中でもレベルの高いトレーニングが出来るマシンです。軌道が固定されているので、靱帯や関節を痛めることが少なく、バランスを取る必要がないので、最大パワーでトレーニングが出来ます。以下の様々なトレーニングで各筋肉に高負荷がかけられます。

・チェストプレス(大胸筋、上腕三頭筋、三角筋(前部))
・ペックフライ(大胸筋)
・ラットプルダウン(広背筋)
・ケーブルロウイング(広背筋)
・トライセッププッシュダウン(上腕三頭筋)
・アームカール(上腕二頭筋)
・レッグエクステンション(大腿四頭筋)
・シーテッドレッグカール(ハムストリングス(大体二頭筋))
・シュラッグ(僧帽筋、菱形筋)
ほか

高橋良輔氏のレビュー

高橋 良輔
1台で9種類のトレーニングができます。家庭ユースで、初級から中上級まで使える優れものです。初級から中級者であればこのAXT-5で十分です。
AXT-5 の詳細情報
参考価格572,400円(税込)
サイズ幅180×奥行216×高さ216cm
重量約215Kg
ウェイトスタック負荷重量約90kg

通販サイトで価格を見る

レビュー評価が高いトレーニングマシンBEST3

ここからはおすすめのトレーニングマシンをレビュー評価が高い順に紹介していきます。家庭用のトレーニングマシンは、大きく3つに分けるとマルチ機能がついたタイプ、ベンチプレスをベースとしたタイプがあります。

今回はそれぞれのタイプで、レビューの高いベスト3をご紹介しますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

1.マルチ機能がついたタイプ

このマルチ機能がついたタイプで基本的に可能なトレーニングと鍛えられる筋肉は以下です。

1.チェストプレス(大胸筋・三角筋前部・上腕三頭筋)
2.バタフライ(大胸筋・三角筋前部)
3.ケーブルクランチ(腹直筋上部)
4.レッグエクステンション(大腿四頭筋)
5.ラットプルダウン(広背筋・大円筋)
6.リバースグリップ・ラットプルダウン(広背筋・大円筋円筋・上腕二頭筋)
7.ラットプルダウン・ビハインド・ネック(広背筋・大円筋円筋・三角筋)
8.ロウイング(広背筋・大円筋・下背部筋)
9.トレイセップス・プレスダウン(上腕三頭筋)
10.ベントオーバーロウ(広背筋・大円筋・下背部筋)
11.アームカール(上腕二頭筋)

1位:IROTEC (アイロテック) NEWマルチホームジムDX150ポンドタイプV2

画像:amazon.co.jp

『IROTEC (アイロテック) NEWマルチホームジムDX』は、マシン底部の面積をコンパクトにしているので、多少ガタつきが気になりますが、初心者には問題ない強度があり、全身を気軽に鍛えられるトレーニングマシンです。

非常に低価格でありながら、腕、胸、背中、肩、腹、脚をきちんと鍛えることが出来ます。組み立てには少し手間取りますが、コストパフォーマンスは文句なしのトレーニングマシンです。

IROTEC (アイロテック) NEWマルチホームジムDX150ポンドタイプV2 の詳細情報
参考価格43,200円(税込)
サイズ幅128×奥行140高さ204cm
重量約112kg
ウェイトスタック負荷重量約68kg

Amazonで価格を見る 楽天で価格を見る

2位:BODYMAKER(ボディメーカー) ホームジムDX トレーニンググローブセット

画像:amazon.co.jp

『BODYMAKER(ボディメーカー) ホームジムDX』は、二時間程度で組み立てることが可能です。一通りの筋トレはできますが、本格的にやる方にはウェイトが75Kgしかないので、物足りないかもしれません。

しかし初心者から中級者がホームトレーニングとして行うには十分です。トレーニンググローブがセットとなっています。ただし、IROTEC社のNEWマルチホームジムDXは重量が112kg、ファイティングロード社のホームジムEX70は120kgありますが、こちらは95kgしかないため、安定感は少し劣ります。

BODYMAKER(ボディメーカー) ホームジムDX トレーニンググローブセット の詳細情報
参考価格41,040円(税込)
サイズ幅118×奥行138×高さ202cm
重量約95Kg
ウェイトスタック負荷重量約60kg

Amazonで価格を見る 楽天で価格を見る

3位:ファイティングロード (FIGHTINGROAD) ホームジムEX70

画像:amazon.co.jp

『ファイティングロード (FIGHTINGROAD) ホームジム』はマルチ機能が付いた3つのマシンの中では最も重量があり、負荷重量も最も大きいタイプです。組み立ては手間がかかりますが、価格も手頃な上、十分に効果的なトレーニングが可能です。

ファイティングロード (FIGHTINGROAD) ホームジムEX70 の詳細情報
参考価格83,700円(税込)
サイズ幅115×奥行135×高さ210cm
重量約120Kg
ウェイトスタック負荷重量約70kg

Amazonで価格を見る 楽天で価格を見る

2.ベンチプレスをベースとしたタイプ

1位:ホームビルダーセット

画像:amazon.co.jp

このメーカーはプレートはゆがみがなく良いのですが、機材本体にやや強度不足の傾向があります。100kg以上のベンチプレスをする場合はおすすめできません。基本的には、初心者におすすめの筋トレマシンです。

ホームビルダーセット の詳細情報
参考価格45,090円(税込)
サイズ幅130×奥行137×高さ100~1300cm
重量表記なし
ウェイトスタック負荷重量約112.5kg

Amazonで価格を見る 楽天で価格を見る

2位:IROTEC マスキュラーラックシステム140

画像:amazon.co.jp

『IROTEC マスキュラーラックシステム』パワーラック本体、バーベルやプレート、ベンチ台があり、重量が140kgと、他の2つと比較して最も安定感があります。ジムに行かずとも様々なトレーニングが可能です。

このパワーラックでできる種目は

1.インクラインプレス(大胸筋上部、上腕二頭筋、三角筋前部)
2.デクラインプレス(大胸筋下部、上腕二頭筋、三角筋前部、広背筋)
3.ベンチプレス(上腕三頭筋長頭、外側頭、大胸筋、三角筋前部)
4.ディプス(大胸筋、上腕三頭筋)
5.シーデッド・ロウ(広背筋、大円筋、僧帽筋、三角筋後部、上腕二頭筋)
6.ラットプルダウン(広背筋、大円筋)
7.ラットプルダウンビハインドネック(広背筋、大円筋、僧帽筋、上腕二頭筋、菱形筋)
8.リバースグリップラットプルダウン(広背筋、僧帽筋、上腕二頭筋短頭)
9.チンニング(広背筋、菱形筋、大円筋、僧帽筋下部、三角筋後部)
10.スクワット(大腿四頭筋、ハムストリング、内転筋、大殿筋、脊柱起立筋)
11.レッグエクステンション(大腿四頭筋)
12.レッグカール(ハムストリング、腓腹筋)
13.シーテッドバーベルショルダープレス(三角筋)
14.アームカール(上腕二頭筋、上腕筋)
15.トライセップスプルダウン(上腕三頭筋)
16.デッドリフト(脊柱起立筋、広背筋、臀筋群、ハムストリング、僧帽筋)
17.ダンベルフライ(大胸筋、大腿四頭筋)
18.プリチャーカール(上腕二頭筋)

などです。

IROTEC マスキュラーラックシステム140 の詳細情報
参考価格120,960円(税込)
サイズ幅116×奥行145×高さ219cm
重量約82Kg
ウェイトスタック負荷重量約140kg

Amazonで価格を見る 楽天で価格を見る

3位:WILD FIT(ワイルドフィット)トレーニングジムセット

画像:amazon.co.jp

『WILD FIT(ワイルドフィット)トレーニングジムセット』これからベンチプレスを始めようという初心者の方向きのモデルです。バーベル・プレート100kgがセットなので初級者~中級者には十分な重さです。筋トレマシン全般に言えることですが、強度やグラつきのなさなど基本性能は価格に比例しますが、コストパフォーマンスは良い商品です。

WILD FIT(ワイルドフィット)トレーニングジムセット の詳細情報
参考価格43,000円(税込)
サイズ表記なし
重量表記なし
ウェイトスタック負荷重量約100kg

Amazonで価格を見る 楽天で価格を見る

トレーニングマシンの売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、トレーニングマシンのAmazonと楽天での売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonのトレーニングマシン売れ筋ランキング楽天のトレーニングマシン売れ筋ランキング
高橋 良輔

高橋 良輔(たかはし りょうすけ) のプロフィール

ボクシング東洋太平洋第12代クルーザー級(〜90kg)チャンピオン

26歳(1999年)という遅いデビューながら、2005年には日本人で初めて東洋太平洋ヘビー級タイトルに挑戦。翌2006年には日本人2人目となる同クルーザー級王座を獲得した。 18年におよぶフィットネスキャリアを元に、2013年より“闘う経営者向け”に特化した『闘争心プログラム』を展開。肉体のみならず脳とメンタルを鍛えるメソッドの検証を重ね、独自性溢れる手法でトレーニングを指導している。 2015年5月株式会社闘争心設立、代表を務める。闘う社長 ひいては会社を強く元気に、日本を元気にすることを理念に掲げ、“現場第一主義”で奮闘中!

この専門家の他の記事を見る

「モチベーションを短期間で向上させたい」とお考えの経営者様へ

この記事を監修していただいている高橋良輔氏が提供している、社長と社員のための「闘争心プログラム」は、仕事に対して、困難にも負けずに、生産的に取り組むメンタルを作る話題のボクシング・プログラムです。

現在50を超える企業の経営者と社員が、継続的に参加しており、短期間で、仕事への向き合い方に対して大きな変革を経験されています。

ボクシング東洋太平洋第12代クルーザー級チャンピオンである高橋良輔氏をはじめとして、高いステージでの真剣勝負を繰り広げてきた、チャンピオン経験者が、その経験をもとに、本物の「闘争心」を教えてくれます。

健全な闘争心を引き出し、いつもなら妥協してしまうような状況でも、妥協せずに仕事や人生に向き合うことが出来るようになります。自分自身、そして組織にプラスの風を巻き起こしたい方は、ぜひ、体験トレーニングで、その効果を体験してみてください。

「闘争心プログラム」の詳細はこちら

高橋 良輔の人気記事

  • やる気や集中力の維持に悩む人が知るべき「運動」が脳に与える驚くべき効果

    やる気や集中力の維持に悩む人が知るべき「運動」が脳に与える驚くべき効果

    あなたは普段、どれぐらい運動していますか? 近年の研究では、運動は、体の健康だけではなく、精神の健康や、仕事の生産性、勉強の能率など、様々な分野において、驚異的なメリットがあることが明らかになってきました。 例えば、以下のようなものです。 ・記憶力、協調性などが高まり仕事や勉強のパフォーマンスが向上する。 ・ストレスや不安に強くなり、より大きな課題に向き合える。 ・本当にやるべきことに対する集中力が上がり先延ばし行動が減る。 ・自制心が強まり禁酒や禁煙、ダイエット...
    17,517 views
  • 元ボクシングチャンピオン高橋良輔氏おすすめのパワーラックランキング

    元ボクシングチャンピオン高橋良輔氏おすすめのパワーラックランキング

    パワーラックとは、ウェイトトレーニングで使用する筋トレ器具の1つです。大きな長方形の鉄骨のような器具で、バーベルを設置できるラック(台)のことをいいます。 筋トレもレベルが上がってくると、ダンベルのような簡単なものでは物足りなく感じることもあるでしょう。 自宅でもジムで行うような本格的にトレーニングをしたくなってくると思います。そんな時におすすめなのが、パワーラックです。 パワーラックがあれば、ベンチプレス・スクワット・デッドリフトなど一通りの筋トレがいつでも自宅で行う...
    3,395 views
  • 元プロボクシングチャンピオンおすすめのストレッチポールランキング

    元プロボクシングチャンピオンおすすめのストレッチポールランキング

    ストレッチポールは、仰向けの姿勢で背中から乗って使う、最新の健康器具です。 開発されたのは2000年のことですが、今ではたくさんの種類が販売されています。見たことはあるという方も多いのではないでしょうか。 そんなストレッチポールですが、アイテムによって使い方や特徴が違うのをご存知ですか?見た目はほとんど変わらないし、どこに注目すれば良いのかもわかりづらいですよね。 そこで今回は、元ボクシング東洋太平洋クルーザー級チャンピオンの高橋良輔氏に、おすすめのストレッチポールにつ...
    1,514 views
  • コンプレッションウェアランキング│元ボクシングチャンピオンおすすめ

    コンプレッションウェアランキング│元ボクシングチャンピオンおすすめ

    コンプレッションウェアは、スポーツウェアの一種で、適度な圧力で身体を包むこむことによって、体の動きやすさや運動機能を向上させてくれるといった機能があります。さらに、副次的に疲労軽減効果や疲労回復効果もあるとされています。 そのことから運動中の集中力やスタミナ、パワーの向上が期待できます。 しかし、コンプレッションウェアは、色々なブランドが、様々な価格帯で販売しているため、どれが本当に良いものなのか分からないですよね。 そこで、今回は、元ボクシング東洋太平洋クルーザー級チ...
    1,428 views
  • 元ボクシングチャンピオンおすすめのプロテインランキング

    元ボクシングチャンピオンおすすめのプロテインランキング

    体作りを始めたら気になってくるのがプロテインだと思います。しかし実際にプロテインについて調べ始めたら、本当に色々な成分がありますし、数えきれないほどの製品があります。一体、どれが一番良いのでしょうか? その疑問に応えるべく、元ボクシング東洋太平洋クルーザー級チャンピオンであり、現在は株式会社闘争心を設立し、50社を超える会社の経営者に、運動を通じた体作りと、逆境に負けない心作りの指導をされていらっしゃる高橋良輔氏にお聞きしました。 高橋良輔氏のおすすめプロテイン そ...
    1,979 views
  • 元ボクシングチャンピオンおすすめのトレーニングマシンランキング

    元ボクシングチャンピオンおすすめのトレーニングマシンランキング

    ジムに通うと様々な器具があり、効率よくカラダを鍛えることが出来ますよね。ただ、トレーニングマシンに順番待ちがあったり、ジムまでの往復時間もかかったり不便を感じることもあると思います。 そのため、自宅にマシンを設置して本格的にトレーニングをしたいという人も多いのではないでしょうか。 ところが、家庭用のトレーニングマシンはかなり種類が多いので、実際に選ぶ際にはかなり悩むことになりそうですよね。  そこで、今回は短期間で68kgから90kgへの増量と強靭な体づくりに成功した経...
    1,268 views
  • ボクシングの元チャンピオンおすすめダンベル&人気ランキング7選

    ボクシングの元チャンピオンおすすめダンベル&人気ランキング7選

    「家でも器具を使ってしっかりトレーニングをしたい!」と思ってダンベルの購入を考えるけど、どれにしてよいか本当に悩むと思います。 ダンベルトレーニングは、腕、肩、胸、腹、背中、脚など全身を個別に鍛えられる豊富なトレーニングメニューがあり、効果的に筋力アップが望めます。 そこで今回はボクシング東洋太平洋クルーザー級の元チャンピオン、高橋良輔さんにおすすめのダンベルをお聞きしました。 読み進めて行くうちにあなたにベストな器具が見つかるでしょう! 高橋良輔さんのおすすめダ...
    1,361 views
  • 元ボクシングチャンピオンおすすめの腹筋ローラーランキング

    元ボクシングチャンピオンおすすめの腹筋ローラーランキング

    腹筋ローラーは最もコストパフォーマンスが良いとされている筋トレグッズと言われています。また、腹筋ローラーで鍛えられるのは腹筋だけだと思われるかもしれませんが、実は上半身全体を鍛えられる優れものでもあります。 しかも持ち運びが簡単で場所も取りません。 しかし、腹筋ローラーはホイールの数が違うものや、ストッパーが付いたもの、マットが付いたものなど様々な種類があります。そのためどれを選べばいいのか迷ってしまうこともあるかと思います。 そこで今回は、元ボクシング東洋太平洋クルー...
    554 views

高橋 良輔の新着記事

中村 飛鳥

中村 飛鳥

hair salon Gallica オーナー

2015年表参道で『hair salon Gallica(ガリカ)』をオープン。『HOT PEPPER Beauty』で2年連続"GOLD Prize" 受賞。

山形 栄介

山形 栄介

HAIR & MAKE

2010年〜2017年まで『ROI hair & make』所属、2017年からフリーランスのヘアメイクとして活動中。「ガンちゃん」という愛称で有名モデルやタレントから指名多数。

浦 大輔

浦 大輔

ジュニア時代、関西ジュニアゴルフ選手権 優勝など輝かしいタイトル多数獲得。2009年、独自の理論によるゴルフレッスンを開始。米国PGAでも屈指の飛ばし屋と同等の飛距離を実証。

大山 旬

大山 旬

人気スタイリスト。日本最大級のファッション学習サイト「メンズファッションスクール」主宰。これまでに著書は5冊出版。累計8万部を突破。読売新聞、朝日新聞、NHK、TBS、テレビ朝日、フジテレビなどメディア出演も多数。

佐々木 英雄

佐々木 英雄

2013 年、株式会社しるべを設立。大学生を主な対象に、即戦力人財育成のための教育事業を無償で提供。

高橋 良輔

高橋 良輔

ボクシング東洋太平洋第12代クルーザー級(〜90kg)チャンピオン

2006年、日本人2人目となる東洋太平洋クルーザー級王座を獲得。2015年、『株式会社闘争心』の設立、代表を務める。

小早川 渉

小早川 渉

パーソナルトレーナー、パワーリフター。パワーリフティング全日本選手権11度優勝。現在は数々のトップアスリートを指導している。

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)

お料理ユニット

フードコーディネーターの倉田 沙也加(写真左)。そして管理栄養士の峰 奈津季の2人からなる料理ユニット『ちゃあみー』。 倉田はテレビ番組のレシピ監修や料理番組の出演経験があり、峰は学生時代から管理栄養士として食に関するイベント企画や社会人と...

藤原千秋

藤原千秋

住まい・暮らしなどのアドバイザーとして、約18年にわたりWEBでの執筆やマスコミ出演多数あり。『マツコの知らない世界』では「1000種類の掃除グッズを試した主婦」という肩書きで登場。著書『この一冊ですべてがわかる!家事のきほん新事典』など、ほ...

柳谷智宣

柳谷智宣

ITライター

キャリア20年目のライター。主にITやビジネスに関して、紙媒体からウェブ記事まで幅広く執筆。最新のITサービスやビジネスについての講演やコンサルティングも行い活躍の場を広げている。著書に『クラウドの達人はなぜChromeを使うのか』(インプレス社)...

カテゴリから探す