ダンベルおすすめ!プロの逸品&人気ランキング20選

筋トレやフィットネスなど、幅広い運動をサポートしてくれるのがダンベルです。

数多くあるトレーニング器具の中でも、比較的シンプル機能とコンパクトなデザインとなっているため、トレーニング初心者でも気軽に取り組むことができます。

ただし、ダンベルにもいくつかのタイプがあるので、選ぶ際に悩んでしまうことも。 

そこでこの記事では、元プロボクシングチャンピオン高橋良輔さんがおすすめするダンベルと、プロおすすめのダンベルトレーニングを解説していきます。

鏡の前に立ったときに「最近ボディラインの崩れが気になる…」という方や、「運動不足を解消したい」という方も、ぜひ最後までご覧ください。

最終更新日:2019年10月17日
高橋 良輔

高橋 良輔(たかはし りょうすけ) のプロフィール

ボクシング東洋太平洋第12代クルーザー級(〜90kg)チャンピオン

2006年、日本人2人目となる東洋太平洋クルーザー級王座を獲得。2015年、『株式会社闘争心』の設立、代表を務める。

この専門家の他の記事を見る

1.元プロボクシングチャンピオンおすすめのダンベル

ここでは、元プロボクシングチャンピオン高橋良輔さんが、おすすめするダンベルを紹介していきます。

画像:amazon.co.jp
プロの
おすすめ
THINKフィットネス

パワーブロック SP50(23kg×2)可変式ダンベル 9段階

メーカー希望小売価格63,720円(税込)

可変式ダンベルの中で、ストレスになってしまうのが重量を変えることではないでしょうか?

筋トレを行なう中で、インターバルを取らずに重量を変えていく筋トレメニュー等では、スムーズに重さを変えられることが非常に重要になります。

そんな悩みを解決できるのが、『パワーブロック SP50(23kg×2)可変式ダンベル 9段階』。

最大の特徴が、樹脂製ピンによる重量チェンジ。9段階以上もの重量ピンを瞬時に差し替えることができ、すばやくトレーニングを行なうことができます。

計算されたデザインで、腕の可動域を狭めてしまう心配はありません。理想的なフォームをキープしやすく、より効率良く筋トレを行なうことができます。

重量設定は約4.5kg~約23 kgまでで5 kg刻みになっているので、男性だけでなく女性でも使用することができます。

高橋良輔さんレビュー

高橋 良輔
私が愛用しているダンベルの一つが『パワーブロック』です。理由は「ピンを差し込む位置を変えるだけで重量を変えられる」という点にあります。

特に「ドロップセット」というトレーニングの時に真価を発揮します。

これには、ある程度の重さのダンベルが複数必要なのですが、『パワーブロック』があればスムーズにトレーニングをすることができます。

簡単に重さを変えられるため、このダンベル以外ないだろうというぐらい重宝しています。

私が持っているのは41kgですが、初心者の方は23kgあれば筋トレをやっていくのには十分な負荷があります。

将来的に高重量で追い込むことを考えているなら高重量を、そこまでいかなくてもトレーニングで体を引き締めたいのなら23kgで良いと思います。

非正規品も出回っていますが、正規品の方が作りがしっかりしていて、余分なストレスを感じることなくトレーニングに集中できるので、そちらをおすすめしています。

パワーブロック SP50(23kg×2)可変式ダンベル 9段階 の詳細
メーカー株式会社THINKフィットネス
重量最小:約4.5kg、最大:約23kg
 メーカー希望小売価格63,720円(税込)

2.ダンベルトレーニングのメリット

筋トレでは様々なトレーニング器具がありますが、その中でもダンベルは、初心者から上級者、あるいはエクササイズにと幅広く活用されています。

ダンベルが多くのトレーニング者に選ばれる、その理由を見ていきましょう。

左右の筋肉バランスを整える

ほとんどの人に利き手や利き腕があり、どちらでも左右それぞれで担っている役割が違うのを知っていますか。

たとえば、右利きの方の場合では、右手・右腕が細かい作業や熟練度が必要なときに使用され、左手は力を加えて補助するときに使用されています。

力が強くなるのは、実は利きと逆側になります。

両手・腕で器具を使ったバーベルなどのトレーニングを行なうと、力が弱い利き側をカバーするために無意識に片側で、より強い力が入ってしまっています。

その結果、気づかないうちに、左右の筋肉バランスが崩れてしまっていることにも。

そこで役立つのが、数あるトレーニング器具の中でも比較的ポピュラーなダンベルです。ダンベルは、左右それぞれが独立しているため、筋肉のバランスを把握しながら鍛えることができます。

可動域が広い

筋肉を鍛える上で、大切になるのが筋肉の収縮と伸展の範囲です。筋肉が成長するためには、与える刺激の大きさが関わってきます。

たとえば、バーベルを用いたスクワットで解説していきましょう。

  • パターンA:200kg重量のバーベルで膝を約45度まで曲げて行なう
  • パターンB:100kg重量のバーベルで膝を約90度まで曲げて行なう

これを見ると、パターンAの方が筋肉に対してより高い負荷(刺激)を与えられているように思います。

けれども実は、理論上ではその差異がほとんどありません。

その理由が、筋肉の可動域の違いです。

たとえ軽い重量であっても、筋肉の収縮・伸展の幅(可動域)が広ければ効果的に筋肉へ刺激を与え、効率よく成長させることができます。

ダンベルは、この可動域の点でも優れたトレーニング器具になります。体の収縮・伸展の幅の最大域で筋肉を動かすことができるので、軽量でも高い筋トレ効果を得らえるのです。

参考:athletebody.jp

関節に優しい

ダンベルを用いた筋トレは、他の器具よりも関節への負担が少ないのもメリット。

可動域が広くなることで柔軟性の高い動作を行なえ、より正しいトレーニングフォームを取ることができます。

より自然に関節を動かせることで、結果的に関節への負担が軽減されます。

とくに、肩や肘の関節などを痛めた方は、ダンベルを使用した筋トレがおすすめになります。

3.プロおすすめのダンベルトレーニング

ここでは、元プロボクシングチャンピオンの高橋良輔さんが、筋肉を大きく成長させるのに役立ったおすすめの筋トレメニューを紹介していきます。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

ドロップセット

ドロップセットは、筋力アップよりも筋肉をより大きく発達させるのが目的になるため、高い負荷が必要にならないのが特徴です。

そのやり方は簡単に説明しますと、“1セット内ではインターバルを取らず、重量を下げながら1セットで限界まで追い込む”というトレーニングになります。

以下で詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  1. 負荷を10RM(10回が限界の負荷)に設定します。
  2. 1の負荷で、10回まで行ないます。
  3. 負荷を1の時の80~70%程度まで下げます。
  4. 3の負荷で、限界まで10回行ないます。
  5. 上記3~4を2回ほど繰り返し行ないます。

この1~5全てのプロセスで1セット。この時インターバルは取りません。

負荷を下げていく際にも、出来る限りスピーディーに行なうように心がけることで、より高い筋トレ効果が得られます。

参考「homegym-training.com

高橋 良輔
私がよく行うトレーニングの一つに「ドロップセット」があります。私の場合、最初は20kgで限界まで追い込んで、その後すぐに15kgに下げてもう一度限界まで追い込み、次は10kgに下げてまた限界まで追い込むというようなトレーニング方法です。

このように、限界まで追い込むことを繰り返すことで筋肉に大きな負荷をかけることが出来ます。

注意点として、このトレーニング法はオーバーワークになる危険性があります。必ず自分のコンディションと相談しながら行っていきましょう。

実は私は痩せ型体質で、ボクシングを始めた当初70kgしかありませんでした。しかしこのドロップセットを続けた結果、体重を90kgまで増やすことができ、クルーザー級タイトルを取ることができました。

私にとって、ドロップセットの効果はとても大きかったと思います。

4.ダンベルの選び方

ここでは目的に合わせてダンベルを3つのタイプに分け、それぞれの特徴に応じた選び方のポイントを解説していきます。

可変式ダンベル(本格的なトレーニングにおすすめ)

ダンベルの種類は大きく分けると、可変式か固定式かになります。可変式は、その名のとおりにダンベルの重量を変えられることが特徴となります。

可変式タイプを選ぶ際のポイントが、“サイズ”・“重量”・“重量の調整幅”の3点です。

重量を変えることができる可変式タイプはサイズが大きくなってしまうことも。収納する場所などを考えることが必要になります。

また、付属の重量については上限値が高いものがおすすめです。

また、可変式ダンベルは安いものではないので、せっかく購入しても重量が足りなくなってしまってはもったいないですよね。

重量の調整幅は、出来る限り細かいものがおすすめ。

重量がコントロールしやすいと、さまざまな筋トレを行なうことができ、さらに継続してダンベルトレーニングを行なうことができるからです。

固定式ダンベル(初心者、同じトレーニングを継続する方におすすめ)

ダンベルと聞いて多くの方がイメージするのが、この固定式タイプではないでしょうか。

固定式の場合、ダンベルの重さを変えることができないため、その重量をいくつにするかが最大のポイントになります。

ただ、鍛える筋肉の部位や目指す体型によって、必要になるダンベルの重さは変わってしまいます。

たとえば、ダンベル初心者の方が行なうことが多い「ダンベルカール」では男性では5~6kg、女性では2~3kgになり、さらに「ダンベルスクワット」では男性で10 kg、女性で5 kgがおすすめになります。

鍛えたい体のパーツをしっかりと決め、そして行なう筋トレメニューを3つ程度ピックアップすることで、失敗しないダンベル選びができるでしょう。

軽量ダンベル(女性、エクササイズ用途向け)

固定式ダンベルの中で、軽量ダンベルは、女性やエクササイズ用に向いています。

特徴は、0.5kgからラインナップされている重量の豊富なバリエーション、おしゃれなカラーとデザイン性です。

軽量タイプは、筋肉の中でも「遅筋」と呼ばれる筋肉を鍛えるのに効果的。

遅筋は、筋繊維の収縮速度が遅いことで発揮されるパワーは小さくなりますが、その一方で疲労しにくく持続的にパワーを出すことができる特徴があります。

さらに、この遅筋は鍛えても、ほとんど太くなることがない筋肉になります。

軽量ダンベルを選ぶ際のポイントは、筋トレを12反復“不自由なく”行える重さを選ぶこと。あまりにも軽いダンベルになってしまうと、正しい効果を得ることが難しくなるので注意しましょう。

5.レビュー評価の高い【可変式】ダンベル人気ランキングTOP10

ここからは、IPPING編集部調べによるダンベルをご紹介します。

まずは本格派におすすめの【固定式】ダンベルトップ10から見ていきましょう。

画像:amazon.co.jp
1位
スーパースポーツカンパニー

IROTEC(アイロテック) ラバー ダンベル 40kgセット

メーカー希望小売価格11,988円(税込)

強靭な精神と肉体を目指したブランド『IROTEC(アイロテック)』から登場したのが、『IROTEC ラバー ダンベル40kgセット』。

鋼鉄のような肉体を誇っていた古代スパルタの戦士をイメージした、深い紅と漆黒を配したカラーデザインとなっています。

ダンベルプレートは1.25kgからで、トレーニング初心者でも始めやすくなっています。

安全性と騒音を配慮したラバー仕様は、思わぬ落下や転がりの際にも衝撃などを和らげてくれます。

IROTEC(アイロテック)ラバー ダンベル 40kgセットの詳細
メーカー・ブランド株式会社スーパースポーツカンパニー
重量内訳1.25kgプレート:4枚、2.5kgプレート:4枚、5kgプレート:4枚、40cmダンベルシャフト2.5kg:2本
メーカー希望小売価格11,988円(税込)
画像:amazon.co.jp
2位
クローバー

FIELDOOR ダンベル

メーカー希望小売価格3,800円(税込)

付属のプレートは1.25kg・2.5kg・5kgの3種類、ダンベルビギナーからハードユーザーまで幅広く使用することができます。

シャフトは公式競技などにも用いられる直径28mmの標準サイズ。これを採用したことで、すでにお持ちのダンベルプレートを併せて使用することができます。

シャフト自体も2.0kgあるため、エクササイズにもおすすめ。

グリップ部分は滑り防止の「ローレット加工」を施しています。しっかりと握ることができるので、正しいトレーニングフォームをキープすることができるでしょう。

FIELDOOR ダンベルの詳細
メーカー・ブランド株式会社クローバー
重量内訳1.25kgプレート:4枚、2.5kgプレート:4枚、ダンベルシャフト2.0kg:2本、カラー0.25kg:4個
メーカー希望小売価格3,800円(税込)
画像:amazon.co.jp
3位
ワウト

ダンベル・バーベル 2個セット

メーカー希望小売価格6,199円(税込)

プロスポーツトレーナー和田拓巳氏との共同開発によって実現した『WOUT』の高性能ダンベル。

付属のダンベルプレートは、調整可能な可変式。トレーニングに合わせて、重量を変えることができます。

プレートが八角形のデザインになっているため、安定抜群です。

さらに、ポリエチレンコーティングなので、大切な床材を傷付けてしまうおそれもありません。賃貸マンションなどでも、気兼ねなく自宅でダンベルトレーニングを行なえます。

鉄製ダンベルにありがちな、サビの発生もないため、メンテナンスもしやすくなっています。

ワウト ダンベル・バーベル 2個セットの詳細
メーカー・ブランドWout
重量内訳1.5kgプレート:4枚、2.0kgプレート:4枚、3kgプレート:8枚、54cmシャフト1.0kg:2本
メーカー希望小売価格6,199円(税込)
画像:amazon.co.jp
4位
TOP FILM

ダンベル

メーカー希望小売価格4,980円(税込)

ダンベルにおいて、重要になるのがグリップしやすさではないでしょうか?『TOP FILM ダンベル』では、人間工学に基づいて設計したローレットハンドルグリップによって、快適なグリップになっています。

延長用シャフトを用いることで、3way仕様が可能。ダンベルとしてはもちろん、延長用シャフトを接続しバーベルとしても使用できます。

フラットベンチがあれば、トレーニングメニューの幅もグッと広がるでしょう。

また、専用収納ケースも付属しているので、管理しやすく収納にも困りません。

TOP FILM ダンベルの詳細
メーカー・ブランドTOP FILM
重量内訳0.5kgプレート:4枚、1.25kgプレート:4枚、2.5kgプレート:4枚
メーカー希望小売価格4,980円(税込)
画像:amazon.co.jp
5位
オールマーケットジャパン

YouTen(ユーテン)ダンベル

メーカー希望小売価格4,580円(税込)

丸いプレートに起こりやすい転がりは、思わぬ事故を引き起こしてしまうおそれも。『YouTenダンベル』では円形プレートにくぼみを設けることで、床での転がりを防止できます。

プレートはポリエチレンコーティングされており、置いたときの騒音や床材を傷付けてしまう心配もありません。

凸凹を付けたローレット加工のシャフトを採用したことで、重い重量のダンベルでも握りやすく滑りにくいデザインとなっています。

YouTen(ユーテン) ダンベルの詳細
メーカー・ブランド株式会社 オールマーケットジャパン
重量内訳0.75kgプレート:4枚、1.25kgプレート:4枚、2.5kgプレート:4枚、シャフト約1.0kg:2本
メーカー希望小売価格4,580円(税込)
画像:amazon.co.jp
6位
eSPORTS

リーディングエッジ ラバーダンベル

メーカー希望小売価格10,800円(税込)

シリーズ累計3万個突破の人気ダンベルが、リニューアル。

要になるプレートは、トレーニングレベルに合わせて調節可能、4.5kg~最大20kgのサイズ展開になっています。

初心者はもちろんのこと、男性の筋トレ上級者でも満足できるバリエーションです。

ダンベルシャフトは直径28mmの標準仕様となっているので、他のダンベルプレートとの併用や追加することも可能になっています。

プレート種類の選択が豊かになることで、幅広いトレーニングメニューをこなすことができるでしょう。

リーディングエッジ ラバーダンベルの詳細
メーカー・ブランド株式会社eSPORTS
重量内訳1.25kgプレート:4枚、2.5kgプレート:4枚、5kgプレート:4枚、シャフト2.0kg:2本
メーカー希望小売価格10,800円(税込)
画像:amazon.co.jp
7位
Wolfyok

純鋼製アレー 3in1 20kgセット

メーカー希望小売価格7,080円(税込)

可変式プレートとシャフトジョイントの採用によって、「ダンベル・バーベル・腕立て伏せ」の3種類を合わせたマルチ機能になっています。

ハードトレーニングにも耐えられるように、鋼製のプレートを耐久性に優れたTPU素材でカバー。鉄製のダンベルに起こりやすい、サビの発生も心配ありません。

また、シャフトにはスクリュー式を採用したことで、トレーニング中のプレートの緩みと落下を防ぐことができます。

グリップ部分は、しっかりと握れるポリウレタン加工。滑りにくく手に食い込みにくいため、プレート重量を高くしても手が痛くなる心配がありません。

3wayダンベルで、メリハリボディを手に入れてみませんか?

Wolfyok 純鋼製アレー 3in1 20kgセットの詳細
メーカー・ブランドWolfyok
重量内訳1.0kgプレート:4枚、1.25kgプレート:4枚、2.0kgプレート:4枚
メーカー希望小売価格7,080円(税込)
画像:amazon.co.jp
8位
eSPORTS

アーミーダンベル 20kg

メーカー希望小売価格3,980円(税込)

高い人気を誇る『アーミーダンベル』シリーズから、20kgモデルが登場。同モデルでは、プレートが10kg・13 kg・17 kg・20 kgの4段階展開となっています。

仕事終わりなどで行なうデイリートレーニングでは、継続していくことが大切に。そこで活躍するのが、この『アーミーダンベル 20kg』です。

強度の高いポリエチレンで立体設計をしたことで、サビの発生や転がりの心配もありません。

メンテナンスに優れたダンベルとなっています。

アーミーダンベル 20kgの詳細
メーカー・ブランド株式会社eSPORTS
重量内訳1.5kgプレート:4枚、3.5kgプレート:4枚、5kgプレート:4枚
メーカー希望小売価格3,980円(税込)
画像:amazon.co.jp
9位
MOJEER

ダンベル 3in1

メーカー希望小売価格5,999円(税込)

筋肉の成長には、1パターンメニューでは足りません。さまざまなメニューによって、多方面から刺激を与えることで効率よく筋肉を成長させることができます。

ダンベル・バーベル・腕立て伏せと、独自設計による3wayの可変式ダンベルが『MOJEER ダンベル3in1』。

ダンベルからバーベルにスムーズにチェンジでき、多彩なトレーニングメニューに取り組むことができます。

グリップ部分は、冬場でも冷たくなりにくい素材となっているので、1年を通してトレーニングを継続することができるでしょう。

MOJEER ダンベル 3in1の詳細
メーカー・ブランドMOJEER
重量内訳1.0kgプレート:4枚、2.5kgプレート:4枚、3.0kgプレート:8枚
メーカー希望小売価格5,999円(税込)
画像:amazon.co.jp
10位
PROIRON

PROIRON ダンベル アジャスタブル

メーカー希望小売価格5,380円(税込)

人間工学に基づいた「ローレット加工」ハンドルグリップによって、高い重量でトレーニングしても疲れにくく手が痛みにくい設計のダンベルです。

独自のO型ラバーリングがトレーニング中の緩みを軽減。フリーコネクションスチールチューブを用いることで、ダンベルをバーベルに変えることも。

付属のPROIRON鋳鉄プレートセット(20kg)で、初級者から上級者トレーニングメニューを実現できます。

アメリカとイギリスのAmazonでベストセラーとなった一品です。

PROIRON ダンベル アジャスタブル の詳細
メーカー・ブランドPROIRON
重量内訳0.5kgプレート:4枚、1.25kgプレート:4枚、2.5kgプレート:4枚
メーカー希望小売価格5,380円(税込)

6.レビュー評価の高い【固定式】ダンベル人気ランキングTOP5

次は、初心者でも使いやすい【固定式】ダンベルをご紹介します。

トレーニングレベルや鍛えたい体のパーツ、ダイエットなど、目的に合ったダンベルを見つけてくださいね。

画像:amazon.co.jp
1位
BeryKoKo

ダンベル

メーカー希望小売価格10kg:4,350円(税込)

最近の固定式ダンベルは、多彩なカラーバリエーションが特徴の1つになりつつあります。『BeryKoKo ダンベル』もそんなアイテムです。

しかも、カラーはウエイトごとに変えられているので、重さを変えて揃えればスポーツインテリアにも!

重さ1kg~10 kgまでで、2個セットのため本格的なトレーニングが可能です。

六角形デザインと合成ゴムコーティング加工を採用し、グリップを握った際のフィット感、さらにフローリングなどの床材に置いたときの安定感に優れています。

フィットネスから筋トレまでを幅広くサポートしてくれるダンベルです。

BeryKoKo ダンベルの詳細
メーカー・ブランドBeryKoKo
重量内訳1~5kg、8kg、10kgで選択
メーカー希望小売価格10kg:4,350円(税込)
画像:amazon.co.jp
2位
FIELDOOR

カラーダンベル

メーカー希望小売価格3kg:2,000円(税込)

丸みがかった形が印象的なカラーダンベル。一見すると円形に見えますが、実は安定感に優れた六角形デザインになっています。

フラット部分があることで、フローリングなどに置いたときに転がる心配がありません。

グリップ部分を細く改良し、より効果的なトレーニングを可能にしています。手の平で握った際に、馴染みがよいことで安定したトレーニングフォームをキープできます。

安全に使用できるように、4~6・8・10・12kgではグリップを鋼に変え、持ち手を形成した後に鉄で錘部分を製造しています。

2段階製造によって、細いグリップでありながら強度の高い仕様に仕上げられています。

FIELDOOR カラーダンベル の詳細
メーカー・ブランドFIELDOOR
重量内訳1~6kg、8kg、10kg、12kgで選択
メーカー希望小売価格3kg:2,000円(税込)
画像:amazon.co.jp
3位
PROIRON

ダンベル

メーカー希望小売価格2kg:1,680円(税込)

トレーニング中に、流れる汗でダンベルが滑るという経験はありませんか。滑ってしまうことで、落下などの思わぬ事故を引き起こしてしまうおそれもあります。

そこで大切になるのが、汗をかいてもグリップ部分が滑りにくいこと。

『PROIRON ダンベル』は、手に馴染みやすく滑りにくいクロロプレンゴムでコーティングしています。そのため、ダンベルグローブを付ける必要がなくなり、スムーズにトレーニングを行なうことができます。

ダンベル両端のウエイト部分は、アンチ・ローリングデザインを採用しているので、インターバル時や収納時に転がる心配はありません。

PROIRON ダンベルの詳細
メーカー・ブランドPROIRON
重量内訳1~5kg、8kg、10kgで選択
メーカー希望小売価格2kg:1,680円(税込)
画像:amazon.co.jp
4位
Amazonベーシック

ネオプレンダンベル

メーカー希望小売価格6.8kg:3,500円(税込)

『Amazonベーシック ネオプレンダンベル』は、トレーニング初心者から上級者まで幅広くサポートできる重量(0.453kg~最大6.8kg)を展開しています。

たとえば、トレーニング初心者やフィットネスには、軽い0.453kg(1ポンド)~0.9kg(2ポンド)がおすすめです。

滑り防止につながる「ネオプレンコーティング」が施されています。そのため、汗をかきやすいトレーニング中でも、しっかりとグリップを握ることができるでしょう。

置いたときに転がらない、六角形デザインのウエイトヘッドとなっています。転がる心配がないため、スムーズにトレーニングを続けることができます

Amazonベーシック ネオプレンダンベルの詳細
メーカー・ブランドAmazonベーシック
重量内訳0.453kg、0.9kg、1.4kg、1.8kg、2.3kg、2.7kg、3.2kg、3.6kg、6.8kgで選択
メーカー希望小売価格6.8kg:3,500円(税込)
画像:amazon.co.jp
5位
FIELBELL

ダンベル

メーカー希望小売価格1kg:1,080円(税込)

『FIELBELL ダンベル』は、抜群のフィット感でトレーニング効果を上げてくれるでしょう。握り心地のよい高品質ゴム弾性を採用しており、トレーニング中に手が痛くなる心配もありません。

鉄製ダンベルに起こりやすい、不意の衝撃で鳴ってしまうキンとした嫌な音もありません。さらに、ソフトゴム素材のため、サビの発生もなくメンテナンスに優れています。

重量は1 kg~4 kgまでで、比較的トレーニング初心者や女性におすすめのダンベルです。

FIELBELL ダンベルの詳細
メーカー・ブランドFIELBELL
重量内訳1~3kg、5kgで選択
メーカー希望小売価格1kg:1,080円(税込)

7.レビュー評価の高い【軽量】ダンベル人気ランキングTOP5

ここでは力の弱い女性でも、無理なく楽しくトレーニングができるような【軽量】ダンベル人気ランキングをご紹介します。

画像:amazon.co.jp
1位
BeryKoKo

ダンベル

メーカー希望小売価格1kg:1,380円(税込)

『BeryKoKo ダンベル』は、1kgから取り揃えているので女性にもおすすめ。とくに気になる二の腕の筋トレには、自分に合ったウエイトレベルを選ぶことが大切になります。

適正な重量を選ぶことで、手首などの関節を痛めることも予防できるでしょう。

さらに、女性には嬉しいポップなカラーバリエーションとなっています。しかも、カラーはウエイトごとに変えられているので、重さを変えて揃えればスポーツインテリアにもなります。

また、六角形デザインと合成ゴムコーティングによって、グリップしやすくなっています。フィットネスなどで長く使用しるときに、おすすめです。

BeryKoKo ダンベルの詳細
メーカー・ブランドBeryKoKo
重量内訳1~5kg、8kg、10kgで選択
メーカー希望小売価格1kg:1,380円(税込)
画像:amazon.co.jp
2位
FIELDOOR

カラーダンベル

メーカー希望小売価格1kg:2,000円(税込)

『FIELDOOR カラーダンベル』は、男性よりも小さな女性の手にもしっかりとフィットする、細身グリップが特徴の1つ。

トレーニング効果を左右するグリップ部分は、握り心地の良いクロロプレンゴムでコーティング加工されています。

収納に困らないコンパクトボディに、柔らかい印象の丸みを帯びた六角形ウエイトヘッドになっています。

ウエイト部分にフラット面があることで、フローリングなどの床材に置いたときに転がってしまう問題もありません。

安全に使用することができるので、初めてダンベルトレーニングにおすすめです。

FIELDOOR カラーダンベル の詳細
メーカー・ブランドFIELDOOR
重量内訳1~6kg、8kg、10kg、12kgで選択
メーカー希望小売価格1kg:2,000円(税込)
画像:amazon.co.jp
3位
ALINCO(アルインコ)

ダンベル

メーカー希望小売価格3,240円(税込)

数多くのダンベルは、グリップ部分とその両端にウエイトにあたるヘッドが付いたものが多い中、『ALINCO(アルインコ)ダンベル』は、ちょっとユニークなデザインのダンベルです。

ウエイトヘッドがなく、さらに手の甲にはバンドが付いています。グリップ部分には握ったときにフィットするように、手形のくぼみが施されています。

画像:amazon.co.jp

握力に自信のない女性でも、くぼみとバンドによってエクササイズやトレーニングを行なうことができるでしょう。

ピンクとブラックの2色使いで、可愛らしい印象となっています。

ALINCO(アルインコ) ダンベルの詳細
メーカー・ブランドアルインコ株式会社
重量内訳0.5kg
メーカー希望小売価格3,240円(税込)
画像:amazon.co.jp
4位
PROIRON

ダンベル

メーカー希望小売価格1kg:1,180円(税込)

鉄製ダンベルでのトレーニング中に、鉄のニオイやサビが気になった経験はありませんか。女性の中には、ニオイや素材に敏感な方もいるのではないでしょうか。

そこでおすすめなのが、『PROIRON ダンベル』。サビの発生や鉄臭などがない、クロロプレンゴム加工が施されています。

また、このゴムは手に馴染みやすく、さらに滑りにくい仕様となっているので、トレーニング中の思わぬ落下を防ぐことも期待できます。

ダンベル両端のウエイト部分は、安定感のある六角形デザインを採用しています。休憩時や収納の際に、転がってしまう心配がありません。

PROIRON ダンベルの詳細
メーカー・ブランドPROIRON
重量内訳1~5kg、8kg、10kgで選択
メーカー希望小売価格1kg:1,180円(税込)
画像:amazon.co.jp
5位
LICLI

ダンベル

メーカー希望小売価格0.5kg:880円(税込)

コロンとした可愛らしいフォルムが特徴的な『LICLI ダンベル』。一般的なダンベルは、モノクロで無機質なイメージがありますが、こちらはビビットなカラーバリエーションと丸みを帯びたフォルムデザインになっています。

ダンベルラックや収納ボックスがなくても、インテリアとして部屋に飾っても問題ありません。

力の弱い女性でも、しっかりとグリップを握ることができるフィット感に優れた形状に設計されています。

グリップ部分をマットな質感に仕上げたことで、より手に馴染みやすくなっています。

ダンベル自体をソフトゴムでコーティングしているので、床材を傷つける心配なし!ソフトゴムコーティングなので、ちょと使っていない間にサビてしまった、なんてこともありません。

LICLI ダンベルの詳細
メーカー・ブランドLICLI
重量内訳0.5kg、1.0kg、2.0kg、3.0kg、4.0kg、5.0kgで選択
メーカー希望小売価格0.5kg:880円(税込)

ダンベルの売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、ダンベルの売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonのダンベル売れ筋ランキング楽天のダンベル売れ筋ランキングYahoo!ショッピングのダンベル売れ筋ランキング

高橋 良輔

高橋 良輔(たかはし りょうすけ) のプロフィール

ボクシング東洋太平洋第12代クルーザー級(〜90kg)チャンピオン

26歳(1999年)という遅いデビューながら、2005年には日本人で初めて東洋太平洋ヘビー級タイトルに挑戦。翌2006年には日本人2人目となる同クルーザー級王座を獲得した。 18年におよぶフィットネスキャリアを元に、2013年より“闘う経営者向け”に特化した『闘争心プログラム』を展開。肉体のみならず脳とメンタルを鍛えるメソッドの検証を重ね、独自性溢れる手法でトレーニングを指導している。 2015年5月株式会社闘争心設立、代表を務める。闘う社長 ひいては会社を強く元気に、日本を元気にすることを理念に掲げ、“現場第一主義”で奮闘中!

この専門家の他の記事を見る

「モチベーションを短期間で向上させたい」とお考えの経営者様へ

この記事を監修していただいている高橋良輔氏が提供している、社長と社員のための「闘争心プログラム」は、仕事に対して、困難にも負けずに、生産的に取り組むメンタルを作る話題のボクシング・プログラムです。

現在50を超える企業の経営者と社員が、継続的に参加しており、短期間で、仕事への向き合い方に対して大きな変革を経験されています。

ボクシング東洋太平洋第12代クルーザー級チャンピオンである高橋良輔氏をはじめとして、高いステージでの真剣勝負を繰り広げてきた、チャンピオン経験者が、その経験をもとに、本物の「闘争心」を教えてくれます。

健全な闘争心を引き出し、いつもなら妥協してしまうような状況でも、妥協せずに仕事や人生に向き合うことが出来るようになります。自分自身、そして組織にプラスの風を巻き起こしたい方は、ぜひ、体験トレーニングで、その効果を体験してみてください。

「闘争心プログラム」の詳細はこちら

高橋 良輔の人気記事

高橋 良輔の新着記事

島村楽器

島村楽器

全国39都道府県に160店舗以上を展開する日本最大の楽器小売店。1962年にヤマハ音楽教室を開設し、日本有...

田草川恒秋

田草川恒秋

商工会連合会や中小企業庁など公的機関からの支援実績が豊富なPCインストラクター。のべ2,000人へのPC指...

阿部航平

阿部航平

毛髪診断士。美容室での経験をもとに『頭皮と肌の専門店~希翠(きっすい)~』でヘッドスパニストとして...

川崎由美子

川崎由美子

世界で最も過酷な不眠不休レース「SCORE BAJA1000」日本人女性初完走者。二輪ジャーナリスト。執筆、TV...

高橋 良輔

高橋 良輔

ボクシング東洋太平洋第12代クルーザー級(〜90kg)チャンピオン

2006年、日本人2人目となる東洋太平洋クルーザー級王座を獲得...

本田雅一

本田雅一

オーディオ&ビジュアル評論家、ITジャーナリストとして25年以上のキャリアを持つ。東洋経済新報社、エ...

vapestudio

vapestudio

日本最大級の電子タバコ・VAPE専門店。一定以上の品質基準をクリアした商品を取り扱う東証1部上場企業の...

剱持 百香

剱持 百香

美白命の紫外線マスターとしてインスタグラムのフォロワーは9000人以上。 VOCE/anan/michillなど様々な...

伊藤美佳代

伊藤美佳代

整理収納・照明アドバイザーとしてセミナーやメディアを通じて情報を発信中。著書『スッキリ心地よく暮...

田邉竜彦

田邉竜彦

英語教師。月間35万人に読まれる英語学習メディア『トイグル』を運営。TOEIC対策特化型スクール『トイク...

山形 栄介

山形 栄介

『美人百花』『VERY』『STORY』等の女性誌やTVCM等で有名モデルやタレントのヘアメイク、「東京ガールズ...

矢島昇悟

矢島昇悟

歯科医師。“リラックス出来る治療”にこだわる『青山通り歯科』院長。所属学会「日本顎咬合学会」「アン...

倉島英昭

倉島英昭

ウイスキー文化研究所4代目マスターオブウイスキー。同認定ウイスキーレクチャラー。雑誌ウイスキーガロ...

高野ひとみ

高野ひとみ

JPM認定パーソナルメイクアドバイザー。化粧品メーカーで商品開発や美容部員として女性をカウンセリング...

MoreRavi(モアラヴィ) 榎原由子・榎原愛子

MoreRavi(モアラヴィ) 榎原由子・榎原愛子

有名ホテルでのエステティシャン経験を持つ母と、日本ネイリスト協会1級の娘でビューティーサロン『More...

藤原千秋

藤原千秋

『マツコの知らない世界』に「1000種類の掃除グッズを試した主婦」として出演した住まい・暮らしのアド...

清水なほみ

清水なほみ

女性医療ネットワーク理事・NPO法人ティーンズサポート理事長。日本産婦人科学会専門医で、現在は『ポー...

水上晴由

水上晴由

日本ペットサロン協会役員。都内でペット美容室や猫専用ホテルを経営。ペットフードの素材に対する品質...

藤原李果

藤原李果

雑誌やTV、CMのほか、アーティスト、女優のヘアメイクも担当するなど様々な分野で活躍中のヘアメイクア...

岸大河

岸大河

eスポーツの世界で、FPSなどを中心に複数のタイトルで国内大会を制覇。アジア大会でも優勝経験あり。元...

カテゴリから探す