岩塩おすすめ!プロの逸品&人気ランキング10選

岩塩は、一般の塩と違って化学的な加工がなされていない「天然物」であるため、安全性はとても高く、健康にも良いものです。

また、それだけではなく「甘み」や「旨味」といった通常の塩では感じられない風味も味わえるのが岩塩の大きな魅力です。

今回は、人気料理雑誌やイベントなどで活躍する料理研究家ユニット、ちゃあみーさんに食材の味を引き立てるおすすめの岩塩を教えていただきました。

この他にもIPPING編集部による選び方のポイント、人気ランキングも併せてご紹介いたします。

最終更新日:2019年3月25日
ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季) のプロフィール

お料理ユニット

TV番組のレギュラー出演やレシピ監修で人気。フードコーディネーターと栄養管理士のお料理ユニット。WEB『ちゃあみー(HITOOMOI)公式サイト』

この専門家の他の記事を見る

1.料理研究家おすすめの岩塩

まずは最初に料理研究家、ちゃあみーさんがおすすめする 岩塩をご紹介します。

画像:amazon.com
プロの
おすすめ

薬糧開発

ウユニ塩

参考価格500円(税込)

こちらの岩塩は、ほぼ日本の裏側である南アフリカ大陸のボリビア国に存在する「ウユニ塩湖」から採れたものです。

ウユニ塩湖は、湖と名がついていますが一面塩だけが広がっていて砂漠のような見た目の湖です。そんな中で隆起した塩の塊を砕き、袋に詰めたのがこの製品です。

その味わいは、普通の塩よりもまろやかで深みがあります。素材の味を引き立たせるのにとても適しています。

炒め物などに使用しても良いですが、天ぷらやステーキなどに振りかけて使用するとより岩塩そのものの味わいを楽しめるでしょう。

ちゃあみー(倉田 沙也加)さんレビュー

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)

蒲田にある、とんかつ屋『あおき』さんでウユニ湖の岩塩と出会い、本当に好きになりました。それまでは、ここまで塩にこだわりがなかったかもしれません。

角が取れて丸みのある味が特徴です。

私は調理用としてではなく、とんかつ、天ぷら、カルパッチョなどに直接つけて食べる用として使っています。

薬糧開発 ウユニ塩の詳細
メーカー薬糧開発
内容量360g
 メーカー希望小売価格500円(税込)

2.岩塩の選び方

それでは、岩塩の選び方についてご紹介します。その種類と、どんな料理に合うかも解説いたしますので参考にしてください。

2-1.塩の種類

種類特徴
海水塩海水から採れる塩でミネラルが豊富です。
岩塩海が岩石化したものから採れる塩で、海水塩よりも塩気が強いです。
湖塩海水が岩石化する途中段階から採れる塩で、マイルドな味が特徴です。

最も一般的な塩が海水塩で、安価なものから高級なものまで様々な種類があります。カルシウムやナトリウムといったミネラルが豊富な特徴があり、どんな料理にも使いやすいです。

それに対して、岩塩は塩化ナトリウムがそのまま結晶化したものなので、ミネラルはそれほど含まれていません。そのため、海水塩よりも塩辛さを感じやすく、直接つけて食べる用の塩として向いています。

ちゃあみーさんおすすめの塩は、実は湖塩にあたります。基本的には岩塩と同じものですが、マイルドな味わいが特徴です。希少性がとりわけ高いので、価格が割高となります。

2-2.岩塩の種類

岩塩には実は大きく分けて6つの種類があります。それぞれで味わいが違いますので、1つ1つ分かりやすく解説していきます。

種類1.ピンクロック

ほんのりピンク色をした塩で、岩塩の中では流通量が多く、一般的なタイプのものです。鉄分が豊富に含まれていて、まろやかな味が特徴です。

肉・魚、天ぷらや炒め物など様々な料理に対応してくれるのがメリットです。

種類2.クリスタルロック

無色透明で小粒の水晶のように見える岩塩です。上質なパキスタン産の岩塩のみが「クリスタルロック」と称することを許され、とても純度が高いです。

旨味が強いのが特徴なので、料理に直接つけたり、振りかけたりして味わうのがおすすめです。

種類3.アンデスロック

アンデス山脈から採れた岩塩で、こちらもほんのりとしたピンク色をしています。岩塩としてはミネラルが豊富な特徴があります。

塩辛さを感じにくいマイルドな味わいなので、塩分を控えている方にもおすすめです。

種類4.ヒマラヤルピー

深みのある赤茶色が特徴的な岩塩です。

カルシウムやマグネシウムなどの栄養素が豊富でサプリメントとして利用されるほど体に良いとされています。

やや癖のある風味なので、そのまま口に入れるよりは、焼く前のお肉や魚の下味用として使うのに適しています。

種類5.モンゴルロック

モンゴル採掘された岩塩で、苦味の素となるマグネシウムを含んでいないという特徴があります。

そのため、岩塩の中でもとりわけマイルドな味わいで、白身魚やサラダのような淡白な味の食材ととても相性が良いです。

種類6.ブルーロック

サファイヤのような鮮やかなブルーの岩塩で、ここ数年で発見された大変貴重なものです。

そのため、流通量が少なくお値段は高めです。しかしその味わいは、塩気が強くそれでいて甘みも感じられる、他の塩では味わえない風味です。

2-3.岩塩の粒子の大きさ

岩塩は小石のような大きさの「大きな粒子」のものと一般的な粉状の「小さな粒子」のものの2種類があります。

加熱して使う分には、どちらも溶けてしまうので大きな違いはありませんが、直接つけたり振りかけたりして使用する場合はそれぞれに合う料理があります。

大きな粒子に合う料理

大きな粒子のものは溶けにくいので、口の中に塩の味が長く残り、塩辛さも強く感じられます。そのため、牛肉やカツオ、マグロといった濃いめの味の食材に向いています。

小さな粒子に合う料理

小さい粒子のものはすぐに溶けるので、マイルドな味わいとなります。白身魚や野菜といったような淡白な味の食材に向いていて、素材を引き立たせてくれます。

3.レビュー評価の高い岩塩人気ランキングTOP10

続いては、レビュー評価をもとに作成した岩塩の人気ランキングをご紹介いたします。

1位
ヒマラヤ岩塩専門店

ヒマラヤ岩塩レッド

参考価格1,000円(税込)

こちらの製品は、『ヒマラヤ岩塩専門店』が贈る一品で、専門店ならではの高品質な岩塩となっています。

ヒマラヤは岩塩の産地としてはメジャーですが、こちらはナトリウム・カルシウム・マグネシウム・鉄といった栄養分の豊富に含まれる岩塩層から採掘された岩塩を100%使用しています。

味わいは程よいしょっぱさの中にも確かな「旨味」が感じられ、加熱調理用にも付け塩としても使えますので用途が広いです。

レビューでも、その味わいは好評で、特に癖もないので使いやすいようです。

ヒマラヤ岩塩専門店 ヒマラヤ岩塩レッドの詳細
メーカーヒマラヤ岩塩専門店
内容量1000g
メーカー希望小売価格1,000円(税込)
2位
梅研本舗

ヒマラヤ岩塩 ピンクパウダー

参考価格700円(税込)

こちらの岩塩もヒマラヤ産のベーシックな岩塩ですが、粒子がとても細かいパウダー状であるという特徴があります。

非常に溶けやすいので、加熱調理や焼肉や天ぷらの付け塩など様々な料理に使えるだけでなく、バスソルトとしてお風呂にも使用できるというのが大きな特徴です。

さらに天然無添加仕様で、財団法人塩事業センターで検査も済んでいるので信頼度は折り紙付きです。600gの大容量で700円というリーズナブルな価格も魅力です。

レビューでもパウダー状であるための使いやすさが好まれていて、味わいにも定評があります。

梅研本舗 ヒマラヤ岩塩 ピンクパウダーの詳細
メーカー梅研本舗
内容量600g
メーカー希望小売価格700円(税込)
3位
TABE LOGY

天然モンゴル岩塩

参考価格1,998円(税込)

こちらの岩塩は、およそ300gで2000円弱とやや割高ですが、確かな品質を誇る「高級岩塩」とも呼ぶべき一品です。

粗めの粒子でまるで水晶のような見た目のこの岩塩は、モンゴルでは大昔から食塩として使用されていて、自然天然岩塩層から採掘されたものです。

この製品はモンゴル政府からの推薦が得られていて、国からのお墨付きがあります。非常に旨味のある味わいが特徴で、プロの料理人からも賞賛されています。

レビューでもその味わいは高評価で、決して安価ではありませんが満足度が非常に高いようです。

TABE LOGY 天然モンゴル岩塩の詳細
メーカーTABE LOGY
内容量150g×2
メーカー希望小売価格1,998円(税込)
4位
源気商檜

クリスタルソルト

参考価格918円(税込)

非常に採掘量の少ない岩塩層から採掘されている、見た目にも美しい「クリスタル岩塩」です。

無色透明で、とても天然物とは思えないほど透き通っている結晶が特徴的です。その理由は、ヒマラヤ地下2億5000万年の地層から採掘されているので、海洋汚染とは無縁の状態であるためです。

全体量のおよそ5%以下しか採掘されない貴重な岩塩を贅沢に使用した製品です。スッキリとした塩味の後に、ほのかな甘みが感じられる上品な味わいが特徴です。

一度味わったら癖になるようで、レビューでもリピーターの声が多数あがっています。

源気商檜 クリスタルソルトの詳細
メーカー源気商檜
内容量250g
メーカー希望小売価格918円(税込)
5位
ヒマラヤ岩塩専門店

ヒマラヤ岩塩ブラック

参考価格1,580円(税込)

こちらは、専門店である『ヒマラヤ岩塩専門店』が贈る一品です。黒に近いような濃い赤茶色が特徴的で、独特な風味があります。

この岩塩は分類的には「レッドルピー」と呼ばれるもので、カルシウムとマグネシウムが豊富な栄養価の高さが特徴です。

その味わいは、見た目に違わず強めな塩気で、硫黄のような独特な香りがあります。赤身の肉やマグロ、カツオといったような食材との相性がとても良いです。

レビューによると、とても硫黄の風味が強く、万人ウケするわけではなさそうですが、ハマれば癖になる味わいなようです。

ヒマラヤ岩塩専門店 ヒマラヤ岩塩ブラックの詳細
メーカーヒマラヤ岩塩専門店
内容量1000g
メーカー希望小売価格1,580円(税込)
6位
アルモソーレ

パスタ用塩タブレット

参考価格810円(税込)

ラムネのような見た目で一見すると岩塩に見えませんが、こちらは岩塩をタブレット状に加工したものです。

この形状である意味は、パスタの茹で汁として理想とされる「茹で汁1リットルに対して1%の塩分」を実現するためです。

1リットルの茹で汁にこのタブレットを一粒入れれば、絶妙な塩加減のパスタが茹で上がります。パスタ以外でも、魚介類や野菜などをボイルする際にもとても使いやすいです。

レビューでも、「使いやすくて、楽」「手放せません」といったような利便性を賞賛する声が多数あがっています。

アルモソーレ パスタ用塩タブレットの詳細
メーカーアルモソーレ
内容量500g
メーカー希望小売価格810円(税込)
7位
こわけや

ヒマラヤ岩塩(細粒)

参考価格463円(税込)

淡いピンク色が見た目にも美しいこの製品は、用途が広く使いやすい小さな粒子の岩塩です。

小粒な岩塩は溶けやすく、まろやかな口当たりが特徴なので料理の味を引き出してくれ、どんな食材にも合うので使いやすいです。バスソルトとして使うこともできます。

こちらは500gに対して400円代と比較的安価なので、初めて岩塩を購入される方にもおすすめできます。

レビューでは、使いやすさに定評があり、バスソルトとして使用されている方も多い印象です。

こわけや ヒマラヤ岩塩(細粒)の詳細
メーカーこわけや
内容量500g
メーカー希望小売価格463円(税込)
8位
自然の館

アンデスローズソルト

参考価格1,080円(税込)

こちらはちゃあみーさんおすすめの塩と同じく「ウユニ塩湖」から採掘された、高品質な岩塩です。

こちらはピンク色の見た目が特徴で、鉄分が豊富に含まれています。鉄分が不足しやすい女性にはとりわけおすすめな一品です。

さらにこちらは高品質な岩塩であるにも関わらず、1100gに対して約1000円ととてもコストパフォーマンスが良いというのが大きな特徴です。

レビューでも、その味わいはとても評判で「普通の塩に戻れない」という意見もあるほどです。

自然の館 アンデスローズソルトの詳細
メーカー自然の館
内容量550g×2
メーカー希望小売価格1,080円(税込)
9位
木曽路物産

ヒマラヤ岩塩

参考価格537円(税込)

こちらの製品は、ピンク色のベーシックなヒマラヤ産の岩塩ですが、水晶のような大きな粒子が特徴です。

太古の海が結晶化し、大気や海水の汚染とは無縁の状態で維持された岩塩層から採掘された高品質な岩塩です。

ミルに入れて砕きながら使う手間がありますが、その風味は雑味が少なく塩気の中にもまろやかな甘みが感じられる上品な味わいです。

実際にレビューでもその味わいはとても好評で、リピーターが続出しているようです。

木曽路物産 ヒマラヤ岩塩の詳細
メーカー木曽路物産
内容量250g
メーカー希望小売価格537円(税込)
10位
梅研本舗

ヒマラヤ岩塩 ピンク

参考価格価格1,000円(税込)

こちらの製品は、リーズナブルな価格でヒマラヤ岩塩を提供する『梅研本舗』の一品で、ミルで砕いて使用するタイプの岩塩です。

梅研本舗はメーカーが仲介業者を挟まずに直接現地で仕入れを行なっているので、高品質な岩塩をお手頃な価格で提供することを可能にしています。

こちらの岩塩も、品質の良い岩塩を使用しているため、まろやかで上品な味わいが特徴です。

レビューでも、「甘みがある」「料理が美味しくなった」といったようにその味わいを賞賛する声が多数あがっています。

梅研本舗 ヒマラヤ岩塩 ピンクの詳細
メーカー梅研本舗
内容量1000g
メーカー希望小売価格1,000円(税込)

岩塩の売れ筋ランキングはこちら

ご参考までに、岩塩の売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

Amazonの岩塩売れ筋ランキング楽天の岩塩売れ筋ランキングYahoo!ショッピングの岩塩売れ筋ランキング

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)の人気記事

ちゃあみー (倉田 沙也加、峰 奈津季)の新着記事

大山 旬

大山 旬

人気スタイリスト。日本最大級のファッション学習サイト「メンズファッションスクール」主宰。これまで...

内川功一朗

内川功一朗

PCガイド。AllAboutコンピュータ系ガイド。システムエンジニア。パソコンに限らず、プリンタやスキャナ...

富江弘幸

富江弘幸

日本ビアジャーナリスト協会所属、ビアジャーナリストアカデミー講師。『ビール王国』『日本のクラフト...

川崎由美子

川崎由美子

世界で最も過酷な不眠不休レース「SCORE BAJA1000」日本人女性初完走者。二輪ジャーナリスト。執筆、TV...

大津たまみ

大津たまみ

年間200本以上の講演の他、TV・ラジオなど様々なメディアで活躍中の清掃業界のカリスマ。『大津たまみ公...

平川陽一郎

平川陽一郎

日本山岳ガイド協会 認定登山ガイドII、マウンテンガイド協会会長。学生時代から登山を学び、チベットや...

鍛治 恵

鍛治 恵

『世界睡眠会議』編集委員長、睡眠改善インストラクター。『NPO法人睡眠文化研究会』事務局長。約30年に...

清水なほみ

清水なほみ

女性医療ネットワーク理事・NPO法人ティーンズサポート理事長。日本産婦人科学会専門医で、現在は『ポー...

田邉竜彦

田邉竜彦

英語教師。月間35万人に読まれる英語学習メディア『トイグル』を運営。TOEIC対策特化型スクール『トイク...

吉野健一

吉野健一

自動車専門誌『JEEP LIFE』『LAND ROVFR LIFE』の元編集長。『日刊カーセンサー』『朝日新聞デジタル &...

大菅力

大菅力

リノベーションやDIY、建築や住宅などについて幅広い知識を持つ。『リノベーションジャーナル』編集長。...

小島真子

小島真子

TBS『Nスタ』やテレビ東京『インテリア日和』に出演、『積水ハウス』など法人でのセミナーも開催するイ...

箱崎かおり

箱崎かおり

物質工学修士、コスメコンシェルジュインストラクター、化粧品成分検定上級スペシャリストなど数多くの...

山形 栄介

山形 栄介

『美人百花』『VERY』『STORY』等の女性誌やTVCM等で有名モデルやタレントのヘアメイク、「東京ガールズ...

矢田部明子

矢田部明子

『カーセンサー』『宝島社・MonoMax』『月刊誌driver』などの雑誌や『朝日新聞デジタル』など様々なメデ...

鎌田妹

鎌田妹

日本毛髪科学協会、毛髪認定講師。毛髪診断士として、薄毛に悩む男性のための美容院『INTI(インティ)...

MoreRavi(モアラヴィ) 榎原由子・榎原愛子

MoreRavi(モアラヴィ) 榎原由子・榎原愛子

有名ホテルでのエステティシャン経験を持つ母と、日本ネイリスト協会1級の娘でビューティーサロン『More...

村上淳子

村上淳子

海外スターや現地でのロケ取材多数。20年以上に渡り、海外ドラマ&映画について魅力を伝え続けている。...

柳谷智宣

柳谷智宣

キャリア20年目のITライター。2017年Microsoftの「Windows Insider Meetup in Japan 2」に登壇。TV出演...

夏目あや子

夏目あや子

不動産会社、設計事務所勤務を経て、2009年からブログ「なつめの手仕事日記 」をスタート。「暮らす」を...

カテゴリから探す